ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。


    昔、そこにも貨物駅があったんですね。

    日本鉄道が1885(明治18)年に内藤新宿駅として開業させた駅がルーツの、新宿駅。↑↑↑画像は10年前、2011年の光景。

    JR東日本エリア内の1日平均の乗車人員は、コロナ前の2019年度で77万5386人。JR東日本エリアランキングで第1位。

    私鉄や地下鉄をあわせると、1日平均乗降客数は353万人。この数字は、乗降客数世界最多の駅としてギネスブックに登録されている。

    そんな新宿駅の47年前。1974(昭和49)年当時の上空をみると、まず気づくのは、いまあるタカシマヤタイムズスクエア(新宿高島屋)がない、西新宿の高層ビル群が建設中、小田急新宿駅地下ホームへと続く線路敷設工事中……など。

    新宿貨物駅の跡地にタカシマヤタイムズスクエア

    この国土地理院による上空画像は、1974年当時の新宿。線路群と甲州街道が立体交差する地点の右下に、コンテナが並ぶ貨物ヤードがある。このあたりが新宿貨物駅。

    新宿貨物駅は1984(昭和59)年に廃止。この緑色のコンテナが並ぶコンテナヤードに、いまタカシマヤタイムズスクエアが建っている。

    ニューヨークのエンパイアステートビルディングに似たいまのNTTドコモ代々木ビル(ドコモタワー)がある地は、もともと戸建ての建屋が並ぶ地だった。

    建設中の小田急線地下ホーム連絡線や西武新宿駅ビル

    もう少し近づいてみる。まず南側の小田急線小田急新宿駅の地下ホームへと続く線路の敷設工事がみえる。

    甲州街道の北側、現在のルミネエスト新宿(駅東口)寄りに、着発待機中と思える貨物列車が並ぶ。ここにいま、湘南新宿ライン埼京線ホームなどがある。

    さらに北側、新宿大ガード(青梅街道架道橋)あたりには、建設中らしき西武新宿駅ビル。これが現在の西武新宿PePe-ペペ だと思う。

    ―――この50年で大きく変わった新宿は、さらに次の50年へむけて再開発事業がすすんでいる。コロナが収束したあと、新宿のいまをみに、ゆっくり歩いてみたい。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【新宿貨物駅 跡地のいま、小田急地下ホームや西武新宿駅ビルが建設中のころ_新宿1974】の続きを読む


    経営は厳しい。ヨーロッパのようにすれば、イイかもしれません。

    JR西日本が、廃止も含めたローカル線の見直しを行うことを明らかにした。

    長谷川一明社長は2021年2月18日記者会見で、新型コロナウイルスによる社会情勢の変化により、鉄道の利用客が大きく落ち込んでいることに言及。鉄道利用がコロナ前の9割しか戻らなくても柔軟に対応できるよう、構造改革を進める方針を示した。

    その一例として挙げられたのが、利用客が少ないローカル線の見直しだった。

    見直しが行われるローカル線はどこだ?

    長谷川社長が示したJR西日本の方針は、ローカル線を抱える沿線自治体を中心に大きな話題となっている。2月19日島根県の丸山達也知事は長谷川社長の発言を受け「鉄道網の脆弱な島根県にとって非常に大きな問題だ」と述べた。

    今回の記者会見では具体的な線名については言及しなかったものの、2018年には三次(広島県三次市)~江津(島根県江津市)間の三江線が廃止されている。一般的に鉄道事業者は鉄道利用の通信簿として平均通過人員を参考にすることが多い。

    平均通過人員は利用者の1日1キロメートルあたりの人数を表したものだ。参考までにJR西日本が発表している2019年度の平均通過人員を確認してみよう。

    平均通過人員(人/日)が500人/日を割っているJR西日本の路線・区間は以下のとおりだ。

    大糸線(南小谷~糸魚川):102
    越美北線(越前花堂~九頭竜湖): 399
    姫新線(上月~津山):413
    (中国勝山~新見):306
    因美線東津山~智頭):179
    福塩線(府中~塩町):162
    芸備線備中神代~東城):81
       (東城~備後落合):11
       (備後落合~三次):215
    木次線備後落合~宍道):190
    山陰本線(益田~長門市):271
        (長門市~小串、長門市~仙崎):351
    小野田線小野田~居能、雀田~長門本山):444
    美祢線(厚狭~長門市):478

    「いきなり廃止」の可能性は低いが...

    参考までに、2018年に廃止された三江線の平均通過人員は58人/日(2015年度)だった。

    とはいえ、利用客が少ないからと言って「いきなり廃止」とはならないだろう。ただ地元自治体に鉄道施設への負担をお願いする「上下分離方式」や利用客増加への施策が難航した場合は廃止の議論も取りざたされるだろう。

    また富山市を走っていた富山港線のように、別会社の運営によるLRT(次世代型路面電車システム)への転換も考えられる。いずれにせよ、JR西日本内のローカル線をめぐる議論が進むことは確実だ。

    フリーライター 新田浩之)

    発車を待つ紀南方面行き特急「くろしお」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【JR西日本「ローカル線見直し」の対象は? 鉄道路線の「通信簿」通過人員で考えると...】の続きを読む


    スゴいです。

    東武鉄道は、「東武東上線全46駅記念乗車券」を東上線越生線主要駅で3月13日から発売する。

    この東武東上線全46駅記念乗車券は、2020年10月31日に開業した「みなみ寄居<ホンダ寄居前>駅」の本設置化を記念した300セット限定品。

    東上線越生線各駅の乗車券セットでつき、表紙はみなみ寄居駅舎を使用。中面には東上線越生線の各駅開業日を年表にして紹介している。

    46枚ある記念乗車券は、大人片道の硬券でOPP袋入り。各駅から150円区間。有効期間は、2021年3月13日2021年4月12日。1回限り有効。

    払いもどしのさいは、各券片未使用につき150円の手数料がかかるため、実質払いもどし額は発生しない。

    販売は、池袋、下板橋、大山、上板橋、成増、和光市、朝霞台、志木、ふじみ野、川越、川越市、若葉、坂戸、東松山森林公園、小川町、武州長瀬の合計17駅で。

    販売価格は、1セット6900円。300セット限定でひとり2セットまで購入できる。

    大正時代に全通した東上鉄道がルーツ

    東上線は、1914(大正3)年に開業した東上鉄道 池袋~田面沢(現在の川越市~霞ケ関 33.5km)がルーツ。現在の東上線大正時代に東上鉄道が全通させた。

    1920(大正9)年に東上鉄道と合併し、東武 東上線に。1943年には東武鉄道が越生鉄道を買収するかたちで東武 越生線に。

    東武東上線系統は現在、東上本線 池袋~寄居 75.0営業キロに39駅、越生線 坂戸~越生 10.9営業キロに7駅あり、合計46駅で構成。その最も新しい駅、みなみ寄居<ホンダ寄居前>駅は、ホンダ寄居工場の最寄り駅として2020年10月に開業した。

    東武東上線にあす18年ぶりの新駅が誕生 「みなみ寄居駅」開業式典の様子をお届け!
    https://tetsudo-ch.com/10857785.html

    東武東上線新駅は「みなみ寄居 <ホンダ寄居前>」 2020年10月31日開業
    https://tetsudo-ch.com/9966035.html

    (画像:東武鉄道



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【すごい枚数!「東武東上線 全46駅記念乗車券」3/13から限定数販売、大正時代に全通した東上鉄道がルーツの東上線系統46駅コンプリート】の続きを読む

    このページのトップヘ