ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。



    (出典 toyokeizai.net)


    新型コロナの影響が大きく出ていて、今年度は赤字になるのは確実だと思います。

    1 ラ ケブラーダ(宮城県) [US] :2020/05/12(火) 17:59:14.22


    JR東日本 4月の鉄道事業収入 約1000億円減少の見通し

    新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、JR東日本は、先月の鉄道事業の収入が去年の同じ月と
    比べておよそ1000億円減少する見通しとなり、グループ会社も含めた役員100人が報酬の10%を3か月分、
    自主返納することを決めました。

    JR東日本の先月の利用者は感染拡大を受けた外出の自粛などの影響で、新幹線が去年の同じ月と
    比べて87%、在来線が88%の大幅な減少となりました。

    この結果、定期券の購入などを除いた先月1か月の鉄道事業の収入は、去年の同じ月よりもおよそ
    1000億円減少する見込みだとしています。

    これを受けて、会社はグループ会社のトップも含めた役員100人について役員報酬の10%を3か月分、
    自主返納することを決めました。

    また、この夏に社員に支給する賞与について、深澤祐二社長は記者会見で「これから労働組合と
    交渉することになるが、毎年、業績に連動して決めているので、ことしは厳しい数字になる」と述べ、
    去年よりも減額する見通しを示しました。

    また、今後の鉄道需要について、深澤社長は「緊急事態宣言が解除されたとしても、県境を越えた
    移動は自粛の要請が続くことも想定され、鉄道の利用者が元に戻るまでには時間がかかる」と述べました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200512/k10012426921000.html


    (出典 news.tbs.co.jp)



    (出典 news.nifty.com)


    【JR東日本、鉄道事業の収入1000億円減少 役員100人の報酬10%の返納を決定】の続きを読む



    (出典 www.kamisu.ed.jp)


    過去には事故を想定して脱出訓練をおこなったところもあります。

    修学旅行前の列車の乗車練習に関するアンケートを実施。練習の経験がある人は約3割で、そのほとんどが新幹線の乗車練習でした。「本番」で練習の成果が発揮されたかどうかの結果も判明しています。

    学校で隊形や駅ホームでの動きなどを練習した経験は?

    「乗りものニュース」では2020年4月29日(水・祝)から5月1日(金)にかけて、修学旅行前の列車の乗車練習に関するアンケートを実施。620人から回答が集まりました。

    「あなたは修学旅行前、学校で、乗りものに乗る際の隊形や駅ホームでの動きなどを練習した経験がありますか?」の質問では、「ある」が32.7%、「ない」が60.8%、「忘れた」が6.5%でした。

    「ある」と回答した人に練習した乗りものを質問(複数選択)すると、「新幹線」80.8%、「在来線列車」29.1%、「忘れた」1.0%、「その他」7.4%でした。「その他」は「バス」(50~54歳、女性ほか複数)、「飛行機」(50~54歳、男性ほか複数)、「青函連絡船」(60~64歳、男性)などです。

    「練習をしたのはいつのときですか?」の質問(複数選択)では、「小学校」34.0%、「中学校」75.4%、「高校・専門学校」9.4%、「忘れた」0.5%、「その他」0.5%(「保育園」~19歳、男性)でした。

    修学旅行前に乗車練習…「本番」で成果は発揮できたのか?

    「練習の成果は本番で発揮されましたか?」の質問では、「発揮された」49.8%、「どちらともいえない」36.5%、「発揮されず失敗に終わった」2.5%、「忘れた」9.4%、「その他」2.0%でした。

    「その他」は、「教師が乗り場の位置を把握していなかったため振り回された」(~19歳、男性)、「ホームの狭い号車だったためにリハと全然違う形で乗車した」(~19歳、男性)といった回答が寄せられています。

    なお、乗車練習をしたことがないと回答した人を対象とした、修学旅行時の目的地までの主な乗りものの質問(複数選択)では、「新幹線」83.0%、「バス」51.7%、「在来線列車」40.6%、「飛行機」21.5%、「その他」8.5%(フェリーなど)でした。

    アンケート実施概要
    ・調査期間:2020年4月29日(水・祝)19時ごろから5月1日(金)10時ごろまで
    ・調査方法:Questantのシステムを利用して調査
    ・対象:「乗りものニュース」のSNSTwitterFacebook)のフォロワーなど
    ・有効回答数:620

    東海道新幹線(画像:写真AC)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「新幹線に乗る練習」修学旅行前にした? 在来線や飛行機の練習も 成果は発揮されたか】の続きを読む



    (出典 d2w45mmf8kgysx.cloudfront.net)


    これからの鉄道車両になるのかな?

    JR東日本は、2050年CO2排出量 実質ゼロ の達成にむけ、2030年度までの鉄道事業におけるCO2排出量・エネルギー使用量の削減目標を上方修正。CO2排出量は2030年度までに50%削減、エネルギー使用量は2030年度までに40%削減する。

    国連で採択された持続可能な開発目標 SDGs 7・9・11・13 の達成をめざす。

    同社は2018年度実績で、全体使用電力量のうち、36%が自営火力発電、21%が自営水力発電、43%が購入電力でまかなってきた。

    また、CO2排出量の内訳は、在在来線運転が51%、新幹線運転が25%、駅・車両センター等が21%、本社・支社ビル等が3%だった。

    同社は今後、風力発電などの開発も加速させ、東北エリアの駅や電車に再生可能エネルギーを供給し、2030年度までに東北エリアCO2排出量ゼロをめざす。

    また、水素社会実現への取り組みも加速。高輪ゲートウェイ駅隣接用地の水素ステーション開設や、WATERS takeshiba 周辺へのトヨタ製 燃料電池バス循環バス導入、定置式燃料電池発電エネルギーの駅サービス電源への供給などをすすめる。

    さらに、2021年度から、ハイブリッド車両(燃料電池)FV-E991系2両を製造し、鶴見線などで実証実験を始める。

    JR東日本、水素燃料電池試験車 FV-E991系2両を製造_2021年度から実証試験
    https://tetsudo-ch.com/7885472.html



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【JR東日本 CO2排出量削減目標を上方修正、風力や水素を使ったエネルギー変革を加速】の続きを読む

    このページのトップヘ