(出典 tabiris.com)


完全復旧にはかなり時間がかかると思います。

被災状況の写真はJR九州リリース資料から抜粋

JR九州は13日、令和2年7月豪雨による同社の被災状況を発表した。7月12日時点で橋りょうの流失や土砂の流入など合計345件の被害を確認しており、特に久大本線肥薩線鹿児島本線に集中している。

7月3日~10日の8日間にわたり九州内の計20路線で4,550本の運休が発生し、約19万人の利用者に影響があったという。

JR九州7月14日(火)以降の運転計画を発表。13日20時時点で鹿児島本線久大本線肥薩線で運休や本数を減らして運転することが決まっている。詳細は下記の通り。

鹿児島本線
鳥栖~長州:当分の間、始発から本数を減らして運転
長州~植木:当分の間、運転見合わせ(※1)
植木~八代:当分の間、始発から本数を減らして運転
川内鹿児島中央:当分の間、運転見合わせ(※2)

※1 玉名~肥後伊倉間で土砂の流入が発生。
※2 複数個所で土砂の流入、流出が発生。

久大本線
日田~向之原:当分の間運転見合わせ(※3)
向之原~大分:当分の間、始発から本数を減らして運転

※3 橋りょうの流出、その他複数個所で土砂の流入、流出などが発生。7月14日(火)より由布院~向之原間でバス代行輸送を実施する。日田~由布院は現在の道路状況により代行輸送計画の検討が困難。

肥薩線
八代~吉松 当分の間、運転見合わせ(※4)

※4 複数個所で橋りょうの流出などが発生。

特急列車・D&S列車に関しては、「ゆふいんの森」「かわせみ やませみ」「いさぶろう・しんぺい」「SL人吉」が当分の間運休。博多~大分を走る「ゆふ」は当分の間博多~日田間で運転、73号・74号は運休する。

上記以外の列車についても気象状況などにより遅延、運休、行先変更などが発生する可能性がある。最新の情報はJR九州Webサイトの「運行情報」やJR九州アプリからも確認できる。

鉄道チャンネル編集部



(出典 news.nicovideo.jp)