ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。


    乗り入れ

    近鉄は2021年10月19日、特急「ひのとり」で伊勢志摩へ乗り入れる日帰りの旅行商品を発売すると発表した。同系列のコンセプトである「くつろぎのアップグレード」を、伊勢志摩観光でも体験してもらうことを目的としたもの。

    名古屋から初めて伊勢の宇治山田駅へ向かうのは10/30出発の往路「ひのとり」乗車プランVISONや伊勢を散策できる三重交通バスをセットにしたもので、他に11/13、11/28、12/4、2022年1/14も出発日として設定されている。

    名古屋から初めて志摩の賢島駅へ向かう「ひのとり」往復利用プランも用意した。旅行者はプレミアムシート+志摩観光ホテルランチレギュラーシート+賢島宝生苑のランチを選択できる。ともにツアー特典として「ひのとり」ノベルティグッズ、赤福朔日餅が付く。出発日は12/1。

    また大阪から伊勢に乗り入れる日帰りツアーも発売する。出発日は10/28、11/21、12/11にそれぞれ設定されており、10/28は大阪上本町駅発の往復乗車プラン、11/21&12/11は大阪難波駅発、宇治佐間田駅到着後解散のフリープラン

    なお、名阪特急「ひのとり」は本年7/19、7/21に大阪方面~伊勢志摩方面間で試運転済み。近鉄公式Twitterアカウントでは試運転10日前の7/9に告知を行っていた。

    画像:しばいぬのぽち / PIXTA
    記事:鉄道チャンネルhttps://tetsudo-ch.com/



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「ひのとり」が伊勢志摩へ乗り入れ 名古屋発臨時特急で日帰りツアー】の続きを読む


    密になっている。

    1 首都圏の虎 ★ :2021/10/22(金) 08:48:28.70

     新型コロナウイルスの感染拡大によって影響を受けたものの1つが電車の混雑率。テレワーク人口の拡大などにより、東京圏を走る鉄道の混雑率はどの程度影響を受けたのでしょうか?

     今回は国土交通省が公表している「三大都市圏の主要区間の混雑率(2020)」をもとに、東京圏の主要区間における混雑率が高い路線を、ランキング形式で紹介します。

    (出典:国土交通省「資料2:三大都市圏の主要区間の混雑率(2020)」)

    ●第3位(123%):東急東横線(祐天寺→中目黒)
     同率第3位の1つ目は東急東横線の「祐天寺→中目黒」間です。混雑率は123%でした。

     東急東横線は、渋谷駅と横浜駅を結ぶ路線です。前年度のデータと比較すると、当時の混雑率は172%と今回は大幅に下がっています。

    ●第3位(123%):東京メトロ東西線(木場→門前仲町)
     同率第3位の2つ目は東京メトロ東西線の「木場→門前仲町」間です。混雑率は同じく123%でした。

     東京メトロ東西線は、中野駅と西船橋駅を結ぶ路線。出発地点の千葉方面がベッドタウンとして栄えているほか、日本橋や大手町といったビジネス街を通っていることが混雑率の高さにつながっていると推測されます。

    ●第2位(126%):東急田園都市線(池尻大橋→渋谷)
     第2位は東急田園都市線の「池尻大橋→渋谷」間です。混雑率は126%。

     東急田園都市線は、渋谷駅と神奈川県大和市の中央林間駅を結ぶ路線です。前年度の6位から順位を4つ上げる形になったものの、混雑率は183%から60%近く減少しています。

    ●第1位(129%):都営三田線(西巣鴨 → 巣鴨)
     第1位は都営三田線の「西巣鴨 → 巣鴨」間です。混雑率は129%でした。

     都営三田線は、目黒駅と板橋区の西高島平駅を結ぶ路線です。西高島平駅から巣鴨駅までは郊外と都心部を結ぶ私鉄のような役割を果たしてます。目黒方面では目黒駅近辺が、西高島平方面では巣鴨駅近辺の混雑率が高いようです。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e3bad4195d23acd5ff50dfe455a9f4155f0cc8a1

    1位から31位
    https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/417009/2#utm_source=yahoo_v3&utm_medium=feed&utm_campaign=20211022-10010799&utm_term=it_nlab-life&utm_content=img


    【【鉄道】「電車の混雑率」ランキング! 東京圏・主要区間の3位2位は「東京メトロ東西線」と「東急田園都市線」】の続きを読む


    再び走る


    (画像:/記事:鉄道チャンネル https://tetsudo-ch.com/)

    JR西日本は、ことし7月29日に発覚した、SLやまぐち号けん引機 D51形200蒸気機関車につく炭水車台車の亀裂・キズについて詳細を伝えた。

    炭水車とは、蒸気機関車が使用する石炭や水を積載した車両。機関士・機関助士らが乗務する運転室カマの後ろについている。

    発生日時は7月29日15時30分ごろ、発生場所は京都鉄道博物館に隣接する車両の検査・修繕を担当する、梅小路運転区構内。

    梅小路運転区の検査係員が、D51形200蒸気機関車の定期検査中(2020年12月28日2021年9月30日)のさいに発見した。

    亀裂は、長さ60mm・深さ15mm。キズは長さ70mm・深さ6mmと、長さ65mm・深さ5mm。亀裂・キズの原因は、現在調査中という。

    SLやまぐち号 けん引機 D51 200 は、検査・修繕を完了し、10月23日12月19日に運行する。

    「例年であれば11月までの運転ですが、ことしは冬景色の12月の運転もお楽しみいただけますので、秋冬のおでかけには、ぜひSLやまぐち号にご乗車ください」(JR西日本

    <鉄道チャンネル 関連記事>
    JR西日本 新型電気式気動車 DEC700形 の所属先、転車台が2つあった新山口支所_跡地に KDDI 維新ホール 6/26グランドオープン(鉄道チャンネル
    https://tetsudo-ch.com/11566949.html

    画像:JR西日本
    記事:鉄道チャンネルhttps://tetsudo-ch.com/



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【SLやまぐち号けん引機 D51形200蒸気機関車 炭水車台車亀裂、検査修繕を終えて10/23運行開始】の続きを読む

    このページのトップヘ