DE10ディーゼル機関車(DE10がたディーゼルきかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が開発・設計した中型ディーゼル機関車である。 ローカル線の貨客列車牽引や入換用途を主目的として開発された。1966年(昭和41年)から1978年(昭和53年)までに合計708両が製作され、日本各地のローカル線で蒸気
52キロバイト (7,189 語) - 2020年4月2日 (木) 10:55



(出典 blogimg.goo.ne.jp)


どのように使われるのかな?

JR東日本で廃車となったDE10ディーゼル機関車が、JR貨物電気機関車にけん引されて土崎から熊谷貨物ターミナルに運ばれました。熊谷貨物ターミナルからは秩父鉄道電気機関車により羽生へと運ばれ、東武鉄道に譲渡される予定です。

東武鉄道の蒸気機関車2両体制に向けて導入

JR東日本で使われたDE10ディーゼル機関車1109号機)を東武鉄道に譲渡するため、2020年4月3日(金)から4日(土)にかけて、JR貨物機関車にけん引されて土崎駅(秋田県秋田市)から熊谷貨物ターミナル駅埼玉県熊谷市)に運ばれました。

東武鉄道では、2017年8月から運行開始の観光列車「SL大樹」用として、JR東日本よりDE101099号機を譲り受けています。昨年4月26日には2019年度鉄道事業設備投資計画を発表。そのなかで蒸気機関車2両目体制に向けた準備として「補機となるディーゼル機関車の購入」を掲げています。今回の1109号機はこれに該当するものです。

DE101109号機は1971(昭和46)年に日本車両製造で落成。JR東日本青森車両センターや盛岡車両センターなどに所属し、車両の入換やレール輸送列車のけん引などに使用されましたが、2019年10月に廃車となっています。

東武鉄道への譲渡にあたり、JR東日本秋田総合車両センターで整備が行われ、車体はかつて寝台特急北斗星」をけん引したDD51形ディーゼル機関車と同様、青色に金帯の塗装に変更しています(星マークはなし)。

今後、DE101109号機は、熊谷貨物ターミナル駅から秩父鉄道電気機関車により羽生駅(埼玉県羽生市)へ向かい、東武鉄道の車両を使って南栗橋車両管区に運ばれる予定です。

※誤字を修正しました(4月4日12時50分)。

JR貨物のEH200形901号機のけん引で熊谷貨物ターミナル駅に向かうDE10形1109号機(2020年4月4日、伊藤真悟撮影)。


(出典 news.nicovideo.jp)