ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ:鉄道 > 廃線



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    中にはもったいないところもあります。旅客化して走らせれば、クロになったところもあると思います。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/23(土) 07:48:05 ID:sWwD8TD49.net

    鉄道廃線跡を利用した遊歩道やモニュメントは全国いたるところに存在する。中には、人里離れて訪問するのが至難の業な場所もあるけれど、観光地や市街地にあって誰もが手軽にアクセスできるものも多い。
    今回は、そうした中から気軽に楽しめる場所をリストアップしてみた。

    北海道の鉄道は過疎化が進んだこともあって廃線となった路線は数多い。それらをしのんで記念館やモニュメントを建てたり、廃線跡を活用した取り組みも目につく。そんな中で、まず取り上げたいのは観光で盛り上がる小樽市内にある旧手宮線跡地だ。

    ■北海道有数の観光地にある

    1)小樽旧手宮線跡地
    国鉄手宮線は北海道最初の鉄道である幌内―札幌―小樽市内にある手宮を結んでいた路線の一部として函館本線南小樽駅から手宮まで延びていた。

    旅客輸送は並行する函館本線に客を奪われ、貨物輸送もトラックに移行したため、使命を全うして廃止された。しかし、小樽市内の寿司屋通りから中央通りを経て手宮駅にいたる区間は、線路がほぼ残されたうえ、プロムナードとして整備された。

    とくに小樽駅前から小樽運河に至る中央通りとの踏切跡付近は多くの観光客でごった返し、人気観光スポットと化している。

    旧手宮駅は小樽市総合博物館となり、北海道ゆかりの名車両が多数保存展示されるとともに、アメリカ製のSLアイアンホース号が現役で走行しているので訪れる人も多い。

    2)JR稚内駅から北防波堤に至る廃線跡
    日本最北端の稚内駅。現在の駅は2011年に開業し、旧駅舎よりやや南に移転した。そこで、旧駅にあった最北端の線路の行き止まりの車止めは、復元のうえ、モニュメントとして駅前広場に展示中だ。

    その先、かつてのサハリンへの連絡船(稚泊航路)の船着場だった北防波堤まで延びていた線路は、その一部がモニュメントとして道路に埋め込まれている。

    北防波堤に沿って敷いてあった線路は跡形もないけれど、宗谷本線で活躍した蒸気機関車C55形の動輪が一対記念碑として置いてある。稚内駅からは徒歩圏内なので容易に散策できる。夏場でも、夕方は強風にあおられると寒いので要注意だ。 

    ■ハイキングに最適

    3)碓氷峠信越本線廃線跡(アプトの道) その急勾配ゆえに難所だった碓氷峠。北陸新幹線開業と引き換えに、信越本線横川~軽井沢間は廃止となってしまった。

    廃止区間は1963年までアプト式だった旧線と粘着式の電気機関車EF63形重連のプッシュorプルによって運行されていた新線があるけれど、それらをうまく組み合わせた遊歩道「アプトの道」が整備されハイキングコースとして人気を博している。

    旧丸山変電所やめがね橋(碓氷第3橋梁)といった名スポットや天然温泉「峠の湯」、野外ミュージアム「碓氷鉄道文化むら」もあるので1日楽しめる。ぶんかむら駅ととうげのゆ駅間には3~11月の週末限定(8月は毎日)でトロッコ列車「シェルパくん」も運転される。



    (出典 upload.wikimedia.org)


    (出典 stat.ameba.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 rail.hobidas.com)


    (出典 hamarepo.com)


    (出典 dot.asahi.com)


    (出典 tks-departure.sakura.ne.jp)


    (出典 tech.nikkeibp.co.jp)


    (出典 tetsudou-guruguru.up.seesaa.net)


    (出典 upload.wikimedia.org)



    (出典 Youtube)

    国鉄相模線西寒川支線


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191123-00313922-toyo-bus_all
    11/23(土) 5:00配信


    【【鉄道】もう列車が走らず残念!街中に眠る廃線跡10選】の続きを読む


    JTBグループで、テーマあるゆとり旅をコンセプトとした旅行商品を企画・販売する株式会社朝日旅行(本社:東京都港区、代表取締役社長:石森 隆)は、「ひとりを楽しむ」をコンセプトとしたWEBメディア「DANRO」とコラボレーションし、トンネル探究家の花田欣也氏と行く「トンネル探検隊がゆく!」シリーズ第3弾「旧北陸本線廃線跡に残る歴史的トンネル群 旧賎ヶ岳トンネルから旧柳ケ瀬線と難所・山中越えに残る明治の近代化遺産を巡る」を8月16日(金)に発売します。
    トンネル探検隊がゆく!」シリーズインフラでもあり産業遺産でもある「トンネル」そのものを観察対象にしたユニークツアーです。「トンネル」が作られた目的や歴史を考察し、材質や構造などからその時代背景まで読み解きます。ツアーのガイド役を務めるのは、『旅するトンネル』(本の研究社刊)の著者でトンネル探究家の花田欣也氏です。

    第1弾では、明治・大正・昭和・平成と4つの時代のトンネルがそろう静岡県宇津ノ谷を中心とした静岡の産業遺産を巡り、第2弾では、琵琶湖の絶景が広がる旧賎ヶ岳(きゅうしずがたけ)トンネルと現役最古の小刀根(ことね)トンネルを巡りました。いずれツアーも男女を問わず幅広い世代のお客様に全国より多数ご参加いただき、好評を博しました。

    曲谷トンネル(イメージ)
    第3弾は、10月12日(土)と11月9日(土)に新大阪・米原を出発する日帰り旅行として企画・実施します。福井県敦賀市滋賀県長浜市と連携・協力し、旧北陸本線の廃線跡に残る貴重な明治の産業遺産と鉄道の遺構を巡ります。昭和37年1962年)の北陸トンネル開通により廃線となった敦賀~今庄(いまじょう)間の旧線跡には11ものトンネルスイッチバックや駅跡などの遺構が残り、当時の面影を今に伝えています。敦賀市・長浜市に福井県南越前町を加えた地元自治体では、これらの貴重な遺産を保護・保存するだけでなく、現役の道路として利用し、「旧北陸線トンネルトンネルカード」を配布するなど観光素材としても活用、情報発信を行っています。歴史がつくり上げた貴重な遺産を専門家と共に巡ることで、その意義と価値の理解を深めながらお楽しみいただけます。

    政府の「観光ビジョン実現プログラム2019」には、地域振興に資する観光を通じたインフラの活用や、歴史や伝統に溢れる公的施設の公開・開放が盛り込まれています。また、国土交通省インフラツーリズムポータルサイトを開設し、全国のインフラ施設の見学会やツアーなどを紹介しています。

    JTBグループは、地域固有の観光資源としてインフラを活用するインフラツーリズムを推進し、地域創生に貢献してまいります。

    商品概要
    ツアーポイント
    トンネルの構造や成り立ち、歴史的背景を考察するなど、トンネルを観察対象にした極めてユニークツアーです。
    トンネル探究家の詳しい解説で楽しく学べる野外講座です。
    ・旧北陸本線の廃線跡に残る貴重なトンネル群をバスと徒歩で効率よく訪ねます。
    ・ハイキング程度の軽装で歩けます。

    コースの詳細
    出発日 :10月12日(土)・11月9日(土)【いずれも日帰り・昼食付き・貸切バス(中型)利用】
    旅行代金:JR新大阪駅集合 おひとり様 19,500円
         JR米原駅集合   おひとり様 16,000円 (大人・子供同額、いずれも税込)
    行程:JR新大阪駅(8:00頃)→JR米原駅10:15頃)→北陸道→旧賤ヶ岳トンネル→柳ヶ瀬トンネル(車窓)→
       敦賀鉄道資料館→旧北陸本線廃線跡~今庄・山中越えルートに残る11のトンネル群~→
       JR米原駅(18:10頃着)→JR大阪駅周辺(20:30頃着)
       ※道路状況によっては、トンネルが通行できない場合もあります。
    最少催行人員:各日16名(各日定員25名)
    添乗員:同行します
    申し込み先:朝日旅行ホームページ
          URL https://www2.asahiryoko.com/djweb/TourDetail.aspx?tc=J18267190000
          朝日旅行大阪TEL:06-6345-1613/東京TEL:03-6858-9811
    トンネル探究家 花田欣也(はなだ きんや)氏 愛称「ハナキンさん」
    トンネル探究家・ジオラマ製作者。1961年生まれ。東京都出身。旅行会社に勤務し、マレーシア、沖縄などで駐在経験を積む一方、ライフワークとして鉄道趣味を一貫して続ける。
    1995年、当時のJR全線を踏破。ジオラマ制作でも鉄道模型専門誌でのコンペ受賞をはじめ、作品を専門誌で多数紹介される。一方、トンネル歩きで全国各地を訪れ、その魅力に魅了される。
    2017年には全国各地のトンネル訪問記「旅するトンネル」(本の研究社刊)を出版。
    講演・シンポジウムや多くのメディアに出演するなど、貴重な産業遺産・トンネルの魅力発信に努めている。

    <お客様からのお問合せ先>
    朝日旅行大阪 TEL:06-6345-1613/東京TEL:03-6858-9811
    営業時間9:45~17:30(土・日・祝日休業)

    配信元企業:株式会社JTB

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    「トンネル探検隊がゆく!旧北陸本線廃線跡に残る歴史的トンネル群 旧賤ヶ岳トンネルから旧柳ヶ瀬線と難所・山中越えに残る明治の近代化遺産を巡る」8月16日(金)発売開始:時事ドットコム - 時事通信
    [株式会社JTB] 朝日旅行「トンネル歩き」に特化したツアー第3弾は敦賀市・長浜市と連携! JTBグループで、テーマあるゆとり旅をコンセプトとした旅行商品を企画・販売する ...
    (出典:時事通信)


    北陸本線(ほくりくほんせん)は、滋賀県米原市の米原駅から石川県金沢市の金沢駅までを結ぶ西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。 滋賀県湖北地区の米原市から北上し、北陸地方の福井県を経由して金沢市の金沢駅に至る。米原駅では東海道本線、金沢駅ではIRいしかわ鉄道に接続している。2015年3
    182キロバイト (25,511 語) - 2019年7月25日 (木) 15:12



    (出典 www.nta.co.jp)


    廃線になった旧北陸線は交通の難所と知られていたところです。廃線跡のトンネルをめぐるツアーですね。見所があります。

    <このニュースへのネットの反応>

    【「トンネル探検隊がゆく!旧北陸本線廃線跡に残る歴史的トンネル群 旧賤ヶ岳トンネルから旧柳ヶ瀬線と難所・山中越えに残る明治の近代化遺産を巡る」8月16日(金)発売開始】の続きを読む


    博多駅に直接乗り入れていた筑肥線、その名残をたどる 利用者が多くても廃止の理由 - 乗りものニュース
    福岡と佐賀を結ぶ筑肥線。福岡側の始発駅は西外れにあり、福岡市の中心部へは地下鉄に乗り入れています。最初は博多駅に直接乗り入れていましたが、ある施設の多さ ...
    (出典:乗りものニュース)


    筑肥線(ちくひせん)は、福岡県福岡市西区の姪浜駅から佐賀県唐津市の唐津駅まで、および唐津市の山本駅から佐賀県伊万里市の伊万里駅までを結ぶ九州旅客鉄道(JR九州)の鉄道路線(幹線)である。 かつては福岡(博多駅) - 伊万里間の短絡的性格を有し、唐津市街を通らないルートで直通する一本の路線だったが、
    56キロバイト (6,527 語) - 2019年6月2日 (日) 19:40



    (出典 upload.wikimedia.org)


    高架にしていれば、残っていたのかもしれません。そうであれば、快速運転(博多ー姪浜)も可能だったのかもしれません。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/03(月) 10:00:42.12 ID:6CsXB1bs9.net

    福岡と佐賀を結ぶ筑肥線。福岡側の始発駅は西外れにあり、福岡市の中心部へは地下鉄に乗り入れています。
    最初は博多駅に直接乗り入れていましたが、ある施設の多さが原因で廃止に。いまも残る鉄路の名残をたどってみました。

    地図では鉄路が途切れているが…

    JR九州の筑肥線は、福岡市から玄界灘に沿って西に進み、佐賀県の唐津方面へ延びています。
    ところが、福岡市内の始発駅は西外れの姪浜駅(福岡市西区)。
    同じJR線の駅で新幹線も乗り入れている九州最大のターミナル、博多駅には乗り入れていません。


    (出典 image.news.livedoor.com)

    筑肥線を走る電車。福岡市営地下鉄空港線に直通して博多駅に乗り入れている(2015年10月、草町義和撮影)。

    実際は筑肥線と福岡市営地下鉄空港線の列車が相互に乗り入れていて、地下鉄の博多駅から筑肥線方面に直通する列車が運転されていますが、
    地図によっては博多~姪浜間の地下鉄が描かれておらず、鉄道のネットワークが途切れているかのように見えます。

    筑肥線はかつて、博多駅に乗り入れていました。
    しかし、福岡市内を横断する博多~姪浜間は、現在の福岡市営地下鉄空港線の開業にあわせて廃止されたため、JR線のネットワークが途切れた状態になっているのです。

    2019年5月18日(土)、廃止された区間の跡地をたどってみました。
    博多駅の西側広場(博多口)から、JRの鹿児島本線や九州新幹線の線路沿いにある道路を南下。
    1.2kmほど歩いたところで、筑肥線の跡地を再整備した遊歩道(美野島緑道)が現れました。

    その幅は単線の鉄道くらいしかなく、緩やかなカーブを描きながら公園の脇を進んでいきます。
    遊歩道の終点付近が筑前簑島駅の跡地。プラットホームを模したオブジェと、駅名標のレプリカが設置されていました。


    (出典 image.news.livedoor.com)

    博多~筑前簑島間の跡地に整備された遊歩道


    (出典 image.news.livedoor.com)

    筑前箕島駅の跡地にはプロットホームを模したオブジェなどがある。


    (出典 image.news.livedoor.com)

    那珂川筑肥橋は蒸気機関車を模したデザイン。

    遊歩道が途切れた先は、「筑肥新道」という2車線の道路に生まれ変わっています。目の前に現れた橋の名も「那珂川筑肥橋」を名乗っており、ここが筑肥線の廃止区間であることを示しています。
    よく見ると、欄干の親柱は煙突のように見える丸い筒が飛び出ており、蒸気機関車を模したデザインになっていました。

    利用者数は「幹線」クラス
    民家やマンションに囲まれた筑肥新道をひたすら西へ。場所によっては自動車の渋滞も見られました。
    小笹駅の跡地を過ぎ、博多駅から5.5kmほど進んだ地点で筑肥線の跡地は筑肥新道から離れ、再び木々に覆われた遊歩道(梅光園緑道)になりました。
    週末ということもあってか遊歩道を散歩している沿道住民が多く、市民の憩いの場として活用されている様子がうかがえました。


    (出典 image.news.livedoor.com)

    小笹~鳥飼間の跡地に整備された遊歩道(2019年5月、草町義和撮影)

    http://news.livedoor.com/article/detail/16555747/
    2019年6月2日 15時0分 乗りものニュース


    (出典 home.att.ne.jp)

    h
    (出典 chinese.cocolog-nifty.com)


    (出典 smtrc.jp)


    【【鉄道】博多駅に直接乗り入れていた筑肥線、その名残をたどる 利用者が多くても廃止の理由】の続きを読む


    廃止された鉄道の「復活」


    廃止された鉄道の「復活」はどうすれば可能か 廃止された鉄道の「復活」はどうすれば可能か
    …可部―あき亀山間の復活にあたっては、この区間も直流1500Vで電化を行い、広島からの直通電車を運転できるようにした。■法的に廃線復活は可能か 可部線の…
    (出典:経済総合(東洋経済オンライン))


    廃線の鉄道高架跡地を公園にリサイクル、ニューヨーク AFP(2009年6月9日) ^ スコットランド「ウォルター・スコット特急」46年ぶり復活 AFP(2015年9月15日) 赤字83 軽便鉄道 特定地方交通 駅 廃墟 道 宮脇俊三 丸田祥三 日本の廃止鉄道路線一覧 七つの廃線跡 鉄道廃線跡の旅
    42キロバイト (6,632 語) - 2019年2月23日 (土) 03:29



    (出典 iso4z.cocolog-nifty.com)


    廃止された鉄道の復活は難しいかもしれません。廃止されて後悔しても後の祭りです。

    【廃止された鉄道の「復活」】の続きを読む


    貴重な車両で「加悦鉄道」再現列車を運行


    貴重な車両で「加悦鉄道」再現列車を運行 京都・与謝野 貴重な車両で「加悦鉄道」再現列車を運行 京都・与謝野
    大型連休恒例の「初夏の加悦鉄道まつり」(宮津海陸運輸主催)がこのほど、京都府与謝野町滝の加悦SL広場であった。同鉄道で活躍した車両の乗車会などが行わ…
    (出典:文化・アート(京都新聞))


    加悦鉄道(かやてつどう)は京都府与謝郡野田川町(現・与謝野町)の丹後山田駅(現・京都丹後鉄道宮豊線与謝野駅)から、同郡加悦町(現・与謝野町)の加悦駅までを結んでいた私鉄である。かつてはニッケル鉱石も輸送したが、地元住民が自家用車利用に変わったことやニッケル鉱石輸送の終了に伴う赤字のため、1985年
    21キロバイト (3,071 語) - 2019年3月13日 (水) 03:40



    (出典 kaimon4.kir.jp)


    さよなら加悦鉄道

    (出典 Youtube)


     大型連休恒例の「初夏の加悦鉄道まつり」(宮津海陸運輸主催)がこのほど、京都府与謝野町滝の加悦SL広場であった。同鉄道で活躍した車両の乗車会などが行われ、多くの親子連れや鉄道ファンでにぎわった。
     NPO法人「加悦鐵道(てつどう)保存会」が実際の車両を修復した「再現列車」の乗車会では約100メートルの距離を4分ほどかけて運行した。乗客たちは車窓からの眺めを写真に収めたり、手を振ったりして楽しんでいた。

    【貴重な車両で「加悦鉄道」再現列車を運行】の続きを読む

    このページのトップヘ