(出典 livedoor.blogimg.jp)


切符も貴重ですね。

D型硬券と台紙イメージ

秩父鉄道7月11日(土)「石炭貨車オホキ10000形引退記念乗車券」を発売する。

D型硬券1枚に石炭貨車型の特製台紙付き、駅窓口発売版と通信販売版の2種類。価格はどちらも820円。D型硬券のイラスト、有効区間、発行駅は異なるものの、台紙のデザインは同じだ。硬券内のイラストを描いたのは同社の運転士だという。

券面イメージ

駅窓口発売版は秩父鉄道熊谷駅、武川駅、秩父の各駅窓口で扱う。区間は「武川から影森まで」。通信販売版はちちてつe-shopで販売。区間は「影森から武川まで」。発売期間は7月11日(土)~12月31日(木)までとなっているが、売り切れ次第終了となる。

秩父鉄道三ヶ尻線内熊谷貨物ターミナル駅~三ヶ尻駅間では、日本貨物鉄道株式会社との連絡運輸により石炭貨物輸送列車を運行していた。「オホキ10000形」は石炭貨物輸送の際に運用していた石炭の専用貨車で、石炭貨物輸送の終了とともに今年2月引退を迎えた。

鉄道チャンネル編集部
画像:秩父鉄道



(出典 news.nicovideo.jp)