キハ100系・キハ110系気動車(キハ100けい・キハ110けいきどうしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の一般形気動車。 老朽化したキハ20系・キハ45系などの取り替えとローカル線における輸送サービスの改善を目的に製造され、1990年(平成2年)3月10日に北上線でキハ
71キロバイト (10,461 語) - 2020年2月16日 (日) 04:09



(出典 blogimg.goo.ne.jp)


E531系は黒磯で他の車両と連結して東京まで走るのかな?

東北線を行くキハ110系に乗るなら、いまのうち。

東北線 黒磯~新白河で走っているキハ110系は、E531系に置き換わり、すべての列車がE531系5両ワンマン運転に変わる。3月14日から。

同区間の気動車運用は現在、黒磯12:15発 4137D、13:19発 4139D、14:26発 4141D、16:20発 4145D、18:07発 4149D、20:42発 4155D、21:56発4157D、新白河09:55発 4130D、11:38発 4134D、12:47発 4136D、13:56発 4138D、15:01発 4140D、17:10発 4144D、19:20発 4148D、21:24発 4154Dなど。

幹線を行く架線下ディーゼルカーの姿も、あと1か月。

画:鉄道チャンネル



(出典 news.nicovideo.jp)