ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    2021年01月



    (出典 www.asahicom.jp)


    コロナの影響は大きいです。

    JR東日本は、2021年3月期の連結業績予想で、4500億円の赤字に転落する見込み。

    新型コロナウイルス感染拡大や緊急事態宣言などで、移動ニーズが大幅に落ち込み、今後の数値目標も更新。鉄道事業などの運輸事業は、従来予想よりも下方修正したかたち。

    2018年7月に発表したグループ経営ビジョン「変革 2027」で2023年3月期の数値目標を、経営環境の急激な変化を踏まえ、2026年3月期を新たなターゲットとした数値目標に更新した。

    たとえば、2023年3月期の(鉄道などの)運輸事業は、2兆1000億円を目標としていたのを、2026年3月期は1兆9700億円とした。

    JR東日本は、運輸事業・流通サービス事業・不動産ホテル事業・その他と、4つのセグメントで数値目標を掲げている。そのなかで、不動産・ホテル事業だけが2023年目標を上回り、4400億円から4800億円へと数値目標をアップさせた。

    連結営業収益は、2020年3月期実績が2兆9466億円。2023年3月期数値目標3兆2950億円に対し、2026年3月期は3兆900億円と目標数値を下げた。同様に連結営業利益数値目標も5200億円から4500億円へと下げた。

    とくに運輸事業(鉄道など)については、コロナ禍2020年3月期実績に近い数字に目標を立てているのが印象的。

    具体的な取り組みの数値目標については、モバイル Suica 発行枚数や住宅展開戸数、5G 整備エリアなどが盛り込まれた。

    モバイル Suica 発行枚数の2025年度目標は2500万枚。住宅展開戸数は3800戸、5G 整備エリアは累計100か所と目標を定めた。

    また、MaaS プラットフォーム(モビリティ・リンケージ・プラットフォーム)サービス利用件数は、2022年度目標の3000万件/月から、2025年度目標7500万件/月へとアップさせた。

    同様に、Suica交通系電子マネー利用は3億件/月から5億件/月へ、JRE POINT 会員数は1600万人から2500万人へ、シェアオフィス展開は累計30か所から累計1200か所へとアップさせている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【JR東日本は4500億円の赤字見込み、鉄道事業収益をコロナショック並に数値目標を更新】の続きを読む


    (出典 news.railway-pressnet.com)


    なくなるのも寂しくもありますが新車を投入する必要もあります。

    1980年代に東急車輛製造と日本車輌製造でつくられ京成電鉄3600形。その廃車がすすみ、8両編成はすべて姿を消した。

    3600形は、都営地下鉄浅草線までは乗り入れ、その先の京急電鉄線には乗り入れない仕様。京急電車の「先頭車が電動車」という決まりは採り入れず、先頭車はモータなしのクハ(T)と、中間電動車モハ(M)4両を組む、4M2T構成で登場した。

    京成初のオールステンレス車で、京成の通勤形車両で初めて界磁チョッパ制御を採用したくるまで、T字型ワンハンドルマスコン回生ブレーキ付界磁チョッパなどは、京成スカイライナー初代AE形と同じくした。

    画像の京成3600形 3658編成も廃車。1月29日にはその先頭車が廃車解体される地へ陸送された。

    その廃車解体の地は……

    3600形 3658編成の先頭車(東急製)がトレーラーで運ばれた地は、北館林荷扱所。

    地図では、東武鉄道株式会社 資材管理センター北館林解体所 と出てくる。場所は、館林駅から東武佐野線の電車でひとつめ、渡瀬駅の先にある物流拠点の一角にある。

    周辺には、アサヒ飲料 群馬工場や、東武運輸 群馬東物流センター支店、Bullフーズ(ブルドックソース)館林工場、日本通運 館林支店、ダノンジャパン 館林工場、大同薬品工業 関東工場などが集結している。

    解体現場は、3線の北渡瀬留置線や保線基地の線路脇。ここで東武をはじめいろいろな鉄道会社の廃車体が解体されている。

    こうした解体品は、一部がリサイクルされて、再び産業品としてよみがえる。

    ―――姿を消す京成の丸目4灯、3600形。東急グループの東急車輛製造などで製造され、東武グループの北館林解体所で解体、という生涯をいく京成のくるまもある。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【京成初オールステンレス車 3600形、東急で生まれ東武の地で解体】の続きを読む



    (出典 www.mcfw.jp)


    新たな海底トンネル。

    1 ニライカナイφ ★ :2021/01/29(金) 18:56:17.11 ID:33vhpwSQ9.net

    デンマークのレズビュハウンで、同国とドイツを結ぶフェーマルン海峡トンネルが建設中だ。
    全長17.6キロで、世界最長の道路・鉄道併用の沈埋(ちんまい)式海底トンネルとなる予定。

    ▽ソースに写真があります
    https://www.afpbb.com/articles/-/3326922


    【【国際】デンマークとドイツ結ぶ海底トンネル、工事進む 全長17.6キロで世界最長の道路・鉄道併用の沈埋(ちんまい)式海底トンネル】の続きを読む


    (出典 news.mynavi.jp)


    コロナの影響は大きいです。

    平日の特急が急行に置き換わります。

    全体的に減便へ

    西日本鉄道2021年1月29日(金)、全線で3月13日(土)にダイヤ改正を行うと発表しました。

    まず、終電の繰り上げが、天神大牟田線大宰府線で行われます。繰り上げ時間は15分~30分で、西鉄福岡(天神)駅の平日の終電は下記のとおり変更されます。

    ・大牟田行き(急行):現行23時00分発→改正後22時45分発
    ・柳川行き(急行):23時30分発→23時15分発
    ・筑紫行き(普通):23時48分発→23時35分発
    ・花畑行き(急行):24時00分発→23時30分発

    平日11時15時の日中時間帯では、西鉄福岡(天神)発の優等列車が特急2本・急行4本から、急行4本になり、特急大牟田行きが急行に置き換わります。小郡行きは急行から普通になり、二日市行きの列車がなくなります。なお、特急は通過し急行が停車する駅は、春日原・下大利・朝倉街道・筑紫・三国が丘・小郡・宮の陣です。特急が急行に変わることにより、西鉄福岡(天神)から久留米以降への所要時間は、8分~9分ほど伸びます。

    平日ダイヤ全体では、現在の732本から713本に、19本減便となります。

    今回のダイヤ改正では、土休日ダイヤを分離し、土曜ダイヤと日祝日ダイヤが新たに設定されます。運行本数は、現行の土休日654本に対し、土曜は642本(12本減便)、日祝日は626本(28本削減)となります。

    西鉄9000形電車(2019年2月、草町義和撮影)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【西鉄電車 平日の特急22本減便 終電繰り上げ 土曜ダイヤ誕生 3月改正】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    実現するのかな?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/01/28(木) 15:37:50.66 ID:jnadPMeY9.net

    東京の地下鉄新線計画が、東京メトロの完全民営化に関係し、進むことになるかもしれません。東京都が保有する東京メトロの株式売却にあたって、新たな路線の整備を求めました。

    新路線を想定したホームがすでに存在
     東京の地下鉄新線計画が、進むことになるのでしょうか。

     現在、東京メトロの株式は国が53%、東京都が47%を保有。この株式の売却により、東京メトロを完全民営化することが目指されていますが、売却にあたって東京都が新たな地下鉄の整備を求めていると2021年1月23日(土)、NHKが報じました。

     求められたのは、まず「有楽町線の延伸」。有楽町線豊洲駅と半蔵門線住吉駅を東西線東陽町駅経由で結ぶもので、全長は約5.2km。「豊住線」とも呼ばれます。駅はその3駅のほか、豊洲~東陽町間、東陽町~住吉駅間にも1駅ずつ設けられる想定です(決定ではない)。

     既存の豊洲駅、住吉駅とも豊住線の建設を踏まえた設計で、有楽町線の池袋駅方面と半蔵門線の押上駅方面で直通運転できる構造になっています。

    開業の効果について、2019年3月に発表された国土交通省の資料では、錦糸町~豊洲間の所要時間が約21分から約11分に、乗り換えが2回から1回になることや、東西線、有楽町線、JR京葉線の混雑が15~20ポイント緩和されることなどが挙げられています。また、費用便益分析でも「社会経済的に有益な路線」「事業性が認められる路線」とされました。

     また豊住線について、それが通る江東区は「区内の南北交通の利便性向上のみならず、東京区部東部や埼玉県南部、千葉県北西部から国際競争力強化の拠点に位置付けられている東京臨海部へのアクセス性向上、東京メトロ東西線などの混雑緩和など、大変高い整備効果が見込まれています」としています。

     総事業費は約1600億円、建設期間は10年の想定ですが、2020年11月に行われた「東京8号線延伸の技術的検討に関する勉強会」では、新型コロナウイルスによる鉄道利用者減少といった影響を注視しながら、検討を進める必要があるとされています。

    もうひとつの路線は「つくばエクスプレス」直通?
     東京メトロの株式売却にあたって、東京都は都心部と臨海部を結ぶ新たな地下鉄の整備も求めました。

     中央区の「都心・臨海地下鉄新線構想」では、新銀座駅と新国際展示場駅のあいだを新築地、勝どき・晴海、新市場駅経由で結ぶ約5kmの路線になっています(駅名は全て仮称)。

     またこの路線について、2016年4月に出された交通政策審議会の答申では、現在は秋葉原駅止まりであるつくばエクスプレスと相互直通運転すべき、とされました。つくばエクスプレスの東京駅延伸と一体的に整備し、単体では低い「都心・臨海地下鉄新線構想」の事業性を高めるためです。

    https://news.livedoor.com/article/detail/19599366/

    2021年1月27日 14時10分

    乗りものニュース

    (出典 userdisk.webry.biglobe.ne.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 userdisk.webry.biglobe.ne.jp)


    (出典 blog-imgs-50.fc2.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 fastly.4sqi.net)



    (出典 Youtube)

    【埋められたトンネル】列車が来ない謎のホームは何のためにあるの?【東京メトロ】


    (出典 stat.ameba.jp)



     


    【【鉄道】「豊住線」「都心・臨海新線」 東京の地下鉄新線計画 実現へ進展か?】の続きを読む

    このページのトップヘ