懐かしの名車もちらり 南海電鉄×初音ミクコラボはかわいくて鉄分もばっちり! 8月1日から


懐かしの名車もちらり 南海電鉄×初音ミクコラボはかわいくて鉄分もばっちり! 8月1日から - ねとらぼ
ラピートはやっぱかっこいいなぁぁぁ! 「初音ミクニヶ丘駅」もできるよ。
(出典:ねとらぼ)


初音ミク(はつね ミク、Hatsune Miku)は、クリプトン・フューチャー・メディアから発売されている音声合成・デスクトップミュージック (DTM) 用のボーカル音源、およびそのキャラクターである。 ヤマハの開発した音声合成システム「VOCALOID」に対応したボーカル音源で、メロディや歌詞の
155キロバイト (21,728 語) - 2019年7月21日 (日) 04:46



(出典 upload.wikimedia.org)


初音ミクとのコラボもいいですね。8月の間の限定的なイベントですね。

 2019年8月1日から31日まで、大阪市和歌山市を結ぶ南海電鉄初音ミクとのコラボ企画を実施します。

【画像】駅名も「アレ」に変わる……!!

 人気イラストレーターによるコラボイラストには、特急ラピートや大阪の名物、名所も登場しています。初音ミクファン鉄道ファンも要チェックな企画です。コラボイラストを描き下ろしたのは、「apapico」さん、「まおう」さん、「のくはし」さん。特急ラピートたこ焼きなどの大阪名物、海遊館などの大阪の名所をバックに、南海電鉄の制服を着てポーズを決める初音ミクさんがいい!

 apapicoさんのイラストは人気車両のラピートカッコよさにまず目を奪われますが、よーく見ると、ラピートの背後に懐かしの車両「初代1000系」の姿もちらり。分かっていますねーこれ!

ヘッドマークや一部駅名もミク仕様に

 コラボ期間中は、特急ラピート初音ミクオリジナルヘッドマークも登場します。オリジナルヘッドマーク掲出列車は、南海本線空港線和歌山港線を走る9000系高野線泉北高速鉄道線を走る6200系のそれぞれ1編成。南海電車に乗ったらヘッドマークも要チェックです。

 南海なんば駅2階のサービスセンター関西空港駅ホーム待合室、三国ヶ丘駅コンコースには初音ミクの等身大パネルを設置。さらに三国ヶ丘駅コラボ駅名「はつねみくにがおか駅」になります(下りホームに掲出)

オリジナルグッズもいろいろ

 オリジナルグッズ販売も見逃せません。販売店舗は「難波駅2階サービスセンター」「三国ヶ丘駅改札前 アンスリー N.KLASS三国ヶ丘店」「旭屋書店なんばCITY店」「AAS HOBBY SHOP関西国際空港ターミナル1 国際線南出発エリア2階)」「AAS キャラクターショップMM(関西国際空港ターミナル1 一般エリア3階)の5店舗。販売期間は、2019年8月9日から9月1日までです。

 A4クリアファイルステッカー3枚1セット1500円 税込、以下同)、缶バッジ(直径7.5センチ)全8種(各500円)、ビッグバッジ(直径15センチ)(1500円)、ICカードステッカー全4種(1000円)などがあります。

 なお、難波駅2階サービスセンター、旭屋書店なんばCITY店、アンスリーN.KLASS三国ヶ丘店では、1会計3900円以上の購入者特典となる「限定ピンバッジ」も用意します。先着1000人、ほしい人はお早めに。

南海電鉄×初音ミクがコラボ企画、8月1日から


(出典 news.nicovideo.jp)