「叡山電鉄でデオ723の内装が変更される」 ^ 「もっと!叡電 第18号」 ^ 「もっと!叡電 第21号」 ^ 「デオ721に『ブレンド・Sxエイデン・E』のヘッドマーク」 ^ 「車両紹介 700(デオ730形)」(KW-31換装後) ^ 「叡電デオ700形に『けいおん!』ヘッドマーク」 ^ 「叡山電鉄で『ひだまり号』運転」
74キロバイト (8,011 語) - 2020年7月10日 (金) 10:56



(出典 cdn3.railf.jp)


どんな車両になるのだろうか。

洛北の自然を表現したとのことです。

叡山電鉄京都市)は2020年9月18日(金)、700系電車のうち723号車のリニューアル工事が完了し、10月18日(日)に運行を開始すると発表しました。

主に1両編成で運用されている700系は、叡電で初めて冷房装置を搭載した車両です。1987(昭和62)年7月のデビューから30年以上が経過したため、2018年から順次リニューアルが進められています。

今回の723号車の外観について叡電は、青色を基調とし、水が豊かな山紫水明の地である京都・洛北の自然を表現したとのこと。車内の座席も水をイメージした青を基調とし、外装との統一感を出しているほか、京都らしさの演出として、座席の仕切り部には、京友禅の生地を硝子に封入した「京友禅硝子」を使用したといいます。

営業運転開始は、10月18日(日)修学院5時28分発出町柳行きです。出町柳からは5時42分発八瀬比叡山口行きになります。

リニューアル車両の運行開始を記念して、デビュー当日から「723号車リニューアル記念乗車券」が発売されるほか、運行開始前日の10月17日(土)にはプレイベントとして、車両展示撮影会・鉄道グッズ販売会と貸切運行が行われる予定です。

723号車リニューアルイメージ(画像:叡山電鉄)。


(出典 news.nicovideo.jp)