ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ:鉄道 > 新幹線



    (出典 media-assets.aumo.jp)



    ニッポン列島の大動脈を担う、東海道新幹線山陽新幹線

    東京~名古屋~大阪~岡山~広島~福岡 という大都市圏を結ぶ新幹線(鉄道)と航空の区間別シェアを1分でチェック

    ◆東京圏~名古屋圏新幹線100%(1日8万1000人)

    ◆東京圏~大阪圏=新幹線85% 航空15%(1日15万人)

    ◆東京圏~岡山=新幹線70% 航空30%(1日9000人)

    ◆東京圏~広島=新幹線68% 航空32%(1日1万6000人)

    ◆東京圏~福岡=新幹線10% 航空90%(1日3万人)

    東京圏は、東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城の1都4県、名古屋圏は、愛知・岐阜・三重の3県、大阪圏は、大阪・京都・兵庫・奈良の2府2県。数字は国土交通省データをもとにJR東海が算出。

    新幹線 最新記事>
    https://tetsudo-ch.com/tag/shinkansen



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【東海道 山陽新幹線 VS 航空路線 1分でわかる 東京~福岡 区間別シェア】の続きを読む


    新尾道駅(しんおのみちえき)は、広島県尾道市栗原町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽新幹線のである。 尾道市や近隣自治体(既に新幹線のがある福山市・三原市を除く)・地元尾道市民有志、さらに山陰から四国まで尾道市を中心として縦に連なる自治体の寄付金などで、工事費62億円を全額負担する形で設置された請願駅である。
    16キロバイト (1,400 語) - 2020年4月25日 (土) 16:09



    (出典 nomad-saving.com)



    2011年新尾道駅新幹線ホームにあった列車編成案内表。

    いちばん上のN700系は、いつもみる自由席・指定席の配置が違う……のぞみの配置を見なれてるせいか。

    16両編成のN700系で1~5号車が自由席は、ひかりのぞみ は全列車が新尾道駅を通過する。現在は、ひかり も上りが朝2本、下りが夜1本しかとまらない。

    2011年は、現在よりもにぎやかだった。この案内には7種類の編成表が描かれている。

    いちばん上(1)がN700系ひかり。その次(2)が300系こだま300系こだま はこの時期、岡山~博多に上下各1本あった。

    8両編成は4種類。N700系の絵(3)は、新大阪以西で走るN700系ひかり。当時あったN700系8両編成版ひかり定期運用。

    次の700系の絵(4)(5)は、運転室窓まわりがブラック塗りってことで、700系7000番台ひかりレールスター用の編成。

    1~3号車が自由席の(4)は、ひかりレールスター。8号車のみ指定席は 700系こだま

    そして500系こだま(6)。500系700系も、N700Sなどが世に出てくるころは、この案内表から消えているか。

    そして最後(7)。2011年はまだ走ってた、100系6両編成! K編成といわれた6両版で、この案内標識にはないけど、100系には4両編成版のP編成が存在した。

    しかも、定期運用を離脱した100系4両P編成は、この新尾道から277km先の小さなヤードでちょこっと動く姿があった!

    団地のなかで眠る新幹線0系の行方
    https://tetsudo-ch.com/10297882.html
    リニア中央新幹線ルーツが宮崎に!
    https://tetsudo-ch.com/10306634.html
    山陽新幹線 500系 V編成 時刻表
    https://tetsudo-ch.com/10322402.html
    山陽新幹線 700系 E編成 時刻表
    https://tetsudo-ch.com/10326329.html
    新幹線100系 2階建て中間車があの基地に!
    https://tetsudo-ch.com/10332963.html

    新幹線特集記事
    https://tetsudo-ch.com/tag/shinkansen



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【新幹線100系300系が走ってた新尾道駅2011、案内に描かれた7編成】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)


    場合によれば、キティちゃんにも乗れる。

    毎日、こんなゆったりシートで通勤通学やお出かけする人たちがいるって、知ってる

    しかも車両は新幹線。そのなかでも絶滅危惧種東海道新幹線ではもう走っていない、500系700系とか。

    こんな新幹線の歴代名車にまいいち乗って通勤通学、お出かけできる人たちがうらやましい。

    場所は福岡・博多から8km南、那珂川市や春日市にまたがるエリア

    ここに新幹線の一大車両基地、博多総合車両所がある。

    この博多総合車両所と、山陽新幹線九州新幹線の境界駅 博多を結ぶ回送線を旅客化した路線。それが博多南線 8.5km。

    新幹線車両基地 博多総合車両所博多駅の間を行き来する回送列車に、客を乗せて営業運転させるという発想から実現。

    博多南線は、この車両基地に出入りするすべての車両に乗れるわけじゃない。

    博多総合車両所脇に設置した博多南駅ホームの長さが8両編成ぶんしかないということで、博多南線 博多~博多南の間は、8両編成の新幹線車両 500系V編成 700系E編成(ひかりレールスターN700系(九州直通用)が担当する。

    博多南線 博多~博多南 8.5kmの所要時間は8~10分ほど。運賃は200円、これに自由席特急券(特定特急料金)100円が加わって、片道300円!

    ちょっとめんどうな感じなのは、交通系ICカードが使えないこと。ピッてやって改札を出入りできない。乗るたびにきっぷを買わなければならない。すべてが特急列車だから青春18きっぷでは乗れない。

    博多南線は、車両や乗務員、運行管理などが新幹線の扱いだけど、届け出としては在来線。だから時刻表の最初にある路線地図も、博多南線在来線と同じ黒の実線で描かれてる。

    しかも、九州にある在来線だからJR九州の運営かと思うけど、博多南線JR西日本の路線。

    乗るたびにきっぷを買うのはめんどうだけど、新幹線車両、しかも2列+2列の座席がある700系E編成や500系V編成に片道300で乗って博多へお出かけできる10分は、うらやましい。
     

    山陽新幹線 500系 V編成
    2020年3月ダイヤ改正時刻表
    https://tetsudo-ch.com/10322402.html
     
    山陽新幹線 700系 E編成
    2020年3月ダイヤ改正 時刻表
    https://tetsudo-ch.com/10326329.html



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【新幹線 500系や700系に300円で乗ってまいにち通勤通学お出かけする人たちがうらやましい件】の続きを読む



    (出典 raillab.jp)


    もう一つトンネルを作る方法もありますが。

    新幹線電車と在来線貨物列車が共用する、青函共用区間の貨物列車走行調査費は今年度(2020年度)事業費1億7800万円、国費1億7800万円。

    新型コロナウイルス感染拡大前に決まった額。

    安全性を確保しながら新幹線電車を安定して高速走行させる具体策などについて調査する。

    また、一部の新幹線電車を高速化し、貨物列車の運行を止める時間帯区分方式の段階的拡大にむけた調査・開発や、青函共用走行区間の貨物列車のあり方などについての調査などを行っていく。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    【新幹線 在来線 青函共用区間「時間帯区分方式」などの調査費に国費1億7800万円】の続きを読む



    (出典 dol.ismcdn.jp)


    前倒しもいいけど、在来線の問題も取り組んでほしい。

    整備新幹線の今年度(2020年度)予算は、新型コロナウイルス感染拡大前に決まった額で803億7200万円。国土交通省 鉄道局関係全予算の約7割。事業費は4430億円。

    2015年の政府与党申し合わせの完成・開業目標時期をめざし整備をすすめる。

    北海道新幹線 新函館北斗~札幌 212kmは、当初計画を5年前倒しし、2030(令和12)年度末の完成・開業をめざす。

    北陸新幹線 金沢~福井~敦賀 113kmは、当初計画を3年前倒しし、2022(令和4)年度末の完成・開業をめざす。

    九州新幹線 武雄温泉~長崎 66kmは、当初の2022(令和4)年度末の完成・開業予定から可能な限り前倒しする。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    【整備新幹線 2020年度予算は803億円、札幌 敦賀 延伸開業や長崎部分開業を前倒しめざす】の続きを読む

    このページのトップヘ