三ヶ尻線(みかじりせん)は、埼玉県深谷市の武川駅と同県熊谷市の熊谷貨物ターミナル駅を結ぶ秩父鉄道鉄道路線(貨物)である。 路線距離(営業キロ):7.6km 軌間:1067mm 駅数:3駅(起終点駅含む) 複線区間:なし(全線単線) 電化区間:全線(直流1500V) 閉塞方式:自動閉塞式 最高速度:50km/h
5キロバイト (481 語) - 2020年3月28日 (土) 18:50



(出典 pds.exblog.jp)


(出典 contents.trafficnews.jp)


なくなるのは寂しくなりますね。

秩父鉄道三ヶ尻線の熊谷貨物ターミナル~三ヶ尻駅間が廃止になります。石炭貨物輸送などに使われた路線ですが、どんな経緯で作られ、どんな理由で廃止されるのでしょうか。東武鉄道の新車もここを通りました。

石炭輸送だけでなく東武鉄道の新車輸送にも使われた三ヶ尻線

秩父鉄道三ヶ尻線の熊谷貨物ターミナル駅埼玉県熊谷市)と三ヶ尻駅(同)のあいだ3.86kmが、2020年9月30日(水)で廃止される予定です。

三ヶ尻線は、秩父鉄道秩父本線の武川駅(埼玉県深谷市)とJR高崎線の熊谷貨物ターミナル駅を結ぶ7.6kmの貨物線で、1979(昭和54)年10月1日に開業しました。それまでは熊谷駅で貨物取り扱いが行われていましたが、上越新幹線の建設工事を開始するのに伴い熊谷貨物ターミナル駅を新設。そちらで貨物の取り扱いを行うために路線が作られました。

途中の三ヶ尻駅には隣接して太平洋セメント熊谷工場があります。セメントを生成する時に燃料として石炭が使用されることから、熊谷貨物ターミナル駅と三ヶ尻駅のあいだでは石炭の輸送が行われていました。

また、車両メーカーで製造された東武鉄道の新車も、熊谷貨物ターミナル駅から三ヶ尻線を使用して、東武鉄道との接続駅である寄居駅埼玉県寄居町)や羽生駅(埼玉県羽生市)へ運ばれています。

秩父鉄道によると、2019年度をもって石炭貨物輸送が終了し、そのほかの貨物輸送も9月30日をもって終了する見込みで、路線の採算性から総合的に判断して廃止を決定したとのことです。

秩父鉄道三ヶ尻線を走る貨物列車(2004年7月、伊藤真悟撮影)。


(出典 news.nicovideo.jp)