(出典 news.biglobe.ne.jp)


開業したときはどんな進化を遂げているのかな。

リニア中央新幹線の乗り心地は「浮く」のか「沈む」のか? から続く

 2020年10月に行われた、リニア中央新幹線の報道関係者試乗会の模様を引き続きレポートしたい。2015年の「L0(エルゼロ)系900番台」試乗から5年後、リニア中央新幹線は車両の形やデザインだけではなく、乗り心地も進化していた。

5年後の試乗で感じた「乗り心地」の進化

 まず、改良型の試験車両「L0系950番台」は、走行中の耳ツン現象がなくなった。リニア実験線はトンネルが多い上に、高度変化も大きい。磁気浮上式は在来の鉄道より勾配を大きくできる。したがって、車両が受ける気圧の変化が大きい。その対策として気圧変化が緩やかになるよう、車両の給気量と排気量を調整している。900番台では耳への圧迫感があったけれども、950番台ではほとんど感じない。しかし、これは乗客側の個人差もある。

 先頭車のカメラ位置が高くなったため、室内に設置されたモニター映像の視界が広がった。900番台では軌道の底と壁、空しか見えなかった。それはもう、軌道点検の映像そのもの。しかし950番台では空が広い。山並みも見える。リニア中央新幹線トンネルだらけで、座席横の車窓は一瞬だ。しかも現在の明かり区間もシェルターを設置する案がある。そうなると景色は先頭車カメラ映像のみ。この改良は嬉しい。

 ただし、950番台の車内モニターの数は減った。これはちょっと残念。900番台は一般試乗会で使われたため、敢えて多数のモニターを設置したけれど、営業用に進化した950番台では少数で良いという考えかもしれない。しかし車窓が見えないだけに、エンターテイメントとしてのモニター増設はあっていいと思う。広告メディアとしても有望だ。

運行技術と磁力コントロールの進化

 ハッキリ解った変化は着陸時のショック低減だ。減速してタイヤ走行に移る際に、5年前は飛行機の着陸時のようなショックを感じた。今回はほとんど感じない。風切り音が低くなり、走行音が大きくなって「着陸したようだな」と思うレベルだ。これは900番台も950番台も同じ。つまり車両側の工夫ではなく運行技術、軌道と車両の磁力コントロールの進化だと思う。

 その代わり、身体の下方へ向かうベクトルが減り、前方へのベクトルが大きくなった気がする。つまり急な減速時に前方に持って行かれやすく、足を踏ん張りたくなる。減速距離を伸ばして緩和すると所要時間が延びてしまうから、座面を摩擦の大きい素材にするか、水平座面ではなく、座面の前方をやや高くするなどの工夫が必要だと感じた。

内の騒音も軽減

 もうひとつ、車内の静音化も課題だ。スマートホンの音圧測定アプリで計測したところ、時速500km/hのとき、900番台は約96dbだった。これは東海道新幹線と同じ数値だから、このレベルを維持したことがすごい。しかし950番台は100dbを超えていた。新型は騒音を軽減する素材を使っているという話だったけれど、新型のほうが騒がしい。これはどういうことだろう。もっとも、スマホの録音マイクしか使わないアプリの計測だし、厳密に同じ席や同条件で計測したわけでもないからアテにならない。

 この写真をJR東海に示して、正規の測定データを知りたいと問い合わせたところ「具体的な数値は非公開ながら、簡易測定で新型は旧型より数db低い数値」という回答を得た。安心した。やっぱり新型車両は進化している。

もっともっと進化する予感

 各座席の肘掛けに電源用コンセントがついている。ただし家電のほとんどに使われるACコンセントではなく、USBタイプAになっていた。また、テーブルが座席背面から肘掛け格納型のサイドテーブルになった。「出張族がノートPCを使えない」という声があった。

 しかし、品川~名古屋間の約40分で、ノートPCを使わなくちゃいけない作業は考えにくい。メールの確認や簡単な文書作成はスマートホンやタブレットで十分だ。そもそもUSBタイプAでさえ2027年に主流だろうか。このユニットは交換可能になっている。その時代に即したコネクタになるはずだ。そこはJR東海の先見の明といえる。

 背面テーブルにしても、ノートPCを開いて作業するヒマさえなさそうな所要時間で必要だろうか。飲み物やスマホを置く程度ならサイドテーブルで十分。ただし、私のようにお腹が大きいとサイドテーブルは困る。出し入れ時も使用時も不具合が多い(笑)。しかしこれは「どちらか」ではなく、両方搭載すれば済む話でもある。

 壁や天井の素材は新しいけれど、仕上がりは現行の新幹線車両ほどハマっていない。座席の肘掛けや格納式テーブルも指を挟みそうで、まだまだ改良の余地がある。つまり、950番台がリニア中央新幹線の決定版かと言えば、それはちがう。

「正解」に達していないからこそ進化する

 ジェット機の先頭形状はボーイングエアバスもほぼ同じで、あのかたちが空力など実用面優先の「正解」だと思う。それにくらべて高速鉄道の先頭車形状は常に新型が登場する。なぜなら、いまだに「正解」に達していないからだ。高速鉄道も空力やトンネル微気圧波の解決が最優先だ。その正解を求めて、新型車両は常に新しい形になる。

 現在の最先端が、2027年も最先端であるはずがない。その意味でリニア中央新幹線車両も、他の高速鉄道未完成だ。正解を求めて技術者デザイナーは精進しつづける。

 900番台から950番台への進化を体感して、あと7年後のリニア中央新幹線はもっと進化するだろうと確信した。おそらく数年後には新たな試験車が登場し、それが営業先行車になると思う。

写真=杉山淳一

(杉山 淳一)

リニア中央新幹線改良型試験車(L0系950番台)


(出典 news.nicovideo.jp)