ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    新幹線のラッピング車。

    CAT社の建機と現場のHEROが九州各地で活躍する躍動感とともに、春の到来を印象づけるコーポレートカラー「CATイエロー」をあしらったラッピングイメージ 画像:JR九州

    名称は「CAT(キャット)新幹線」

    CATキャット新幹線」といっても猫じゃありません。Caterpillarの「CAT」です。

    これは「キャタピラー九州(株)」に建設機械を供給する「キャタピラー社」の九州新幹線800系(1編成6両)ラッピングトレイン。運行期間は2020年2月1日(土)~4月末日予定。運行区間は博多~熊本~鹿児島中央、「つばめ」と一部の「さくら」として運行します。

    運行初日は博多駅11時41分発つばめ321号で出発式を行うほか、当該列車の利用者先着200名に”CATイエロー”にちなんだイエローチューリップの一輪花をプレゼント

    今回の企画は熊本地震などの自然災害からの復興現場はもちろん、九州各地の様々な現場の第一線で活躍している皆様=HEROを応援したいというCAT社と、「九州を元気にしたい」というJR九州グループの思いがラッピング新幹線となって結実したもの。

    鉄道チャンネル編集部



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「CAT新幹線」が登場、2/1から博多~熊本~鹿児島中央で運行 キャタピラー社ラッピングで九州を元気に】の続きを読む


    JR東海の車両形式 (JR東海315系電車からのリダイレクト)
    315 国鉄末期及びJR発足当初に投入された211・213・311の後継車両として投入予定の直流通勤形電車。 制御方式は313のIGBT素子VVVFインバータ制御からSiC素子VVVFインバータ制御に変更され、211に比べて消費電力量を35%減とする。また、N700S
    32キロバイト (4,311 語) - 2020年1月22日 (水) 23:35



    (出典 contents.trafficnews.jp)


    313系からのフルモデルチェンジ。

    352両を新製します。

    JR東海2020年1月22日(水)、在来線に新型の通勤電車「315系」を導入すると発表しました。

    2021年度から2025年度にかけて352両を新製し、名古屋、静岡都市圏を中心に、中央本線東海道本線関西本線などに順次投入します。車両製作費、付帯工事費を含む設備投資額は約720億円です。1987(昭和62)年のJR東海発足前後に導入された211系電車、213系電車、311系電車を置き換えます。

    315系の外観は、JR東海コーポレートカラーであるオレンジを配置。前面は「直線を使用した幾何学的な形状」や「横長に連続した窓」が特徴です。JR東海は「『先進性×親近感』を表現したデザイン」といいます。

    車内は、防犯カメラを1両につき5か所設置。階段の位置や運行情報などを案内するフルカラー液晶ディスプレイは1両あたり6か所に導入します。全車両に車いすスペースを設定するとともに、全編成に車いす対応トイレも設けます。座席はロングシート(通路を向いた長い座席)です。

    JR東海在来線車両では初めて非常走行用蓄電装置を搭載し、停電時などは最寄り駅まで走行可能に。地上とのデータ通信装置も搭載してメンテナンスに活用するほか、台車などの振動状態を常時監視する振動検知装置を導入し、異常の発生の抑制や迅速な検知を実現します。最高速度は130km/hです。

    国鉄時代に製造された211系電車8両が更新されると、JR東海の保有する鉄道車両すべてが、同社発足以降に新製された車両になります。

    315系の外観イメージ(画像:JR東海)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【JR東海 国鉄時代の車両全廃へ 新型「315系電車」を在来線に導入 211系など置き換え】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    安全性から見れば、重大です。

    1 つつじヶ丘の総理大臣 ★ :2020/01/21(火) 22:02:43 ID:KYEPfTFY9.net

    2020 1/21 15:06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00000053-jij-soci

    JR東日本は21日、東北・上越新幹線の高架橋にある計367本の柱で耐震性の診断ミスがあったと発表した。
    10年以上にわたり必要な補強工事が実施されておらず、同社は2020年度末までにおおむね工事を終える見込みとしている。
    JR東によると、診断ミスのあった柱が見つかった主な区間と本数は、東北新幹線の上野―大宮68本、
    大宮―小山50本、郡山―福島20本、仙台―古川10本など。
    上越新幹線は燕三条―新潟68本、越後湯沢―浦佐53本、大宮―熊谷52本などとなっている。
    新幹線高架橋の柱は、阪神大震災をきっかけに国が耐震補強の対象としていた。
    高さや鉄筋の量から、地震の揺れで急激に大きく破壊される恐れがあるものを優先的に補強するよう求めていた。
    JR東は08年5月、同社所有の新幹線高架橋の柱約7万7000本のうち、鉄板を巻いたり、張り付けたりする耐震補強が必要な
    約1万8500本で工事を完了したと発表していた。
    しかし、データの入力ミスで対象から外れていたものがあった。
    昨年8月に社員が別の工事で耐震診断を実施した際に誤りに気づき、他の柱についても確認を進めていた。
    これまで地震による損傷や破断はないという。
    JR東は「速やかに耐震補強を実施する。ご迷惑とご心配をお掛けし、深くおわび申し上げる」とコメントした。 


    【【鉄道】新幹線高架橋で耐震診断ミス 東北・上越の柱367本 JR東】の続きを読む

    このページのトップヘ