ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ:鉄道 > 私鉄



    (出典 www.asahicom.jp)


    JR北海道の救世主になるのか。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/01/14(火) 21:10:02 ID:/efPKwM89.net

    東急は14日、伊豆観光で人気の豪華列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」を北海道で周遊させるクルーズプランを発表した。クルーズは8月に始める予定。

     1人あたりの基本料金は3泊4日で68万円(2人1室)と、「トランスイート四季島」(JR東日本)など先輩格のJR各社のクルーズトレインに匹敵する豪華さだ。

    プランは8月14日から9月15日までに札幌駅を出発する計5回で、定員は各30人。帯広・十勝、釧路・知床、オホーツク・北見、旭川・美瑛・富良野の計4エリアをまわり、札幌駅に戻る。車内での昼食は地元のすし職人やシェフらが乗り込んで調理し、夜は十勝、知床、富良野の各地域のホテルに宿泊する。

     今回のプランは、2018年9月の胆振東部地震からの復興をめざすJR北海道などとの協力で実現した。ロイヤルエクスプレスは本来8両編成だが、道内ではホームの長さに合わせて5両で運行。電化されていない区間を走れるよう、JR北のディーゼル機関車が牽引(けんいん)する。(細沢礼輝)


    (出典 www.asahicom.jp)

    東急の豪華観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」。JR九州の「ななつ星」を手がけた水戸岡鋭治氏がデザインした(東急電鉄提供)

    2020年1月14日 19時13分
    https://www.asahi.com/articles/ASN1G65J9N1GUTIL00Q.html?iref=comtop_latestnews_01


    【【鉄道】東急、北海道で豪華列車 3泊68万円、すし職人同乗】の続きを読む



    (出典 response.jp)


    喫煙車が残っていたんですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/25(水) 06:59:53.46 ID:UU4Q0mfp9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    2020年2月1日(土)より、近鉄は特急列車の座席を全席禁煙にします。

    近鉄はこれまで特急車両に順次喫煙室を設置し、全席禁煙化工事を進めてきました。
    このたび、大半の列車で喫煙室の設置された車両で運行可能になるまで工事が進展したこと、
    また2020年4月1日に施行される改正健康増進法を踏まえ、全席禁煙に踏み切りました。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    各特急車両喫煙室 画像:近畿日本鉄道株式会社
    なお、観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」および一部の特急車両(12200系)は喫煙室のない編成となります。近鉄の発表によれば12200系車両は2020年度末までに順次特急列車の運用から外れるとのこと。

    また、地下区間や駅全体が屋根に覆われたターミナル駅の構内など、改正健康増進法では屋内扱いとなる区間・箇所では特急列車の喫煙室であってもタバコを吸うことはできません。

    【当該区間】
    (1)大阪難波駅~大阪上本町駅間(地下線区間)
    (2)近鉄奈良駅、近鉄名古屋駅(地下駅)
    (3)大阪上本町駅、京都駅、大阪阿部野橋駅
    (駅全体が屋根に覆われたターミナル駅)



    (出典 tmsys.cocolog-nifty.com)


    (出典 tmsys.cocolog-nifty.com)


    (出典 cdn3.railf.jp)


    https://news.livedoor.com/article/detail/17573630/
    2019年12月24日 14時35分 鉄道チャンネルニュース


    【【鉄道】近鉄、来年2月から全特急車両の座席を禁煙化 12200系は順次特急の運用から離脱】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)


    HYDEと南海のコラボレーション。

    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2019/12/23(月) 13:30:40.22 ID:CAP_USER.net


    (出典 www.sankeibiz.jp)

    歌手のHYDE氏とコラボレーションした特急「HYDEサザン」をお披露目=23日、南海電鉄の難波駅

     南海電鉄は23日、ロックバンド「ラルク・アン・シエル」のボーカル、HYDE(ハイド)さんの写真をデザインした特急「HYDE サザン」の運行を難波-和歌山市・和歌山港間で始めた。

     和歌山市と南海の共同企画で、市ふるさと観光大使を務めるHYDEさんもデザインに関わった。車両は市内の観光名所である友ケ島の砲台跡をイメージしたレンガ柄の背景に、市内で行われたコンサートでのHYDEさんの歌唱シーンの写真をあしらっている。運行は来年10月ごろまで。

     この日は、難波駅でお披露目セレモニーを開催。尾花正啓市長らがテープカットを行った後、列車は和歌山大の学生らを乗せて出発した。

    2019.12.23 11:46
    SankeiBiz(サンケイビズ)
    https://www.sankeibiz.jp/econome/news/191223/ecc1912231146005-n1.htm


    【【鉄道】特急「HYDE サザン」で和歌山PR 南海電鉄】の続きを読む



    (出典 d2w45mmf8kgysx.cloudfront.net)


    名鉄にも登場する。

    1 みつを ★ :2019/12/22(日) 07:29:57.45 ID:x7d0QKuH9.net

    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1912/19/news118.html

    2019年12月19日
    いま乗らなきゃ……! 名鉄に「エヴァ初号機」ラッピングトレインが登場、限定デザインのmanacaが当たるスタンプラリーも実施 (1/2)
    運行は1月14日から! ミュースカイがけっこう派手に変身!
    [呼んでる渋沢,ねとらぼ]


     名古屋鉄道(名鉄)は12月19日、「エヴァンゲリオン特別仕様のミュースカイ」を2020年1月10日から運行すると発表しました。


     エヴァンゲリオン特別仕様ミュースカイは、2020年1月10日から3月31日にかけてエヴァンゲリオン中京圏プロジェクト実行委員会が実施する「エヴァンゲリオン中京圏プロジェクト ~名古屋・ささしまライブから世界に発信~」のコラボ企画の一環として展開するもの。中部国際空港(セントレア)へのアクセス列車であるミュースカイの2000系電車を、エヴァンゲリオン初号機デザインに仕立てて運行します。

     2020年6月に「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」が公開予定。エヴァ列車といえば、山陽新幹線500系の「500 TYPE EVA」(関連記事)や富士急行1000形(関連記事)なども記憶に新しいですが、大手私鉄では初の登場です。運行は2020年1月14日から3月9日まで。これは乗りに行かねば……見に行かねば……!
    (リンク先に続きあり)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    【【鉄道】名鉄に「エヴァ初号機」ラッピングトレインが登場、限定デザインのmanacaが当たるスタンプラリーも実施 運行は1月14日から!】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    乗り換えしなくていいというメリットがあります。

    2019年11月30日に相鉄・JR直通線が開業し、神奈川県大手私鉄の相鉄(相模鉄道)の沿線と東京を直結する新たな鉄道ルートが開通した。従来横浜と神奈川県内の海老名市大和市方面を往復するだけだった相鉄の列車が、乗り換えなしでJRの渋谷・新宿へ直通している。

    開業から1週間あまりが経過し、新線開業のフィーバーも落ち着いた今はどのような様子になっているか、横浜から東京へ実際に直通線に乗車して実態を取材した。

    本数僅少も、混雑はストレスフリー

    横浜市西部・旭区に位置する、通勤通学ラッシュのピークの相鉄二俣川駅から取材を開始した。ラッシュ真っ盛りの相鉄線だが、JR埼京線に直通する8時10分発赤羽行き特急はしかし、従来の相鉄線のターミナル・横浜方面の列車に比べると空いている。JR直通列車の本数も10数分間隔と少ない。

    この特急は二俣川で先に到着している通勤特急横浜行きと接続を行う。赤羽行きが到着すると、横浜行きへ少なくない乗客が乗り換え、その数は赤羽行きに乗り込む乗客より明らかに少ない。JRへの直通開始後も横浜への需要が圧倒的に多いことを示唆している。

    相鉄横浜方面とJR直通線の分岐駅の西谷でも、二俣川と同じ現象が起こる。各駅停車横浜行きと赤羽行きの間で乗客の入れ替わりがあったが、横浜行きの方が依然高い混雑率だった。記者の見たところでは、横浜方面列車が「立ち客の身体が触れ合う」150180%程度の乗車に対し、直通線の列車は座席が埋まり、若干の立ち客が出る程度、100%前後の混雑率を見せている。朝8時台に東京に向かう路線としては、快適な部類に入るのは確かだ。

    ラッシュでも「秘境駅」のワケは...

    赤羽行き特急は西谷を発車すると約3分後、新たに開業した羽沢横浜国大に8時19分に到着する。開業当日には多くの人でにぎわった同駅だが、朝8時台というラッシュのピークにもかかわらず乗降客はまばらで、とてもラッシュ時とは思えないくらい静かである。開業前に公表された時刻表を見ると横浜市内としては異例の本数の少なさだったが、それで需要が不足していることはない。

    駅舎の目の前には環状2号線を多くの車が走り、住宅もそれなりに点在しているがこのような利用状況になったのは、まさしく同駅が「都心直通」のために開業したことと、西谷との距離の近さが原因だろう。

    11月30日の開業まで、この周辺から東京方面への交通機関は皆無で、東京へ通勤・通学する人口もかなり少なかったと考えられる。また横浜方面へ向かう人であれば、西谷・上星川などの相鉄本線の駅の方が本数で圧倒的に便利である。ゆえに、都心直通のベッドタウンとしての開発はまさしくゼロからのスタート、という状況だ。

    一方で、12月の寒さでは「待合室」の不在がこたえた。赤羽行き(8時19分発)の次の新宿行き(8時37分発)を待ったが、駅は掘割でホームはじかに外気にさらされる。1時間に列車が2本しかない時間帯もある駅で外気にさらされるのは酷と言わざるを得ない。

    JRユーザーには「お得列車」か

    直通線開業で、相鉄からの列車を受け入れるJR線側では通勤ラッシュに「乗り得」な列車が現れるようになった。前述のように100%前後の混雑率なので、直通線とJRが合流する武蔵小杉から新宿方面へは、既存の湘南新宿ラインの列車とは明らかに混雑率に差がある。直通の新宿行きは武蔵小杉に到着すると立ち客は増えたが、混雑率は反対側の窓から景色が見える程度で立ち客が触れ合うこともない。対して、湘南新宿ライン横須賀線の上り列車は武蔵小杉発車時点で目測で「身体が触れ合い、相当圧迫感がある」200%程度とみられる。これでも横浜駅で相鉄からJRに乗り換えていた層が直通線に転移した後であり、湘南新宿ライン横須賀線のラッシュの厳しさを実感させられる。

    以後西大井・大崎・恵比寿と停車するたびに乗客は減り、渋谷到着時点で既に車内はガラガラ。直通線の需要は相鉄沿線から川崎・東京南部に散っていることを暗示している様子である。

    相鉄・JR直通線は本数こそ少ないものの、相鉄沿線から東京南部への旅客と、横浜~新宿間の湘南新宿ラインの旅客には混雑緩和という着実な恩恵をもたらしている。輸送量だけで見ると相鉄本線湘南新宿ラインという従来のメインルートからは外れているが、その分「穴場」として快適な使い方ができている。大々的にアピールされていた相鉄沿線のみならず、東京で鉄道を使う人にもプラスの影響が表れつつあった。

    ただ、直通線・埼京線湘南新宿ライン横須賀線が関係する過密ダイヤゆえに列車が遅延しやすいのがネックで、取材日も上下線で数分の遅れが発生していた。今後、JR東日本の運行管理能力が問われるのもまた確かである。

    J-CASTニュース編集部 大宮高史)

    朝8時台の羽沢横浜国大。車内もホームも首都圏のラッシュとは思えない


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【相鉄・JR直通線、乗ってわかった「プラスの影響」 ラッシュ時も意外と快適、さらに...】の続きを読む

    このページのトップヘ