ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ:鉄道 > 鉄道の雑談



    (出典 machi-log.net)


    感覚が違うのかな?

    1 豆次郎 ★ :2019/10/01(火) 07:27:15.47

    2019年9月30日 20時0分
    「ほんと東京の満員電車の混み具合はヤバい。毎日これが続くのは辛いなぁ」

    そんな文章とともにあるツイッターユーザーが投稿した写真が、話題を呼んでいる。都内の中心部を走る山手線の写真だが、注目すべきはその乗客数だ。


    (出典 image.news.livedoor.com)

    このくらいだと、ガラガラ?(画像はA.Hosaka@akit723さん提供、一部加工)

    投稿主であるA.Hosaka(@akit723)さんはこの様子を「満員電車」と表現。すると多くのユーザーから、

    「その電車、ガラガラですよ!」
    「これは結構空いてる方で、ピーク時には車内にギリギリまで詰め込まれた人達がおしくらまんじゅうをしているような状態です」
    「座れないけど、床が見えるし、立っている人々にすき間あるので、めちゃくちゃ空いている方ですよ!」
    「スカスカやんww東西線、埼京線は人に押されて宙に浮きますよw」

    といった指摘が相次いでいる。

    人が入るスペースはありそうだが、多くの人がつり革につかまり、座席は空いていない様子。ツイッターでは満員とガラガラ、まったく別の状況に捉えられているようだが、みなさんはどう思うだろうか。

    「これで空いてるって東京は怖いわw」

    A.Hosakaさんは札幌在住の30代男性。名古屋、大阪、東京などいろいろな地域を転々としてきた。山手線の写真は出張で東京に来た際、平日の19時に東京駅で撮ったものだ。

    A.Hosakaさんに改めて聞くと、この山手線の車内は「混んでいた」という印象。のちのリプライを見ると、札幌の電車も混む時間帯はあるが、出張の間この状態が常に続いていたことが今回のツイートに繋がった様子だ。

    札幌の市電や地下鉄東西線の「満員」は、これより少し混んでいる状態ではないかという。

    投稿には「ガラガラ」「空いている」との声が多く寄せられた一方、

    「私も写真のぐらいに乗ると混んでるなぁとは思いますね。座れて初めて空いてるな~とは思います」
    「これで空いてるって東京は怖いわw」

    とのコメントも寄せられ、A.Hosakaさんと同じような感想を持つ人も見受けられた。

    A.Hosakaさんは「空いている」とのコメントが相次いだことに対し、「『ほんとですか?』と驚きました」としている。

    筆者は上京して3年目だが、この状態は「ちょい混み」くらいではないかと思う。通勤で使っているのが都営三田線でJRほど混んでいないうえ、地元で電車通学はしていたが息苦しさを感じるほどの混雑は体験したことがなかったのだ。

    さらにJRユーザーの編集部員2人に聞いてみると、この状態は「普通」。ガラガラとまではいかないが「混雑している」とは捉えられないようだ。

    あなたはこの写真を見て、どう思いましたか?

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17161901/


    【【満員電車】北海道民「ほんと東京の満員電車の混み具合はヤバい・・・」(画像あり)→→東京都民「その電車、ガラガラですよ!」】の続きを読む



    (出典 up.gc-img.net)


    混雑率の解消はまだ先ですね。

    1 豆次郎 ★ :2019/09/30(月) 22:56:08.39 ID:dX6k2YdL9.net

    今年も最悪はあの路線..... 日本の通勤路線、混雑ワースト10

    国土交通省が発表した最新版の全国通勤電車混雑ランキングです。
    2019/09/30 7:43:19 GMT
    国土交通省の電車混雑ランキング

    わたしたちが通勤や通学で毎朝乗っている路線は、日本で何番目に混んでいるのでしょうか。国土交通省がまとめている列車混雑率調査の最新版(2018年度版)から、ワースト10をご紹介します。

    9位(同率) JR中央線快速


    時事通信
    区間:中野→新宿
    混雑率:182%(前年度比-2ポイント)
    混雑率はやや改善しました。
    三鷹駅よりも都心寄りに向かう場合、総武線直通の各駅停車に乗る手もあります。
    各駅停車だと、最も混んでいる代々木→千駄ヶ谷間でも混雑率は95%まで緩和します。
    広告

    9位(同率) 東急田園都市線


    時事通信
    区間:池尻大橋→渋谷
    混雑率:182%(-3ポイント)
    東急田園都市線は同率9位。例年、8-9位に留まり続けています。
    8位 JR埼京線

    区間:板橋→池袋
    混雑率:183%(-2ポイント)
    7位 JR南武線


    区間:武蔵中原→武蔵小杉
    混雑率:184%(-5ポイント)
    タワマンの集まる武蔵小杉を通る南武線。混雑状況はわずかに改善し、順位も4位から7位に。しかし、180%を超えた混雑率では、5ポイントの変化を車内で感じることはほとんどできないかもしれません。
    6位 JR京浜東北線

    時事通信
    区間:大井町→品川
    混雑率:185%(-1ポイント)
    広告

    5位 日暮里・舎人ライナー

    時事通信
    区間:赤土小学校前→西日暮里
    混雑率:187%(+2ポイント)
    新交通システムの日暮里・舎人ライナーが5位に。前回調査と比べ、混雑率は悪化しています。
    5両編成と短いうえ車両も小さいため、乗客数の割に混んでいますが、設備的な制約があり、早急な抜本的改善は難しい状況です。
    4位 JR東海道線


    区間:川崎→品川
    混雑率:191%(+4ポイント)
    東海道線は今回、4ポイント悪化し、4位に。その前年も3ポイント悪化していました。
    3位 JR総武線各駅停車


    区間:錦糸町→両国
    混雑率:196%(-1ポイント)
    3位は総武線各駅停車。三鷹から都心方面へは比較的空いているのですが、千葉方面からは厳しい状況が続いています。
    2位 JR横須賀線

    時事通信
    区間:武蔵小杉→西大井
    混雑率:197%(+1ポイント)
    逗子、鎌倉方面からだけでなく、武蔵小杉から品川、東京方面への乗り換え客も集める横須賀線が2位に上昇。混雑率も悪化しました。
    焦点となるのは、タワマンなどの集中で乗客の増加が続く武蔵小杉駅周辺の混雑緩和です。
    この路線では2019年11月30日から、相鉄線からJR新宿駅方面への直通運転が始まります。
    これにより、横須賀線の混雑率に変化が出るのかどうかが注目点です。
    また、JR東日本と川崎市は2018年、武蔵小杉駅で横須賀線のホーム増設と、歩行者の分散を図るための新改札口の設置を行うことを発表しています。
    現在1本のホームで上下線をさばいている横須賀線に下り専用ホームを2023年度を目標に増設し、今のホームは上り列車専用となって、乗客が分散される予定です。
    広告

    1位 東京メトロ東西線

    区間:木場→門前仲町
    混雑率:199%
    日本で最も混んでいる路線は、今回も地下鉄東西線でした。混雑率も横ばいのままです。
    東京メトロは混雑率を180%以下にすることを目標に、南砂駅でのホーム増設や、飯田橋ー九段下駅間の折り返し施設の整備などを行っています。
    しかし、中期経営計画によると、その完成予定は南砂駅で2027年度、飯田橋ー九段下間は2025年度の予定で、当面は今の混雑が続きそうです。
    首都圏以外は?

    ワースト10は全て首都圏でした。

    主要都市圏の混雑路線は以下の通りです。
    続きはこちらで↓
    https://www.buzzfeed.com/amphtml/yoshihirokando/konzatsu2018-19

    混雑の定義

    (出典 img.buzzfeed.com)


    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1569830972/


    【【電車】あなたが乗っている電車は日本で何番目に混雑しているのか! 日本の通勤路線、混雑ワースト10】の続きを読む


    車両を手押し「豆相人車鉄道」再現


    熱海鉄道 (豆相人車鉄道からのリダイレクト)
    熱海鉄道(あたみてつどう)とは、現在の東海道本線が開業する前、小田原と熱海の間を結んでいた軽便鉄道線である。 ここでは、その前身となる人車軌道の豆相人車鉄道(ずそうじんしゃてつどう)についても記述する。 熱海は古くから温泉の町として知られていたが、この辺りは地形が険しく、東海道本線も当初は熱海を通ら
    15キロバイト (2,023 語) - 2018年2月10日 (土) 17:03



    明治期に小田原-熱海間を結び、人が手押しで動かした「豆相(ずそう)人車鉄道」の車両がこのほど、神奈川県小田原市内に住む男性の手で再現された。地元産の木材などで作られた車両は地元の職人技が随所に光り、「たくさんの人に乗ってもらい、小田原の新たな名所になれば」との願いが込められている。

    【車両を手押し「豆相人車鉄道」再現】の続きを読む


    阪鶴鉄道の歴史


    明かされる阪鶴鉄道の歴史 「火の粉で家燃える」反対運動で路線変更も 50年前には脱線事故/兵庫・丹波市 明かされる阪鶴鉄道の歴史 「火の粉で家燃える」反対運動で路線変更も 50年前には脱線事故/兵庫・丹波市
    1904(明治37)年に開通した大阪と京都府北部の舞鶴を結ぶ阪鶴(はんかく)鉄道の歴史に関する講演会が1月26日、兵庫県丹波市市島町で開かれた。鉄道OBの井上英道さん(77)=同町=らが様々な資料や…
    (出典:兵庫(丹波新聞))


    阪鶴鉄道(はんかくてつどう)は、大阪から福知山を経て舞鶴を結んでいた鉄道路線、およびその路線を運行していた鉄道会社である。 尼ヶ崎(のちの尼崎港)-池田(現在の川西池田)間で営業していた摂津鉄道に出資していた小西業茂(小西新右衛門)らが大阪財界人と結んで、軍港を擁し日本海側の主要都市の一つであった舞
    25キロバイト (3,315 語) - 2018年10月5日 (金) 09:17



    (出典 upload.wikimedia.org)


    1904(明治37)年に開通した大阪と京都府北部の舞鶴を結ぶ阪鶴(はんかく)鉄道の歴史に関する講演会が1月26日、兵庫県丹波市市島町で開かれた。

    【阪鶴鉄道の歴史】の続きを読む

    このページのトップヘ