ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ:鉄道 > 模型


    富士見丘学園 鉄道模型で日本一 女子の感性、ジオラマに | 旭区 | タウンニュース - タウンニュース
    横浜富士見丘学園中等教育学校=中沢=の地理研究部が、全国高等学校鉄道模型コンテストのモジュール部門で最優秀賞に輝いた。桜の香りをつけるなど女子高生 ...
    (出典:タウンニュース)


    鉄道模型コンテスト(てつどうもけいコンテスト)は、鉄道模型のレイアウトや車両などの製作を競うコンテストである。略称は鉄コン鉄道模型の振興と発展のため、文部科学省が後援して毎年8月に東京ビッグサイトで開催される。高校生モジュール部門は高校生を対象とした競技の「甲子園」ともいえ、全国
    4キロバイト (483 語) - 2019年5月23日 (木) 22:26



    (出典 sakatsu.jp)


    このニュースはうれしいです。女性が入賞したのはいいですね。
    鉄道の世界は男ばかりではないです。女子鉄がどんどん増えてほしいです。

    1 ガーディス ★ :2019/08/26(月) 10:51:23.29 ID:0eW1zR5U9.net

    2019年8月22日号
     横浜富士見丘学園中学校・高等学校の地理研究部が、7月27日と28日に開催された中高生が参加する「第11回全国高等学校鉄道模型コンテスト」に出場し、2部門で全国3位と特別賞などを複数受賞。ファンタジーな世界を表現した独自の作風が高く評価された。

     同コンテストは東京ビッグサイトの青梅展示棟で開催され、全国から約140校が参加。同校は規定の大きさでジオラマ力を競う「モジュール部門」で高校生による作品「夜のINARI」=写真上=が審査員特別賞(ベストファンタジー賞)と、ベストプレゼンテーション賞の2つを受賞。一畳レイアウト部門では中学生が制作した「夏の三段滝」=同下=が全国3位にあたる加藤裕治賞を受賞した。

     高校生6人が制作した「夜のINARI」は、副部長の斎藤彩花さん(2年)が京都観光で訪れた伏見稲荷大社から着想を得たもの。「神社の夜景がきれいで、作ってみたいと思った」と斎藤さん。部員たちの賛同も得て、2年生に進級してすぐに制作を開始した。

     幻想的な雰囲気を表現するため、周囲の景色はオリジナルで作った。こだわりは千本鳥居をイメージして爪楊枝で作った100基の鳥居。神社を囲む海はランタンがぼんやりと浮かぶ様子を表すため、リアリスティックウォーターを幾層にも重ねて作り出した。

     斎藤さんと部長の遠藤愛理(めり)さん(2年)、能登有澄(ありす)さん(同)の3人は「来場者からは色合いも褒められた。受賞できてうれしい」と笑顔で喜びを語っていた。

    滝の勢いに工夫

     中学生4人が制作した「夏の三段滝」は、福島県にある三段滝がモデル。3年生の峯村千夏(ちなつ)さんは「部員から難しいという声もあったけれど、勢いのある三段滝を表現したかった」と振り返る。滝は水槽用のろ過フィルターで実験を重ね、勢いよく流れる様子を作り出した。周囲の岩は石膏で手作りしたもの。強豪校を抑え、全国3位を受賞したことに峯村さんは「良い賞がもらえて満足。来年も頑張りたい」と語った。

     毎年全国上位の成績を収める同部は、現在13人の部員が活動に励む。顧問の中山憲一教諭は「鉄道模型が中心のコンテストでファンタジーな作風が際立ち、ファンも多い」と明*。部員たちは「作り出すと夢中になれる。海外の風景もいずれは作品にしてみたい」と笑顔で話していた。受賞作品は、同校で開催される文化祭の地理研究部のコーナーで展示されるという。

    夜のINARI

    (出典 www.townnews.co.jp)

    夏の三段滝

    (出典 www.townnews.co.jp)

    https://www.townnews.co.jp/0105/2019/08/22/494144.html


    【富士見丘学園地理研究部の女子高生らが全国高等学校鉄道模型コンテストで上位入賞 作品名「夜のINARI」】の続きを読む


    ハローキティ新幹線にNゲージダイキャストモデルが新登場!


    「ハローキティ新幹線 Nゲージダイキャストスケールモデル」発売。JR西日本公認 - トラベル Watch
    ヘソプロダクションは、JR西日本(西日本旅客鉄道)が2018年6月30日から新大阪駅~博多駅間の山陽新幹線で運行している500系新幹線「ハローキティ新幹線」
    (出典:トラベル Watch)


    2018年3月16日閲覧。  ^ “JR西日本×サンリオ,2018年夏から「ハローキティ新幹線」を運転”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2018年3月14日). 2018年3月16日閲覧。 ^ “「ハローキティ新幹線」今夏登場 500系を「おしゃれにかわいく」飾りつけ JR西日本”. 乗りものニュース
    103キロバイト (14,809 語) - 2019年7月16日 (火) 09:52



    (出典 www.tomytec.co.jp)


    Nゲージにも登場しました。女子鉄が喜ぶそうです。あと、ハローキティファンも取り込んでほしいです。

    株式会社ヘソプロダクション大阪市福島区)は、JR西日本が運行する「ハローキティ新幹線」のNゲージダイキャストケールモデルを8月上旬に発売する。

    ハローキティ新幹線を細部まで表現

    ハローキティ新幹線は、2018年6月30日から大阪・新大阪〜福岡・博多間で運行を開始している新幹線で、サンリオの人気キャラクターハローキティ」とJR西日本の「500系新幹線」のコラボレーション企画。

    キャラクターがあしらわれた車両以外にも、スタンプラリーイベントカフェなど様々なコラボレーション企画が展開されている。

    ハローキティ新幹線公式HP:https://www.jr-hellokittyshinkansen.jp/

    今回発売する同商品は、ハローキティ新幹線を細部まで再現した鉄道模型だ。

    車両には、地域を「つなぐ」「結ぶ」という思いが詰まったリボンモチーフがあしらわれている。

    ハローキティ新幹線の特徴であるピンクリボンは勿論、細かなキティイラストも再現した。

    価格は2,500円(税抜)で、8月上旬に発売予定。全国の駅構内店舗、鉄道博物館、鉄道グッズ取り扱い店舗、バラエティショップなどで購入できる。

    ハローキティ新幹線にNゲージダイキャストモデルが新登場!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ハローキティ新幹線にNゲージダイキャストモデルが新登場!】の続きを読む


    「京急120年の歩み号」がプラレールに


    「京急120年の歩み号」がプラレールに! 歴代デザインのラッピング列車を再現 「京急120年の歩み号」がプラレールに! 歴代デザインのラッピング列車を再現
    京急ステーションコマースは2019年1月30日(水)、鉄道玩具「プラレール」の「京急120年の歩み号」を発売すると発表しました。 実際の「京急120年の歩み号」は、1500形電車の1521編成(4両…
    (出典:経済総合(乗りものニュース))



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    京急ステーションコマースは2019年1月30日(水)、鉄道玩具「プラレール」の「京急120年の歩み号」を発売すると発表しました。

    【「京急120年の歩み号」がプラレールに】の続きを読む


    昭和・平成を走り抜けて60周年


    プラレール、昭和・平成を走り抜けて60周年 レール総距離は地球約2周半 プラレール、昭和・平成を走り抜けて60周年 レール総距離は地球約2周半
    タカラトミーから発売されている鉄道玩具「プラレール」が、今年60周年を迎える。「プラレール」の原型は、金属の玩具が主流であった1959年に、当時の最新素材であったプラスチックの玩具として発売された「…
    (出典:エンタメ総合(オリコン))


    プラレール(英語:Pla-rail)は、タカラトミーが発売・販売している鉄道玩具である。姉妹品に、自動車玩具のトミカ、小型版プラレールのカプセルプラレール(発売はタカラトミーアーツ)がある。 「青いプラスチック製のレールの上を、単2乾電池または単3乾電池1本で走る3両編成の列車」が製品の基本構成で
    112キロバイト (14,524 語) - 2019年1月18日 (金) 05:46



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    昔からプラレールはあるんですね。私も子供のころ持ってました。

    【昭和・平成を走り抜けて60周年】の続きを読む


    新春恒例!鉄道模型で“走り初め”
    新春恒例!鉄道模型で“走り初め”
    …札幌のホテルでは恒例の鉄道イベントが開かれ、子どもたちが持ち寄った模型で「走り初め」を楽しんでいます。このイベントは札幌の「京王プラザホテル」が毎年、…
    (出典:北海道(HBCニュース))


    札幌で恒例の鉄道模型のイベントが行われました。

    【鉄道模型で走り始め】の続きを読む

    このページのトップヘ