ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    2020年09月



    (出典 i.ytimg.com)


    強みがありますね。

    2020年9月11日JR西日本長距離列車「WEST EXPRESS銀河」がついにデビューした。11月までは夜行列車として京都駅大阪駅出雲市駅間を走る。

    「WEST EXPRESS銀河」とは?

    「WEST EXPRESS銀河」はJR西日本が運行する新たな長距離列車である。「長距離列車」という表現がわかりにくいかもしれないが、要は豪華列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」よりも簡素で、一般の特急列車よりも創意工夫にあふれた列車と表現すればいい。

    「WEST EXPRESS銀河」は6両編成で構成され、多種多様な車内設備が自慢だ。2列+2列の一般的なリクライニングシート、気軽に横になって旅ができるノビノビ座席「クシェット」、個室空間が楽しめるグリーン個室「プレミアルーム」などがある。さらに4号車にはフリースペース「遊星」があり、昨今の新幹線や一般の特急列車にはないゆとりある旅行が楽しめる。

    スケジュール2020年9月~11月夜行列車として京都駅大阪駅出雲市駅間、12月2021年3月は大阪駅下関駅間を昼行列車として運行される。なお当面の間、「WEST EXPREE銀河」は昨今の社会情勢の影響により、日本旅行ツアー列車として運行される。

    子どもにとってピッタリな列車

    ここで、子ども目線――さらにいえば、子どもとともに旅行する保護者の目線から「WEST EXPRESS銀河」の存在価値について考えてみたい。

    関西から島根県子どもだけでなく、大人にとっても「遠い」と認識するのではないだろうか。最も安価な公共交通機関高速バスとなり、大阪から出雲市までの運賃は4000円台~6000円台となる。ただし大阪から出雲市までの所要時間は約5時間30分、夜行バスになると約8時間にもなり、車内で自由に移動できないことを考慮すると子どもにはつらい旅だろう。

    鉄道だと一般的なのは山陽新幹線岡山駅まで行き、岡山駅から特急「やくも」に乗り、松江駅出雲市駅方面へと向かうルートだ。しかし、乗り物酔いする子どもにとって特急「やくも」が難敵だ。特急「やくも」に使われる車両は旧国鉄時代に製造され、カーブでも高速通過ができる自然振り子式を採用している。カーブ時に車体が傾いてから直線で元に戻る度に、「ムカムカ」が乗り物酔いする子どもに襲い掛かる。私も小学校のときに特急「やくも」に乗ったが、乗り物酔いするのが怖くて「とにかく寝たい」と思ったことを鮮明に覚えている。

    最も速いのは飛行機だが、大阪(伊丹)空港までのアクセスや搭乗等にかかる手間を考える必要がある。

    そのように考えると子どもにとって最も良い交通機関は「WEST EXPRESS銀河」ではないだろうか。夜行列車のため時間効率がよく、何より体を横にできるのがいい。また「WEST EXPRESS銀河」に使われる車両は振り子式車両ではないため、特急「やくも」よりも乗り物酔いする確率は低いだろう。新大阪、大阪、三ノ宮、神戸、西明石(下りのみ)、姫路(下りのみ)とこまめに停車する点も同列車の強みといえる。

    フリーライター 新田浩之)

    9月にデビューしたJR西日本「WEST EXPRESS銀河」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【WEST EXPRESS銀河の「強み」 高速バスや他の鉄道と比べると...「子ども」目線では最良?】の続きを読む



    (出典 tetsudo-shimbun.com)


    デザインがイイですね。

    JR九州の新しい観光列車「36ぷらす3」が、その姿を現しました。鏡面仕上げや「おもてなし」など、豪華寝台特急ななつ星in九州」の雰囲気を、比較的お手軽に楽しめます。特急「つばめ」以来のビュフェも復活しました。

    ピッカピカです

    JR九州の新たなD&S列車(観光列車)「36ぷらす3」が、JR九州の小倉総合車両センター2020年9月29日(火)、報道陣へ披露されました。

    1992(平成4)年に登場し、博多~西鹿児島間(当時)を結んだ特急「つばめ」などで使われていた787系電車を改造して誕生したもので、実際にまのあたりにすると、鏡のように黒光りする車体が、強い存在感を放っています。

    787系を最初に登場させるときも黒にしたかったのですが、そのときはできない状況でした」(デザインを担当したドーンデザイン研究所 水戸岡鋭治さん)

    787系のいいところを引き継ぎながら、まったく別の、21世紀にふさわしい車両に生まれ変わりました」(JR九州 青柳俊彦社長)

    「36ぷらす3」の黒く輝く車体は、JR九州が誇る豪華寝台特急ななつ星in九州」でつちかった車体の鏡面仕上げ技術を活用しているそうです。

    「36ぷらす3」は、このように「ななつ星in九州」を思わせる存在感ですが、沿線の味覚を楽しめる「ランチプラン」でも1万円代前半からあり、乗るだけであれば1万円を切っていく価格帯がポイントのひとつ。豪華列車「ななつ星in九州」と、気軽に乗れる特急「ゆふいんの森」などの中間に位置する列車で、よりお手軽に「ちょっと豪華な非日常の列車旅」を楽しめる具合です。JR九州は「ご家族連れも含め、多様なニーズにお応えできる価格帯」と考えているとのこと。

    また運行コースも、九州を周遊するように5種類が設定されており、所要6時間半で最長の「福岡~熊本~鹿児島」や、所要3時間半と短めな「長崎~佐賀~福岡」など、「ちょっと豪華な非日常の列車旅」を手軽に、様々な形で楽しめるようになっています。

    復活した懐かしの特急「つばめ」ビュフェ

    「36ぷらす3」の詳細な運行ルートは以下の通りです。列車は木曜日から月曜日まで通して九州を巡る形で運行されていますが、乗車は通しではなく、それぞれのコースごとにする形です(すべてのコースに続けて乗れば、通しで乗ることになりますが)。

    木曜日:博多~熊本~鹿児島中央肥薩おれんじ鉄道経由)
    金曜日鹿児島中央~宮崎
    土曜日宮崎空港・宮崎~大分・別府
    日曜日:大分・別府~門司港~小倉~博多
    月曜日:博多~佐賀~長崎/長崎~佐賀~博多

    また途中駅では、沿線の人々による「おもてなし」があります(長崎~博多を除く)。「ななつ星in九州」といった豪華列車で定番となっている「おもてなし」を、「36ぷらす3」でも楽しむことが可能です。

    「36ぷらす3」は6両編成で、座席はすべてグリーン車で、個室も用意。畳敷きの車両もあります。

    また、3号車には特急「つばめ」時代にあったビュフェ(サロシ786 363)が17年ぶりに復活。九州の味覚などが提供されます。4号車はマルチカーで、イベントの開催などを考えているそうです。

    列車名の「36ぷらす3」は、世界で36番目に大きな島である九州を巡ること、「サンキュー」などにちなんだもの。運行開始日は2020年10月16日(金)の予定です(木曜日コース肥薩おれんじ鉄道が豪雨被災のため運転保留)。

    車体に周囲が写り込む、黒い鏡のような「36ぷらす3」(2020年9月29日、恵 知仁撮影)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【降臨「黒い787」 復活の特急「つばめ」ビュフェ JR九州渾身の新列車「36ぷらす3」】の続きを読む



    (出典 www.sekoia.org)


    貴重な映像。

    紅い恋人編 画像:三井化学株式会社

    大牟田工場への原材料の搬入などに使用された三井化学専用線(旧三池炭鉱専用鉄道)は、2020年5月7日をもって廃止。三井化学は100年以上の長きにわたり活躍を続けてくれた炭鉱電車への感謝と、未来に向けたレガシーとしての活用を検討するため、「ありがとう 炭鉱電車プロジェクト」を進めている。

    残念ながら炭鉱電車のラストランイベント新型コロナウイルスと令和2年7月豪雨の影響で中止となったが、メモリアル映像の制作は続いていた。

    2020年9月28日(月)、映画監督の瀬木 直貴氏による短編映像2本がYouTubeの三井化学公式チャンネルで公開された。同映像は「地域の資産として自由に活用していただくため」大牟田市など関係者へ贈呈されたもの。

    「紅い恋人編」(約11分)と「炭鉱電車の一日編」(約13分)でテイストは異なるものの、どちらも炭鉱電車の魅力を掘り起こす貴重な映像となっている。

    炭鉱電車の一日編 画像:三井化学株式会社

    鉄道チャンネル編集部



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ありがとう 炭鉱電車プロジェクト メモリアル映像2本がYouTubeで公開される】の続きを読む



    (出典 cdn3.railf.jp)


    将来はダブルデッカー車になるのかな?

    新快速車両の変遷 画像:JR西日本

    大阪万博が開催された1970年113系車両で運行を開始した新快速も、まもなく50周年を迎える。当初は「京都~西明石駅間、停車駅は大阪・三ノ宮・明石の3駅、1日6往復」であった新快速も今では頻繁に運行しており、あまり鉄道に詳しくない人は「この電車、特急券を買わなくていいの?」と戸惑ってしまうこともある。もちろん不要だ。新快速は速くて安い、JR西日本の顔だ。

    同社は10月1日より、新快速誕生50周年記念プロモーションを実施する。同日から翌年3月31日(水)までは、有料座席サービスをそなえた新快速「Aシート」編成の12号車(京都・野洲方)先頭部分に、オリジナルデザインヘッドマークシールを掲出して運行する。デザインは日ごろ新快速メンテナンスに携わる社員が手掛けた。

    ヘッドマークシールデザインと掲出イメージ 画像:JR西日本

    ※AシートJR神戸線JR京都線琵琶湖線2019年3月から始まった有料座席サービス。網干・姫路~野洲駅間で毎日上下4本運転している。

    また京都・大阪・三ノ宮の各駅では新快速の歴史を振り返るパネルを展示。車両のあゆみに加え、各駅の歴史・駅舎の移り変わりなども紹介する。こちらは10月上旬~翌年1月3日(日)までの予定だ。

    歴代車両の写真・イラストデザインしたオリジナルグッズも販売する。商品はポストカードクリアファイル、キーホルダー、マスキングテープ、切手シートなど。発売日は10月3日(土)で、発売箇所は京都鉄道博物館ミュージアムショップ、駅鉄POP SHOPエキマルシェ大阪、通販サイト「トレインボックス」の三か所。詳細は「トレインボックス」サイト内に掲載される。

    その他、一部新快速停車駅や車内にてPR企画を実施する。「JRおでかけネット」内特設WEBサイトでは10月1日よりスペシャルムービーを公開予定という。

    また京都鉄道博物館では、これにあわせて「この秋は新快速で50!~学んで、遊んで、しんかいそく~」を実施中。新快速の歴史や特徴を学べる特別展示、映像シアター、収蔵資料展・写真展・講演会など様々な企画を用意する。

    鉄道チャンネル編集部



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【新快速50周年、「Aシート」編成にヘッドマークシール掲出 パネル展示やグッズ販売も JR西日本】の続きを読む


    銚子電気鉄道株式会社(ちょうしでんきてつどう)は、千葉県銚子市に本社を置く鉄道会社である。通称は銚子電鉄、略称は銚電またはCDK。同県において銚子電気鉄道線(銚子駅 - 外川駅)を運営している。本社所在地は同線仲ノ町駅構内(銚子市新生町2丁目297番地)。鉄道事業に関しては赤字経営が続いており、昭和
    42キロバイト (5,804 語) - 2020年9月26日 (土) 05:06



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    とんでもないことです。廃止なんてあってはいけないです。銚子電鉄はかなり頑張っています。

    杉村太蔵(写真提供:JP News

    27日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、ゲスト出演した杉村太蔵が銚子電鉄の竹本勝紀社長に鉄道事業の廃止とバス化を迫り、一部視聴者鉄道ファンが批判の声を上げている。

    ■銚子電鉄・竹本社長が出演

    番組では新型コロナウイルスを受けた銚子電鉄の現状を放送。赤字経営が続くなか、「ぬれせんべい」や「まずい棒」など、食品販売事業で難を逃れていたが、コロナ禍で客足が激減。かなり厳しい状況なのだという。

    スタジオ出演した竹本社長は「首の皮一枚。赤字5,000万」と告白し、現在は線路の石やカットレール、枕木を固定する犬釘の栓抜きなどを販売し、収益を得ているのだと話す。

    大竹まことが「電鉄以外の売上が8割もある」と指摘すると、「自質せんべい屋なんで。どっちが本業かわからなくなっている。鉄道の赤字を補うためのオンリーワンのビジネスだと自負している」と話した。

    関連記事:杉村太蔵、伊勢谷事件に「被害者いない」と発言の窪塚洋介に「社会的影響大きい」

    ■杉村太蔵がバス化を主張

    竹本社長に憤りを見せたのがこの日ゲスト出演した杉村。「なんで鉄道にこだわるんですか。バスでいいんじゃないか」と、銚子電鉄の鉄道事業を事実上全否定。

    ジャーナリスト須田慎一郎氏は意義を主張するが、「北海道なんかは、ローカル線をバスに切り替えたところが、結構ありますね。バスになると家の近くで止まってくれるから、こっちのほうが便利だなって言うようになってますよ 」と「鉄道事業をバスに切り替えるべきだ」と声高に主張する。

    杉村はさらに銚子電鉄の全長が6.4キロメートルになっていることに、「たった6.4キロなんですよね。交通弱者だって頑張れば始発から終電までの歩けるだけの距離なんです」と存在意義を再び否定した。

    ■竹本社長は淡々と意義を説く

    須田氏は銚子電鉄が観光や地域の足になっていることから、一定程度赤字を国や自治体が補填するよう進言。

    ビートたけし阿川佐和子も同調するが、杉村はまたも声高に「地域の足だったらこんなに経営が苦しくならないんですよ。そんな僅かな人のために私たちの税金使う? それならバスじゃだめなのかってのが私の考え」と鉄道廃止を譲らない。

    この後も杉村は「30人乗りのバス1台あれば充分運べるぐらいの乗客」とバッサリ。竹本社長は「全否定」する杉村に対し「反論しにくい」としながらも「学生が通ってくれている」「高齢者が免許を自主返納したら半額で乗せるサービスをやっていて、返納した夫婦が挨拶に来た」と諭す。

    そして淡々とした表情で「銚子電鉄に乗りたくて銚子に来たいと言う人がたくさんいる。バスにはない魅力がある」「昭和半ばくらいの古い車両が、ゆっくりと走っていることにロマンを感じる。古びた傷だらけの車両であっても、そこに無限の可能性があると信じたい」「97年間当社を支えてくださった皆さんに恩返しがしたい」と鉄道事業を続ける意義を語った。

    ■杉村に一部視聴者が怒り

    銚子電鉄を「バスでいい」「たった6.4キロ、歩ける」と断罪した杉村に、視聴者鉄道ファンからは「酷い。そういうものじゃない」「鉄道には鉄道の良さがある。不愉快だ」「乗ったこともないくせに言うな」と怒りの声が上がる。ただし「合理化したいならバスもあり」という擁護もあった。

    バス化の是非については意見が分かれるところだが、地域や鉄道ファンに愛される鉄道事業存続のため食品販売や映画製作などアイディアを凝らし、経営を続ける竹本社長。

    そんな社長の前で「バスでいい」「たった6.4キロ」と話した杉村に「無礼だ」「不愉快だ」と、憤りの声が上がっている。

    ・合わせて読みたい→堀江貴文氏、テレビ出演しない理由語る 「YouTubeのほうが拡散するし稼げる」

    (文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

    杉村太蔵、『TVタックル』で銚子電鉄にバス化迫りファン激怒 「不愉快」の声も


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【杉村太蔵、『TVタックル』で銚子電鉄にバス化迫りファン激怒 「不愉快」の声も】の続きを読む

    このページのトップヘ