ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ: 海外の鉄道


    (出典 i.rubese.net)


    インドネシアで第二の人生。

     引退した日本の電車が輸出され、海外で“第二の車生”を歩む様子にグッと胸が熱くなります。

    【その他の画像】インドネシアで活躍する日本の中古通勤電車

     インドネシアジャカルタを走る通勤路線「KRLジャボタベック」のYouTubeチャンネルで、JR東日本(国鉄)205系東京メトロ(営団)6000系など、かつて活躍した通勤電車が「ジャカルタ仕様」になり、現地で活躍するまでの過程を楽しめます。

     登場するのはKRLが導入した元武蔵野線205系電車。前面ウィンドウを全面覆う屈強な金網ガードワイルド感マシマシ。きれいに清掃され、車体や帯の色をKRLの通勤電車に変更。施行箇所によって、塗装とシートフィルムを使い分けているようです。

     先頭車の下部には大型の排障器(障害物防御のためのガード設備)。地上区間を多く走るKRLの環境に合わせて、日本時代のものより大型です。日本時代は高架や地下を走っていたために排障器もほどほどに小型でよかったのですね。インドネシアを走るということはこういうことなのか。こんな現地の事情もそれとなく分かります

     運転台にはKRLの仕様に合わせた無線やメーターを増設。アナログメーターが多い運転台へ新たに装着された液晶パネルタイプの装置もなぜか調和しています。

     客車は、見覚えのありまくりな日本の通勤電車そのまま。案内シールなどを張り替えたくらいで、座席仕様や吊り手は日本時代のまま。車内広告の枠などもそのままのようです。車内だけで違いを見つけるのは難しいかもしれません。

     動画には海外の鉄道ファンから「快適に利用ができそう」「中古品だけど品質が高い」など、続々と登場する日本の車両に対して良いイメージを持ったコメントが多く寄せられていました。

     海外で元気に活躍する、誇れる日本の電車。ジャカルタでこれに乗ると、“時間”も旅行した気分になれるかもしれませんね。

    インドネシアで活躍する日本の中古通勤電車


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【武蔵野線205系、東京メトロ6000系 グッと胸が熱くなる、海を渡った日本の通勤電車が「ジャカルタ仕様」になっていく動画】の続きを読む



    (出典 www.mcfw.jp)


    新たな海底トンネル。

    1 ニライカナイφ ★ :2021/01/29(金) 18:56:17.11 ID:33vhpwSQ9.net

    デンマークのレズビュハウンで、同国とドイツを結ぶフェーマルン海峡トンネルが建設中だ。
    全長17.6キロで、世界最長の道路・鉄道併用の沈埋(ちんまい)式海底トンネルとなる予定。

    ▽ソースに写真があります
    https://www.afpbb.com/articles/-/3326922


    【【国際】デンマークとドイツ結ぶ海底トンネル、工事進む 全長17.6キロで世界最長の道路・鉄道併用の沈埋(ちんまい)式海底トンネル】の続きを読む



    (出典 jbpress.ismcdn.jp)


    交渉は日本人の感覚を捨てて、やるべきです。

    1 ニライカナイφ ★ :2021/01/22(金) 08:43:34.18 ID:HIcQIGtY9.net

     インドネシアでは現在、中国企業との合弁会社が、首都ジャカルタと大都市バンドンとを結ぶ全長約140キロの「高速鉄道計画」が進んでいる。日本と中国が受注を競い、不可解な経緯で中国が落札した事業だ。

     これとは別に、日本の協力の下、ジャカルタとインドネシア第2の都市スラバヤを結ぶ在来鉄道(約720キロ)の「高速化計画」も進んでいる。2017年にインドネシアがこの在来線の高速化計画への協力を日本に要請、事業化調査が進んでいる。日本の国際協力機構(JICA)が調査を進め、在来線を改良して高速化して、現在は12時間かかるジャカルタ―スラバヤ間を約半分の5時間半にすることが検討されている。

     ところがそこに、インドネシアが突如として「中国の参加」を求めていることが明らかになった。インドネシア政府が中国に対して資金面などでの参加を1月12日に打診していたことを、投資調整庁が19日に明らかにしたのだ。

    ■ 財政面での支援を当て込んで中国に参加要請

     中国との合弁で進めている、ジャカルタと内陸部である西ジャワ州バンドンを結ぶ「高速鉄道計画」は、工事の遅れにより、当初の2019年開業の予定は達成できていない。

     2015年に実施された「高速鉄道計画」の入札では、鉄道技術や運用面の実績などから日本が圧倒的に優勢と見られていたが、インドネシア政府はこの入札を白紙化。そして財政負担を求めないという中国案の採用を決定。こうして「東南アジア初の高速鉄道事業」は中国主導で進められることになった。当然ながら、日本側には大きな「不信感」が残った。

     こうした経緯があるにも関わらず、今回、在来線の「高速化計画」でも急遽、中国へ参加を要請した背景には、中国主体で建設中ながら進捗が滞っている「高速鉄道計画」の尻を叩きつつ、日本の協力の下進めている「高速化計画」にも中国の財政的バックアップを促したい思惑があると見られている。

    ■ 王毅外相に直接要請

     地元報道によると、1月12日にインドネシア訪問中の中国・王毅外相とルフト・パンジャイタン調整相(海事・投資担当)が会談。その中で、ジャカルタ―バンドン間の「高速鉄道計画」を、バンドンからさらに延伸してジャカルタ―スラバヤを結ぶ「高速化計画」につなげ、途中から一体化する構想への財政面での参加・支援をインドネシア側から中国に求めたのだという。

     報道によれば、このインドネシア側の意向は、ジョコ・ウィドド大統領から習近平国家主席にもすでに伝えられていたという。

     中国側はインドネシア側の要請を受けて「計画を調査する」との姿勢を見せ、今後専門家チームをインドネシアに派遣する予定だ。インドネシアの大規模インフラ整備計画への参画は、中国が世界的に進める「一帯一路」構想にもかなっており、前向きに検討する可能性が極めて高いとみられる。

    ■ 日本の消極姿勢で中国参加要請か

     ジャカルタ―バンドンの「高速鉄道計画」をさらに延伸し、ジャカルタ―スラバヤの「高速化計画」と一体化させるという案は、昨年6月にアイルランガ調整相(経済担当)がジョコ・ウィドド大統領の意向として突如表明。このときジョコ大統領は「日本に再度参加してもらおう」との考えを持っていることも伝えられた。

     しかしバンドンまでの「高速鉄道計画」で建設中の線路と、スラバヤまでの「高速化計画」で改良予定の在来線の線路とではゲージ(軌間・線路の幅)が異なるため、技術的には極めて困難だ。そのため日本側は報道を通じて知ったジョコ大統領の意向に困惑、消極的な姿勢に終始せざるを得なかった。

     ところがこうした日本の姿勢を、インドネシア側は「インドネシアと中国の共同事業体への参加を日本が拒否した」と受け止めていた模様だ。

     中国が受注したバンドンまでの「高速鉄道計画」は2016年に着工したものの、当初の完工予定である2019年という目標は土地収用などが難航したことなどから、2021年に延期されていた。

     さらに2020年には折からのコロナ禍により建設は実質的に中断に追い込まれ、工期の見直しが再度行われ、完工は2022年9月まで再び延期されている。

     共同事業体であるインドネシア・中国高速鉄道(KCIC)は、土地収用はほぼ終わり2020年末までに建設工事全体の進捗率を70%とすることを目標にするとしていた。

    ■ 中国以外からの投資も歓迎

    ※引用ここまで。全文は下記でどうぞ
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/63758

    ■ 前スレ(1の立った日時:2021/01/21(木) 21:46:21.53)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1611233181/


    【【インドネシア】高速鉄道計画で日本に煮え湯を飲ませたインドネシア政府、今度は日本が進める在来線高速化計画でも中国を招待】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    そのことを考えてなかったのかな?

    1 和三盆 ★ :2021/01/23(土) 16:05:45.95 ID:Igz2t/1v9.net

    日本の新幹線輸出唯一の成功例、台湾高速鉄路(高鉄)が1月20日、日本企業連合の新規車両購入に関する交渉を打ち切り、第三国からの購入も含めて新たな調達を模索することとなった。高鉄の今回の決定は第2次安倍政権以降、国策として推進してきたインフラ輸出にも今後大きな影を投げ落とすこととなろう。

    高鉄はこの日、役員会を招集。日立製作所・東芝を中心とする日本企業連合の新規車両購入に関する対応を緊急討議した。高鉄は2019年2月、旅客需要の伸びから新規車両購入を決定、世界の車両メーカーに入札を呼びかけたが応じたのは日立・東芝を中心とした日本企業連合だけ。この時、入札価格と高鉄側希望価格の間に大きな隔たりがあったため、昨年8月に再度入札を行ったが、価格差は埋まらずこの決定に至った


    「なぜN700Sよりも高いのか」
    高鉄は12両1編成で12編成の新規購入を予定。このうち8編成を入札にかけた。現地報道によれば日本連合が高鉄に提示した1編成当たりの価格は50億台湾ドル(約186億円)。一方で、高鉄の関係者は日本連合の入札価格は8編成で233億台湾ドル(869億円)、つまり1編成当たり29億台湾ドル(108億5000万円)としている。

    高鉄は現在使われている700T(東海道山陽新幹線700系の台湾仕様。Tは台湾のT)を2012年に4編成を追加購入しているが、この時の1編成価格45億9000万円の倍以上に相当する。しかし、今回新規購入をするのは700Tではなく、700Tの後継車両。日本メーカーが製造するとしたら、最新の東海道新幹線N700Sを台湾向け仕様に改める可能性が高い。高鉄関係者は怒気を隠さずにまくしたてる。

    「N700Sは日本では1編成16億台湾ドル(約60億円)と聞いている。それが台湾向けになるとなんでこんなに跳ね上がるんだ!」

    高鉄は日本企業連合に抜き差しならぬ不信感を抱いている。高鉄の開業は2007年。これまで12両編成34本の700Tを購入している。しかし、700Tの原型となった700系は2020年に東海道新幹線から退役。これに伴って700T用のパーツも製造停止となり、高鉄は新型車両の購入を模索しなければならなくなった。
    全文
    https://toyokeizai.net/articles/-/406785?display=b


    【日本の新幹線輸出唯一の成功例である「台湾新幹線」日本製は価格が高すぎて交渉打ち切り 日本企業連合に不信感も】の続きを読む


    (出典 rail.hobidas.com)


    観光名所になりそう。

     車窓いっぱいに広がるブルーの景色。2020年5月、台湾に車窓がとてもきれいな新路線が開通しました。

    【画像】動画1時間48分ごろからの絶景

     動画を投稿したのは台湾の鉄道系YouTubeチャンネル、臺灣交通鐵道影像。台湾をぐるりと1周する台湾鉄道管理局(台鉄)の環状鉄道のうち、東海岸に沿って走る「南廻線(なんかいせん)」の新左営(しんさえい・シンズゥオイン)駅から台東(たいとう・タイトン)駅まで「まるごと2時間22分の前面展望」を楽しめます。

     動画の1時間48分ごろから、海と空がパァァと広がる海沿いの高架線エリアに入ります。ここが2020年5月に使用を開始した新しい区間。これまでと一変してきれいにコンクリート整備されています。旧線はほぼトンネル内を通過していましたが、電化工事が困難だったことから海沿いの高架線路に切り替わりました。

     景色とともに架線柱にも注目です。「車窓がきれいに見える」ように意図して電化用の架線柱を山側に設置したのだそうです。

     およそ2.7キロの新線区間が終わると小さな駅を通過します。ここは「多良(たりょう・トゥオリャン)駅」。利用率の低さから一時は廃止となったものの、ファンから「台湾でもっとも美しい駅」などと評される景色の良さから観光列車の見学専用駅として復活しました。

     南廻線には「普快車(ふかいしゃ)」というレトロな客車列車もあり、こちらも人気があります。

     走行音アナウンスを聞きながらぼーっと動画を眺めているだけで少し旅した気分になれてしまいますが、やっぱり絶景は実際に見てナンボです。次に台湾へ行くならば、ぜひ旅行計画に加えておきたくなるスポットですね。

    2020年5月にできた台鉄・南廻線、海岸沿いの新区間


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【動画】「行きたくなる」「見続けちゃうやつ」 台湾・南廻線にできた「車窓が超きれいな新区間」の動画がすごい】の続きを読む

    このページのトップヘ