ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ:鉄道 > 第三セクター


    えちごトキめき鉄道株式会社(えちごトキめきてつどう)は、新潟県上越市に本社を置く第三セクター方式の鉄道事業者(第三セクター鉄道)である。妙高はねうまライン、日本海ひすいラインの2路線を運営している。 2015年(平成27年)3月14日の北陸新幹線の長野駅 -
    54キロバイト (7,387 語) - 2019年11月24日 (日) 19:29



    (出典 train-hotel.net)


    経営は厳しいです。

    1 次郎丸 ★ :2020/01/16(Thu) 19:43:56 ID:qsF77WMD9.net

    えちごトキめき鉄道が運賃・料金改定を申請…平均30%の値上げに 4月1日実施予定
    鉄道企業動向2020.1.16 Thu 18:45
    https://response.jp/article/2020/01/16/330780.html


    新潟県のえちごトキめき鉄道は1月16日、国土交通省北陸信越運輸局に対して、運賃・料金改定の申請を行なったと発表した。

    えちごトキめき鉄道は、北陸新幹線長野~金沢間が開業した2015年3月、並行在来線であるJR信越本線妙高高原~直江津間とJR北陸本線直江津~市振(いちぶり)間を承継し、前者を妙高はねうまライン、後者を日本海ひすいラインとして運営している。

    承継から5年間は急激な運賃の変化を緩和するため、JR時代並の運賃としていたが、「北陸新幹線の開業後における特急列車の廃止や新潟方面との直通列車の減便等による影響、また安全運行に不可欠な鉄道施設の維持補修・設備更新が当初想定していた以上に多額に及んでいることなどから、当初の収支計画よりも損益が厳しい状況」であるとして、今回、国や新潟県、沿線自治体からの支援を受けた上で経営が成り立つとされているJR時代の1.3倍程度の水準まで運賃を引き上げることになった。

    申請によると、旅客運輸収入全体では30%の値上げとなり、普通旅客運賃と通勤定期運賃は平均33%、通学定期運賃は平均15%の値上げとなる。特別企画乗車券については運賃改定の認可を受け次第、届出を行なう予定としている。

    改定日は4月1日としているが、えちごトキめき鉄道では、その後も利用促進策として、他社との乗継割引のうち自社分についての継続や、スマートフォンなどで確認できる列車運行状況の配信、自動車運転免許返納者などを対象にした割引などを実施。地域活動の拠点としての駅舎の一部開放も検討するとしている。



    (出典 s.response.jp)

    《出典 鉄道友の会》
    えちごトキめき鉄道では、運賃改定後も観光列車『雪月花』などを活用し、さらなる地域観光資源の情報発信を行ない、交流人口の拡大を図るとしている。


    【【鉄道】えちごトキめき鉄道が運賃・料金改定を申請…平均30%の値上げに 4月1日実施予定】の続きを読む


    あいの風とやま鉄道株式会社(あいのかぜとやまてつどう)は、富山県富山市に本社を置く、第三セクター方式の鉄道事業者(第三セクター鉄道)である。 北陸新幹線の長野駅 - 金沢駅間が延伸開業する際、西日本旅客鉄道(JR西日本)から並行在来線として経営分離される北陸本線の富山県内区間にあたる倶利伽羅駅 -
    59キロバイト (7,557 語) - 2019年11月23日 (土) 10:16



    (出典 response.jp)


    小回りがきくようになった。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/13(月) 17:15:06 ID:un+ro50x9.net

    あいの風とやま鉄道が、富山駅と東富山駅の間に設置する新駅の着工に向け、安全祈願祭が執り行われました。
    富山駅と東富山駅の間に設置されるあいの風とやま鉄道の新駅は、富山市下冨居の富山駅から4キロ、東富山駅から2.6キロの位置に建設されます。
    13日は着工に向けた安全祈願祭が行われ、地元住民や工事関係者などおよそ50人が参加しました。
    新駅の総事業費は設計費用を含めて14億6千万円で、鉄骨造り2階建て、自動券売機や簡易的なIC改札機、それにエレベーター3基を備えます。
    新駅の周りには住宅地が広がっていて、今後、都市計画道路の整備や県有地での開発が見込まれています。
    開業は、建設工程の見直しなどから当初の予定より半年遅い来年10月頃の予定で、駅名は今後、公募などの手続きを踏まえて決まります。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00000003-bbt-l16
    1/13(月) 17:00配信



    (出典 response.jp)


    (出典 webun.jp)


    (出典 raillab.jp)


    【【鉄道】あいの風とやま鉄道 富山駅と東富山駅間の新駅着工】の続きを読む



    (出典 webun.jp)


    新幹線ができると在来線が赤字で切り離されます。

    1 首都圏の虎 ★ :2019/12/28(土) 12:03:12 ID:nZsOsk+P9.net

    JR東日本とJR西日本は26日、IRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道、えちごトキめき鉄道、しなの鉄道との乗継割引を廃止すると発表しました。

    2015年3月14日の北陸新幹線金沢開業に伴い、JR東日本・西日本は並行在来線となる信越本線や北陸本線の一部区間を経営移管。これにより乗継の際に運賃が大幅に変動する区間が生じるため、激変緩和を趣旨としてJRと各社の間で5年間を限度として乗継割引が設定されていました。



    (出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    廃止後はJR側の乗継割引運賃が所定運賃へ戻ります。各私鉄側が設定している乗継割引は継続となりますが、えちごトキめき鉄道株式会社線については2020年4月に運賃改定を予定していることから、料金が変更となる場合があります。

    現行の乗継割引実施範囲

    (出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)



    (出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)



    (出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)



    (出典 giwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    12/27(金) 11:00配信  鉄道チャンネル
    https://article.yahoo.co.jp/detail/d997a201629901184e7fc5bcb37a36afd6735065


    【【鉄道】北陸新幹線金沢開業から間もなく5年 JR東・西、並行在来線乗継割引を廃止へ 4月実施】の続きを読む


    三陸鉄道株式会社(さんりくてつどう)は、岩手県の三陸海岸を縦貫する路線を持つ、第三セクター方式の鉄道会社である。通称三鉄(さんてつ)。 リアス線の運営を行うほか、旅行業や物品販売業も行っている。 三陸沿岸を結ぶ鉄道の構想は、1896年(明治29年)に白根専一逓信大臣に提出された「三陸鉄道
    51キロバイト (6,165 語) - 2019年12月21日 (土) 06:23



    (出典 www.sankei.com)


    災害によく遭っていますが、それでも何度でも立ち上がってます。

    1 みつを ★ :2019/12/23(月) 19:21:08.86 ID:DCaouSKn9.net

    https://this.kiji.is/581788062805247073


    三陸鉄道、来年3月に全線復旧
    決算は1億円赤字見込み
    2019/12/23 19:17 (JST)
    ©一般社団法人共同通信社



     岩手県の第三セクター三陸鉄道は23日、台風19号の影響で6割超にあたる104.5キロが不通となっているリアス線について来年3月20日に全線で運行を再開すると発表した。リアス線は同22日、東京五輪の聖火を「復興の火」として運び、東日本大震災の被災地で巡回展示する予定。三鉄を利用できない懸念も出ていたが、間に合う見通しとなった。

     不通が続く田野畑―田老間22.9キロは今月28日、津軽石―陸中山田間17.3キロは来年1月16日に再開する予定で、残りも順次再開していくとしている。

     19年度決算は純損益で約1億円の赤字になるとの見通しも公表した。赤字は4年連続。


    【【三陸鉄道】来年3月に全線復旧 決算は1億円赤字見込み】の続きを読む


    b 『えちごトキめき鉄道だより』第4号 平成25年7月。新潟県ホームページ内、2015年1月19日閲覧。 ^ えちごトキめき鉄道 新造ディーゼル車(ET122)車両見学会 (PDF) (『えちごトキめき鉄道だより』第9号〈表〉より) - 糸魚川市、2015年1月19日閲覧。 ^ “トキ鉄、運行管理する指令所が完成
    54キロバイト (7,387 語) - 2019年11月24日 (日) 19:29



    (出典 raillab.jp)


    夜行列車は珍しいですから。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/06(金) 18:43:07 ID:E8ZDq07H9.net

    「えちごトキめき鉄道」が、年の瀬に沿線を一晩中走る「冬休み親子夜行列車体験号」を28~29日に運行する。同社の夜行列車の運行は初めてで、5日からチケットの申し込みをインターネットで始めたところ、わずか1分で完売した。

    JRのブルートレインが相次いで廃止される中、夜汽車の魅力はいまだに健在で、同社はうれしい悲鳴を上げている。

    年配者には夜汽車の懐かしさを、子どもや若者には鉄道旅行の新たな魅力を体験してもらおうと企画した。

    ルートは直江津を28日午後10時ごろ発車。妙高はねうまラインの妙高高原を折り返し、直江津を経由して日本海ひすいラインの市振(新潟県糸魚川市)を経由して直江津に翌29日午前5時40分ごろ戻り、同7時ごろ解散するツアー。車両は普段は貸し切り列車として使っているディーゼルカー、ET122系「3市の花号」と「日本海号」の2両を連結する。

    座席はすべてテーブル付きのボックス席で、親子やカップルが向かい合って一晩、列車内で過ごせるのが魅力だ。料金は1ボックスで1万8000円(2人まで朝食・お土産つき)で、朝食には幻の駅弁を復活させて提供するという。

    同社は2日にホームページでこの企画を発表。5日正午からメール限定で先着順で募集したところ、定員の20ボックス(40席)が1分で完売した。石黒孝良営業部長は「うれしいの一言。今後も知恵を絞って、サービスを充実させていきたい」と話した。

    同社は9月、ローカル鉄道再生のカリスマとして知られる元いすみ鉄道社長の鳥塚亮氏が社長に就任。鳥塚氏は今夏、津軽鉄道(青森県)にも夜汽車を走らせるよう提案して実現させた経験がある。今回も鳥塚氏と社員がアイデアを出す中で実現したという。

    鳥塚氏はブログで「私たちが昭和の頃に経験した夜行列車の思い出を、これからの皆様方にも経験していただくことで、鉄道の旅の良さを後世につないでいこうと考えております」と記している。【浅見茂晴】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000038-mai-soci
    12/6(金) 12:27配信


    (出典 cdn.mainichi.jp)


    (出典 response.jp)


    (出典 www.echigo-tokimeki.co.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【鉄道】夜汽車の旅にわくわく−−「えちごトキ鉄」初の夜行列車チケット、1分で完売】の続きを読む

    このページのトップヘ