ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ: 鉄道



    (出典 tokkou-b-team.net)


    夜行列車の需要もあるみたいです。

    日本でも数少なくなった夜行列車、それを私鉄で唯一、定期的に運行し続けているのが東武鉄道です。200kmに満たない短い距離の夜行列車ですが、レジャー利用の人々に愛されてきました。そして近年は「テコ入れ」を図るべく、新趣向も打ち出しています。

    23時台から1時台のあいだに夜行列車10本! 最盛期の姿

    昭和の時代には当たり前のように全国を走っていた夜行列車は、減少の一途をたどっています。2020年現在、毎日運行される列車は東京~高松・出雲市間の「サンライズ瀬戸・出雲」のみ。夏と冬、春に運行される東京~大垣(岐阜県)間の快速「ムーンライトながら」なども、シーズンを追うごとに運行期間が短くなっている傾向です。

    そうしたなか、100km台という短い距離で夜行列車を運行し続けているのが東武鉄道です。東武線から野岩鉄道に乗り入れ、浅草~会津高原尾瀬口(福島県)間を走る夏季の「尾瀬夜行23:55」、冬季の「スノーパル23:55」や、紅葉シーズンなどには浅草~東武日光間の「日光夜行」も運行されています(ただし2019年秋は台風の影響で全回運休)。なお、それぞれの列車はグループ会社である東武トップツアーズの旅行商品という位置づけで運行されています。

    運行距離は、「尾瀬夜行」が175.3km、「日光夜行」が135.5km。これほど短い距離で夜行列車を運行するのは、夏の登山、冬のスキーなどのレジャー需要に応えるためです。

    「日光夜行」などは戦前から運行され、昭和30年代から40年代にかけての最盛期には、浅草駅から東武日光、鬼怒川公園、赤城(群馬県)などへ向かう夜行列車が、23時から1時のあいだに10本も発車したこともあったとか。夜行列車を待つ人の列が、当時、浅草駅の駅ビルを一周した、というくらい人気だったようです。

    なお、いまでこそ東武における尾瀬の玄関口は福島県側の会津高原尾瀬口駅ですが、昔は群馬県側から入るのがメインルートだったそう。浅草から赤城経由、さらに上毛電鉄に乗り入れて中央前橋駅まで夜行列車で向かい、そこから連絡バスで尾瀬へ向かうといった商品も販売されたことがあるそうです。

    昭和末で下火になった夜行列車 息を吹き返した「転機」

    しかしモータリゼーションの進展により、東武の夜行列車昭和50年代にはいったん下火になったといいます。その環境が一変したのが1986(昭和61)年、野岩鉄道が開業し会津方面への乗り入れが始まり、「尾瀬への近道」が形成されたことでした。

    それまで、群馬県側の大清水や鳩待峠から尾瀬沼まで徒歩で5時間かかっていたところ、福島県側の沼山峠からであれば1時間ほどで尾瀬沼へ到達します。このため、会津高原尾瀬口駅まで夜行列車で、そこから連絡バスで沼山峠へハイカーを運ぶという、現在の「尾瀬夜行ルートを開拓しました。

    また当時は映画『私をスキーに連れてって』(1987年)に象徴されるスキーブームでもあり、福島県側のスキー場へスキーヤーを運ぶ冬季の夜行列車も活況。1995(平成7)年頃までは、夏の山岳夜行、冬のスキー夜行それぞれで、1シーズン1万人ほどの輸送人員があったといいます。

    しかし、スキーブームの冷え込み、自動車の性能向上、道路整備の進展などにより夜行列車の利用者も徐々に減少。各地のJR線で運行されていた「登山夜行」「スキー夜行」も、次々に廃止されていきました。東武においても、現在の夜行列車の輸送人員は、1シーズンあたり2000人から3000人ほどだということです。

    この間、夜行列車の車両も、普通列車でも使われる6050系(いわゆるボックス席主体)から、急行列車用の300系および350系、そして2018年からは新型特急「リバティ」用の500系グレードアップしてきました。

    また2016年には、秋の「日光夜行」が18年ぶりに運行を再開したほか、2018年には初めて、JR新宿駅発の東武日光行き夜行も運行するなど、近年は夜行列車の「テコ入れ」を図ってきているといいます。

    短距離でも夜行ならではの強み

    尾瀬や日光といったエリアのレジャーにおいては、夜行ならではの強みがあると東武の担当者は話します。そのひとつが、ハイキングにおける「縦走」のニーズです。

    福島県側から尾瀬へ入り、群馬県新潟県へ抜けるといったコースは、クルマでは実現できず、現地の交通機関が連携してこそ可能だといいます。尾瀬周辺の山々では、登山口の周辺で駐車場所の争奪戦のような状況も見られるとのこと。夜行列車で仮眠をとりつつ早朝から行動し、現地の足や山での滞在時間を確保できる、というメリットを求める人が多いそうです。

    逆に冬のスキー列車は、縦走や回遊といった要素はありません。しかしながら、雪道運転の不安もなく、気軽にスキー場へ行けるのは、列車ならではだといいます。

    ただ、こうした気軽さゆえに、「尾瀬夜行」は「日帰り」「一度行った」というイメージが強くなり過ぎた面もあるそう。このため近年は、尾瀬周辺の山々や、群馬県側へ抜けるPRに力を入れているそうです。2020年には、バスと奥只見湖遊覧船を乗り継いで、会津高原尾瀬口駅から新潟県の浦佐へ公共交通だけで抜けるという、「登山しない尾瀬横断ルート」の商品も組み込まれました。

    シーズン夜行列車に向け、現地の自治体、交通機関、スキー場、観光協会などと連携し、半年くらい前から準備に取り掛かるといいます。ただ「いちばん泣かされるのは、『自然』」(東武の担当者)。台風や豪雨、また2019年度冬は雪不足に見舞われるなど、夜行列車も運休せざるを得ないケースが多々あるようです。

    珍しくなったからこその夜行の新趣向

    そうしたなか、東武の担当者が夜行列車の新趣向と胸を張るのが「DL夜行大樹」です。

    鬼怒川線で走るSL列車「大樹」の国鉄14系客車を活用し、ディーゼル機関車(DL)牽引による貸切夜行列車を運行するという旅行商品です。2019年4月30日から5月1日にかけて、令和への改元の瞬間を車内で迎えるというツアーと、同年7月、旅行大手クラブツーリズムの主催によるツアーの2回、いずれも南栗橋~鬼怒川温泉間で実施されています。

    もともと、SLの基地がある下今市駅から、客車の検査工場がある南栗橋までの回送が実施されていたことから、これを昼間に客を乗せる形で運行したところ好評で、夜行を実施してほしいとの声もあったといいます。クラブツーリズムからも、夜行列車の魅力を訴えるような団体臨時列車の運行要請があったそうです。

    「DL夜行大樹」は、都市間輸送でもレジャー向けでもない、まさに夜行列車の「ノスタルジックな空間」を求めたものだといいます。

    「大樹」の14系客車は寝台ではない座席車です。「寝台特急」よりも庶民的な、いわゆる「座席夜行」に親しんだ中高年にとっては、青春の1ページを思い起こさせ、また夜行列車を知らない世代にとっては、往年の旅情を味わえる空間とのこと。そのようなノスタルジックな魅力に訴えかける旅行商品として、今後も状況を見ながら販売していきたいそうです。

    「日光夜行」が到着した東武日光駅。車両は特急「スペーシア」の100系電車(画像:東武鉄道)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【東武はなぜ夜行列車を走らせるのか 100km台でも根強い需要 歴史は戦前から】の続きを読む



    (出典 contents.trafficnews.jp)


    撮り鉄達が押し寄せそうです。

    完成が近づく北陸新幹線の敦賀延伸区間に、「併用橋」という珍しい橋梁が建設中です。九頭竜川にかかるこの橋梁、一体どんな特徴があるのでしょうか。

    新幹線の真横をクルマが走る

    2022年度末の開業に向けて工事が進められている、北陸新幹線の金沢~敦賀間。この新規開業区間に、国内初となる、新幹線と道路の「併用橋」が誕生します。

    その橋は福井駅の北東およそ5km、福井市内の九頭竜川へ架けられる「新九頭竜橋(仮称)」。北陸新幹線の橋を両側から挟み込むように、上下線それぞれの道路橋が通ります。この道路は県道福井森田丸岡線で、歩道も設置されます。

    新幹線と道路が並走する光景は、東海道新幹線浜名湖木曽川にかかる橋梁などが有名です。しかし、これらは互いに近くを走っているだけですが、今回建設される新九頭竜橋は、新幹線と道路の橋げたがすべて同じ橋脚の上に置かれているのが特筆点です。

    このような鉄道と道路の「併用橋」は、長野電鉄の村山橋(千曲川にかかるトラス鉄橋)、レインボーブリッジのほか、縦に二層構造になっている瀬戸大橋関西国際空港連絡橋、六甲大橋などがありますが、国内では珍しいものです。

    かつては名鉄犬山線犬山橋が「併用軌道」、いわゆる路面電車のような形になっており、特急列車が鉄橋の上を、自動車に囲まれてしずしずと進む姿が印象的でしたが、これも2000(平成12)年に鉄道と道路の橋が別々になりました。

    新幹線の計画スタートで急遽変更

    福井県の福井土木事務所によると、新九頭竜橋はもともと、道路単独の橋になる予定だったそうです。しかし北陸新幹線の建設計画が進むと、新幹線がこの橋のすぐ近くを通ることが判明。コストや工期、橋脚の河川への影響をふまえ、一体的な橋梁として整備することになりました。

    現在、橋の中心を通る新幹線の橋げたは完成し、レールの敷設作業等を待つ段階になっています。道路部分も、左岸側の橋げた設置工事が完了。2021年6月の完成を目指しています。

    なお、高速で通過する新幹線の風圧や騒音が自動車歩行者に影響を与えないよう、新幹線の橋げたには防音壁が設置されています。JR西日本によると、この防音壁は一般的な新幹線に用いられる、高さ2mの防音壁とのこと。全列車が停車する福井駅にほど近く、橋通過時はどの列車も低速で走るため、吸音板や透明の防音板は追加設置しないといいます。これを元にすると、北陸新幹線で用いられるE7系W7系新幹線が通過する際、自動車歩行者からの「見え具合」は「窓から上が見える」というイメージになるそうです。

    新九頭竜橋の完成イメージ図(画像:福井県)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【日本初「新幹線・道路併用橋」まもなく誕生! 歩道から列車どれくらい見える?】の続きを読む


    萩駅(はぎえき)は、山口県市大字椿字濁渕にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線の。 「萩駅」を名乗っているが、市役所へは隣の東萩駅のほうが近く、またかつてこの区間に運行されていた特急・急行列車も東萩駅に停車し、ごく一部の急行を除いて当は通過していた。JTB時刻表でも市の中心は当ではなく東萩駅としている。
    9キロバイト (980 語) - 2020年8月24日 (月) 23:36



    (出典 media-cdn.tripadvisor.com)


    カマキリがいる。

    「萩駅は無人駅なので、カマキリが改札で切符を切ってくれるようです」

    こんな投稿が、ツイッターで話題になっている。基本的に無人駅とは駅員の配置されていない駅のことを指し、乗客は「簡易改札を通る」「電車の中で整理券を取る」といった様々な方法で、電車を利用する。

    しかしJR萩駅(山口県萩市)ではなんとカマキリが駅員の代わりに切符を切ってくれるという。その様子がこちらだ。

        
      やる気満々のカマキリ駅長(画像は美幌@mihoroさん提供)

    木製の改札らしきものに登り、鋭い「カマ」を構えるカマキリ。まるでベテランのような貫禄で、「切符よこしな、俺が切ってやるぜ...」と言わんばかりだ。

    この写真はツイッターユーザーの美幌(@mihoro)さんが2020年9月9日に投稿し話題に。他のユーザーからは、

    かまきりさん お願いします」
    「これは優秀な駅員w」
    「その道30年くらいの背筋」

    といった声が寄せられている。

    その後、カマキリはどうなった?

    Jタウンネット9月16日、投稿者の美幌さんに詳しい話を聞いた。

    美幌さんがこの写真を撮ったのは9日13時ごろ。美幌さんは広島在住で、萩市へドライブした際に駅を訪れたという。

    カマキリを発見した当時の状況を、美幌さんに聞いてみると、

    「駅舎からホームカメラを向けていると木製の改札ラッチの上に何かいることに気づき、よく見ると茶色いカマキリが乗っていました。個人的に虫は手に持つこともできないくらい苦手なので、遠くからそっと撮影しました」

    その後、カマキリがどうなったのかは分からないとのことだった。

    大正時代に建てられ、復元・補強工事を経たレトロな駅舎で知られる萩駅。駅として利用される一方で、萩の自然や歴史を紹介する「萩市自然と歴史の展示館」としても公開されている。

     

    (出典 pds.exblog.jp)
      
      萩駅

    美幌さんはたびたび萩駅を訪れているが、今回のような光景を見たのは初めて。カマキリを発見した時の気持ちを、

    「ほとんど列車が来ることのない中、カマキリだけが駅員のように働いていることに風情を感じました」

    と話している。

    みなさんも萩駅を訪れた際はカマキリ駅長がいないか、探してみてほしい。

    やる気満々のカマキリ駅長(画像は美幌@mihoroさん提供)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【きっぷ切ってくれるの? 無人駅の改札に現れた「カマキリ駅長」の貫禄がすごい】の続きを読む


    E257電車(E257けいでんしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の直流特急形電車である。 JR東日本が日本国有鉄道(国鉄)から引き継いだ直流用特急形電車(183・189)や、波動輸送用に転用されていた直流用急行形電車(165)の置き換えのために2001年より投入した「新世代の特急形電車」である。
    46キロバイト (5,965 語) - 2020年9月3日 (木) 00:13



    (出典 1.bp.blogspot.com)


    E257系が鮮魚列車になる。

    特急「踊り子」号などに使用されるE257系 イメージ写真:PIXTA

    2020年9月26日(土)~28日(月)の三日間、JR東京駅のエキナカ商業施設「グランスタ」で「伊豆美味いもん市」が開催される。JR東日本が主催。地元で採れた海産加工物や銘産品の販売、伊豆の魅力動画配信、観光PRなどを実施する予定だ。

    イベントでは、伊豆急下田駅 9:51 発 → 東京駅 12:32 着の「踊り子」4号で、伊豆特産の金目鯛や解禁直後の伊勢海老を輸送する。使用車両はE257系(予定)。「踊り子」に運ばれた鮮魚は、下記3店舗で食事として提供されるほか、金目鯛のみ「伊豆美味いもん市」で物販を行う。

    グランスタ東京内「回転寿司羽田市場グランスタ東京店」
    グランスタ東京内「海鮮居酒屋羽田市場グランスタ東京店」
    グランアージュ内「羽田市場食堂 東京駅店」

    「伊豆美味いもん市」の開催時間は11:00~20:00。会場は東京駅グランスタ地下1階「スクエア ゼロ」。また14:00~15:00の間は、会場と伊豆の漁港直売所などをオンラインで結び、現地のスタッフなどと直接話しながら商品を購入できるイベントも実施する。

    鉄道チャンネル編集部



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【特急「踊り子」が金目鯛や伊勢海老を運ぶ 9月26日~28日東京駅で「伊豆美味いもん市」開催】の続きを読む


    「叡山電鉄でデオ723の内装が変更される」 ^ 「もっと!叡電 第18号」 ^ 「もっと!叡電 第21号」 ^ 「デオ721に『ブレンド・Sxエイデン・E』のヘッドマーク」 ^ 「車両紹介 700(デオ730形)」(KW-31換装後) ^ 「叡電デオ700形に『けいおん!』ヘッドマーク」 ^ 「叡山電鉄で『ひだまり号』運転」
    74キロバイト (8,011 語) - 2020年7月10日 (金) 10:56



    (出典 cdn3.railf.jp)


    どんな車両になるのだろうか。

    洛北の自然を表現したとのことです。

    叡山電鉄京都市)は2020年9月18日(金)、700系電車のうち723号車のリニューアル工事が完了し、10月18日(日)に運行を開始すると発表しました。

    主に1両編成で運用されている700系は、叡電で初めて冷房装置を搭載した車両です。1987(昭和62)年7月のデビューから30年以上が経過したため、2018年から順次リニューアルが進められています。

    今回の723号車の外観について叡電は、青色を基調とし、水が豊かな山紫水明の地である京都・洛北の自然を表現したとのこと。車内の座席も水をイメージした青を基調とし、外装との統一感を出しているほか、京都らしさの演出として、座席の仕切り部には、京友禅の生地を硝子に封入した「京友禅硝子」を使用したといいます。

    営業運転開始は、10月18日(日)修学院5時28分発出町柳行きです。出町柳からは5時42分発八瀬比叡山口行きになります。

    リニューアル車両の運行開始を記念して、デビュー当日から「723号車リニューアル記念乗車券」が発売されるほか、運行開始前日の10月17日(土)にはプレイベントとして、車両展示撮影会・鉄道グッズ販売会と貸切運行が行われる予定です。

    723号車リニューアルイメージ(画像:叡山電鉄)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【叡電723号車「青」にリニューアル 内装に「京友禅硝子」使用 10月運行開始】の続きを読む

    このページのトップヘ