西武、特急電車運行開始50周年記念プロモーションを実施 10/10から10000系ニューレッドアローにラッピング


西武10000電車(せいぶ10000けいでんしゃ)は、1993年(平成5年)から製造された西武鉄道の特急車両。 「ニューレッドアロー」(New Red Arrow略称:NRA)の愛称を持つ7両編成12本計84両が導入され、通商産業省グッドデザイン商品に選定された。
40キロバイト (4,719 語) - 2019年10月8日 (火) 10:03



(出典 pds.exblog.jp)


西武のイベント

50周年記念ロゴとラッピングシート車両掲出イメージ 画像:西武鉄道

西武鉄道株式会社は、2019年10月8日(火)から2020年3月まで、西武秩父線開通50周年記念キャンペーンの一環として「特急電車運行開始50周年記念プロモーション」を実施します。

これは1969年10月14日西武秩父線開通と同時に運行を開始した特急電車が50周年を迎えることを記念し、利用者や沿線の方々への感謝を込めて行うもの。2019年10月10日(木)~2020年1月まで、池袋線西武秩父線を運行する10000ニューレッドアロー1編成(10110号車)にラッピングを施します。

その他にも……

10月8日(火)~2020年3月(予定)
特急電車スペシャルムービーを車内ビジョンや駅サイネージ、Youtube西武鉄道公式チャンネル西武秩父線開通50周年特設Webサイトにて放映。60秒バージョンと15秒バージョンの2種類用意されています。

10月9日以降順次~
西武線の各駅および車内中吊りに「特急電車グラフィックスター」を掲出。秩父のシンボルである武甲山をバックに駆け抜ける5000系レッドアローと、001Laviewの雄姿により半世紀にわたり変わらずに走り続ける特急電車を表現したもので、駅にはB1サイズ、車内にはB3ワイドサイズのポスターを掲出します。

10月14日(月・祝)~2020年3月
歴代の特急電車の走行シーンなどのフォトを装飾シートとして、池袋駅特急ホーム壁面および床面に掲出。1969年から2019年までの特急電車の変遷を展示します。

10月15日(火)15:30~18:30
上記グラフィックスターをA5サイズクリアファイル非売品)にして、池袋駅特急ホーム入り口付近2箇所で配布。なくなり次第配布終了となります。

このような様々なキャンペーンを用意しているとのこと。各キャンペーンの画像詳細等は西武秩父線開通50周年特設Webサイトでも確認できます。

鉄道チャンネル編集部



(出典 news.nicovideo.jp)