京都鉄道博物館(きょうとてつどうはくぶつかん、英語:Kyoto Railway Museum)は、京都京都市下京区観喜寺町に、2016年4月29日に開館した鉄道博物館である。西日本旅客鉄道(JR西日本)および公益財団法人交通文化振興財団が運営する。 2014年(平成26年)4月6日に閉館した交通
63キロバイト (9,811 語) - 2020年6月17日 (水) 02:28



(出典 travel.watch.impress.co.jp)


本格的に再開。

鉄道ジオラマには、豪華寝台列車TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が登場します。

京都鉄道博物館2020年7月14日(火)、新型コロナウイルス感染拡大防止のため取りやめていた展示や体験などについて、20日(月)および8月1日(土)から、一部を再開すると発表しました。詳細は次の通りです。

7月20日(月)から再開
・運転シミュレータ
・鉄道ジオラマ
・「SLスチーム号」体験乗車
・「SLスチーム号」のりば休憩所
・軌道自転車

8月1日(土)から再開
・踏切体験などの触れる展示
・扇形車庫のSLの運転台見学
・本館1階での車両公開

本館1階で展示される500系新幹線の外観は「ハローキティ新幹線」仕様です。鉄道ジオラマは、豪華寝台列車TWILIGHT EXPRESS 瑞風トワイライトエクスプレスみずかぜ)」と、「ハローキティ新幹線」仕様の500系新幹線が登場します。OBによるボランティアガイドやナシ20形食堂車などは、引き続き中止、または閉鎖されます。

また、8月1日(土)からは各日の正午以降に限り、京都鉄道博物館の入口で、当日券や各種セット券が販売されます。午前10時から正午までは、日時が指定された前売入館券での入館に引き続き制限されます。京都鉄道博物館は、混雑時は入場制限を実施し、その際は前売入館券を持った人を優先的に案内するとしています。

各展示や体験では、こまめな消毒や定員制限など、感染症対策がとられます。

7月20日(月)から再開される、SLスチーム号(画像:京都鉄道博物館)。


(出典 news.nicovideo.jp)