※(JR東日本のキハ40には元キハ40キハ48700・1700番台5両、JR西日本のキハ47にはキハ415両、JR四国のキハ47にはキロ472両、JR九州のキハ47にはキロシ472両を含む) 酷寒地:北海道、寒地:東北・中部地方 1950年代中期に量産された国鉄初期の液体式気動車であるキハ
201キロバイト (32,560 語) - 2019年11月3日 (日) 23:49



(出典 tabiris.com)


キハ40を使った観光列車。

苫小牧岩見沢間を走ります。

北海道で観光ツアーなどを催行する北海道オプショナルツアーズ(ほっとバス)が、「北海道観光列車モニターツアー『花の恵み号』で行く室蘭線」の参加者を募集しています。

これは、北海道鉄道活性化協議会の「鉄道の観光利用促進業務委託業務」の依頼で企画された半日のモニターツアーです。

午前と午後の2コースを設定。午前の「甘味大好きコース」は、地元イチオシの菓子などを中心に、特産品がツアーで提供されます。午後の「辛党ほろ酔いコース」は、沿線特産のワイン日本酒、停車駅ではおつまみに適した特産品が味わえます。

列車はJR北海道のキハ40形ディーゼルカーを観光仕様にした「道央 花の恵み」1両を使用。午前コース室蘭本線苫小牧から岩見沢へ、午後コース岩見沢から苫小牧へ運転します。

出発日は11月30日(土)、旅行代金は両コースとも3900円です(小学生3000円、午前コースのみ)。昼食が含まれます。募集は各コースとも1組2~4人とし9組まで。ただし、未成年は午後コースには申し込めません。

なお、モニターツアーのため、アンケートの回答や、旅行中の様子が報道や事業報告書に使われることに同意する必要があります。申し込みは北海道オプショナルツアーズが電話で受け付けています。

キハ40形ディーゼルカー「道央 花の恵み」。


(出典 news.nicovideo.jp)