ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ:鉄道 > 廃線




    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    遊歩道になっている。

    埼玉県日高市のJR八高線高麗川駅からは、かつてセメントを運搬するための貨物線がありました。その廃線跡は、遺構を残したまま遊歩道になっています。

    八王子駅高崎駅を結ぶ八高線高麗川駅埼玉県日高市)からは、川越線が大宮へ向けて分岐していきます。しかし、かつてここからは、もう1本の線路が分岐していました。「日本セメント埼玉工場専用線」です。

    この専用線は1963(昭和38)年、生産したセメントを工場から運搬するための貨物線として開業しました。1999(平成11)年に廃止され、跡地は現在、遊歩道となっています。

    この廃線跡の遊歩道には、当時の遺構が各所に存在しています。高麗川駅から、線路沿いに歩いてみました。

    駅をしばらく北へ進むと、八高線川越線が分岐する地点に差し掛かります。そこにある踏切を渡ると、2つの線路の間にもう1本の線路が現れます。JRの線路からは切り離され放置されているこの線路こそが、かつての日本セメントの専用線です。

    もう少し北へ進むと、八高線から離れた場所に、線路の名残を思わせる緩やかなカーブを描いた遊歩道が。そこには、もはや鳴ることのない踏切も、ほぼ当時の姿のまま立っていました。遊歩道には「ポッポ道」の愛称が付けられています。

    ポッポ道の先では、遊歩道に埋まった形で、線路が一部残されています。踏切のほかに、注意喚起の看板などもありました。

    さて、この日本セメント埼玉工場は、JR以外の路線にも通じていました。それは、東武越生線の西大家駅付近から分岐していた「西大家貨物線」です。生産したセメントを下板橋の包装所へ運搬するため、高麗川からの貨物線と同時期に開業しましたが、一足早い1984(昭和59)年に廃止となりました。

    こちらは廃止から長い年月が経っているため遺構は少ないですが、築堤が残され、そこに線路の一部を見つけました。

    セメントの運搬は現在、専らトラックにより行われています。時代の移り変わりとともに役目を終えた鉄路は今、人々の往来を見守りながら余生を送っています。

    高麗川駅北側の廃線跡に残る踏切。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【線路のない踏切 錆びた看板 埼玉の「セメント工場専用線」廃線跡をたどる】の続きを読む



    (出典 6.fan-site.net)


    インスタ映えしたくなるトンネル。

    「日常生活では想像できない退廃した空間や朽ち果てが好きで廃墟の記録をしています」

    そう語るのは、写真家のtoshibo(@JIYUKENKYU_jp)さんだ。 日本各地の美しい廃墟を撮影している。

    2020年9月22日toshiboさんが自身のツイッターに投稿した、次のような写真が注目を集めている。

    ここは熊本県の中央部に位置する美里町にある、「八角トンネル」だ。

    「7基連続した落石を防止する為の洞門だが、何故にこの形が採用されたのかはよくわかってないらしい」というコメントが添えられている。

    確かに、美里町役場のウェブサイトではこのトンネルについて、以下のように説明されている。

    熊延鉄道の遺構のひとつです。昭和39(1964)年に廃線となりましたが、約50年たった今でも、線路の両側の岩が崩れるのを防ぐために作られた洞門であるこの八角トンネルは、産業遺構として今も多くの観光客を迎えています。7基が連なり、間が空いている、落石よけとしては不完全な形になった理由として、建設費削減のためとする説が有力ですが、なぜ八角形なのかなど、形も構造も謎が多い遺構です。」

    なんとも美しい、謎の遺構である。

    toshiboさんのツイートには、2万4000件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中だ(9月29日夕現在)。

    Jタウンネット編集部は、投稿者のtoshiboさんと、熊本県美里町役場に取材した。

    このトンネルはなぜ八角形なのだろう?
    「toshibo」(@JIYUKENKYU_jp)さんのインスタグラムより
    toshibo」(@JIYUKENKYU_jp)さんのインスタグラムより

    toshiboさんによると、「八角トンネル」の写真を撮影したのは、2018年11月のことだったという。

    「以前から名の知れた遺構でしたので、同じ日に訪れていたグループ何組かとすれ違いました。 時期によっては入れ替わり立ち替わりといった感じになってしまうと聞きますが、幸いにも朝早かった事もあり、僕が撮影している時は誰もいなかったので写真撮り放題でした」

    実際に訪れてみて、「想像していたより短いな」と思ったそうだ。

    「toshibo」(@JIYUKENKYU_jp)さんのインスタグラムより
    toshibo」(@JIYUKENKYU_jp)さんのツイートより

    「訪問当時は、なぜ八角形なのかはあまり考えていませんでした」とのことだが、写真をツイッターに投稿したことで多くの人から、その理由を考察するリプライ等が届いたという。

    それらの意見から、これは、と思ったピースを集め、toshiboさんが推測する「トンネルが八角形である理由」は次の通り。

    「施工当時は、活線工事を余儀なくされたために時間の掛かるアーチ型の構造が作れず、突貫工事のような形で、当時の車両限界と建築限界の必要最低限を考え、八角形が採用されたと思われる。
    また、六角形である事が外圧に強い構造であるそうだが、車両限界を考慮してこの様な形になったのではと推測される。なお、当時は予算不足という事もあり、この洞門には屋根がない」

    これらはあくまで推測だ。toshiboさんは、「裏付けがあったことは確定でよいかと思いますが、それでも謎な部分はあったので、そこはミステリーとして残しておいても良いのかな? と少し思ったりもします」と語る。

    「toshibo」(@JIYUKENKYU_jp)さんのツイートより
    toshibo」(@JIYUKENKYU_jp)さんのツイートより

    Jタウンネット編集部は、熊本県美里町役場社会教育課担当者にも、なぜ八角形になったと考えられるかを聞いてみた。

    すると......、

    「詳しい方にお聞きしたところ、次の説があると言われていました。『作成時に使用したコンクリート型枠が八角形だったため』」

    という回答が返ってきた。また違う形のピースが現れたようだ。

    なぜ八角形なのか、真相はわからない。しかしそれが、この場所の魅力のひとつなのだろう。

    考察の余地が残っている、というのはロマンがあるものだ。

    「八角トンネル」が注目を集めていることについて、美里町役場の担当者は、こう話した。

    「一度使われなくなった構造物が、新たな形で注目を浴びることは大変喜ばしい事だと思います。また、それらを取り壊さなかった地元の方々に感謝しております。近ごろ、八角トンネルに関する問い合わせが増加しているように感じます」

    「toshibo」(@JIYUKENKYU_jp)さんのインスタグラムより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【なぜ八角形? 美しくも不思議な廃墟トンネルの謎を探る】の続きを読む



    (出典 news.mynavi.jp)


    いろんなことがあります。

    私鉄としては関東最大の路線網を持つ東武鉄道。その数ある廃線のひとつに、JR熊谷駅から延びていた熊谷線があります。もともと軍需目的で太平洋戦争中に大急ぎでつくられた路線ですが、廃線跡はなぜか「かめのみち」と呼ばれています。

    群馬を目指した軍需路線「東武熊谷線」

    関東の私鉄で最大の路線網を持つ東武鉄道には、数多くの廃線が存在します。その路線網はいまよりはるかに広大で、廃線ののち、東武バスも撤退してしまったエリアも少なくありません。

    そのひとつが埼玉県熊谷市です。今回、この地域に存在した東武熊谷線の廃線跡を、フォトライターの栗原 景(かげり)さんとともに巡りました。

    熊谷線は、JR熊谷駅から北へ、利根川の南岸に位置する妻沼(めぬま)地域の妻沼(めぬま)駅まで、約10kmを結んでいました。戦時中の1943(昭和18)年に開通し、40年後の1983(昭和58)年に廃止されています。

    ただ、この路線が当初目指していた地域は妻沼ではありません。利根川を越えて群馬県東武小泉線 西小泉駅(大泉町)までを結んだうえ、さらに北の太田市にある中島飛行機の工場、現在のSUBARU群馬製作所まで、物資と工員を運ぶべく計画されました。しかし群馬には至らぬまま終戦を迎え、妻沼止まりの路線になったわけです。

    路線は熊谷から太田へ向かってまっすぐに伸びていたことからも、「軍需路線として最小の資源で国力を最大に発揮する」という目的がうかがえると、栗原さんは話します。

    「カメ」から「特急カメ」に変わった路線?

    熊谷駅から上熊谷駅までは、現在のJR高崎線秩父鉄道の線路のあいだにレールが敷かれていました。上熊谷駅秩父鉄道と共用の駅で、付近には当時のレールも一部残っています。両路線から分かれた廃線跡は一部が公園になっていますが、そこには「かめのみち」と書かれたモニュメントが。

    「SL時代の熊谷線はゆっくり走ることから『カメ』と呼ばれていて、ディーゼルカーに置き換わると『特急カメ』などと呼ばれ親しまれていました」(栗原さん)

    周囲に何の説明もなく「かめのみち」と現れるので、「知っている人しか分からないから、難易度高めですね」と栗原さん。その後も、大幡駅付近などに線路敷のスペースが見られますが、終点の妻沼駅付近は現在、交差点になっていて、当時の面影はほとんど残っていないそうです。ただ、交差点の脇に残る自転車置き場は、妻沼駅の当時から位置が変わっていないのでは、ということでした。

    なお、旧妻沼駅近くに立つ熊谷市立妻沼展示館には、かつての「特急カメ」ことキハ2000形ディーゼルカーが、外から見える形で展示されています。この車両は1954(昭和29)年に3両が導入されたうちの1両で、熊谷線は、その3両で廃止まで運行されたといいます。

    当時の面影がほぼなくなっているという妻沼駅周辺ですが、実は、利根川を渡った群馬県側の河川敷にも、熊谷線の大きな遺構があります。戦時中に建設されたものの、使われることなく放置された橋脚の一部が残されているのです。つまりこれは、熊谷線の「未成線」の痕跡。栗原さんによると、昭和50年代まではもっと多くの橋脚があったものの撤去され、1本だけが、歴史を伝えるために残っているのだそう。

    「これも知らなければ単なるコンクリートの塊ですが、熊谷線のことを少し調べれば、この塊が鉄道や戦争の歴史を伝えてくれるのです」。かつての姿を想像できることが、廃線や未成線巡りの醍醐味だと栗原さんは話します。

    熊谷市妻沼展示館に保存されている東武キハ2000形ディーゼルカー。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【東武の廃線「熊谷線」を巡る 目指したのは「スバルの街」 佇む夢の跡と「特急カメ」 】の続きを読む



    (出典 ima.xgoo.jp)


    時間が経ってこのような光景に。

    1963(昭和38)年から列車が走らぬまま、2017年に正式廃止となった西武安比奈線。戦前戦後のインフラ需要を支えた川砂利を運搬する鉄道の貴重な証人ともいえる存在ですが、遺構は自然に還りつつあります。現地を歩きました。

    「通勤新線」構想もあった安比奈線のいま

    かつて西武新宿線南大塚駅埼玉県川越市)から、北西の入間川近くへ3.2kmの貨物線が延びていました。西武安比奈(あひな)線です。古い線路施設をたどれる廃線として、鉄道ファンのあいだで知られます。

    今回、その安比奈線ホリプロ所属の女子鉄アナウンサー 久野知美さんと、フォトライターの栗原 景(かげり)さんとともに巡りました。

    安比奈線1963(昭和38)年以降、列車が走らなくなり、それから半世紀を経た2017年、正式に廃止されています。栗原さんによると、南大塚駅にあった安比奈線の0キロポストや、駅近くに立っていた架線柱(電線を支える柱)も、正式廃止ののちに撤去されたそう。レールは剥がされていたり、枕木が撤去され2本が1か所にまとめられていたりするところもありますが、踏切跡などには残っています。

    廃線跡はやがて住宅街を抜けて田園エリアへ。栗原さんが「このあたりに駅ができる計画だったんですよ」と教えてくれました。1980年代には安比奈線に車両基地を設け、「通勤新線」として活用する計画もあったものの、バブル崩壊とともに頓挫したのです。

    この先、廃線跡は森のなかを通り、入間川沿いにあった旧安比奈駅に通じています。2009(平成21)年、川越が舞台となったNHK朝の連続テレビ小説つばさ』では、安比奈線もそのロケ地となり、一時期は西武グループ安比奈線の一部を遊歩道として開放していました(現在は立入禁止)。森を抜け、公共地である河川敷に残るレールの一部は、そばに立つ樹木の根によって地面から持ち上がっているなど、その遺構は自然に還りつつあります。

    安比奈線はもともと、セメントなどに使われる砂利を入間川から運び出す目的で1925(大正14)年に開業しました。栗原さんによると、ここで採取された砂利が、関東大震災後や、戦後の建設ラッシュを支えていたといいます。かつて各地で見られた砂利運搬線、その歴史をいまに伝える貴重な存在が安比奈線であり、「自然と共存したままの姿で歴史を語り継いで欲しい」と話します。

    入間川の河川敷に残る西武安比奈線のレール。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【伝説の廃線「西武安比奈線」を歩く 列車来ぬまま57年 木の根で浮いたレール】の続きを読む



    (出典 blog-imgs-113.fc2.com)


    想像の中で旅をするしかないです。ちなみに名寄本線の跡地には熊がいることもあります。

    時刻表や地図、ガイドブックなどを傍らに行程をつくり、そこから空想で「行ったつもり」になる旅を「机上旅行」といいます。国鉄が分割民営化されJRとなった1987年北海道を舞台に、廃線区間を経由して、稚内~函館間を机上旅行します。

    時刻表や地図、ガイドブックを傍らに 「行ったつもり」の机上旅行

    鉄道旅行の醍醐味はさまざまですが、出かける前の「行程づくり」に夢中になる人も少なくありません。その「行程づくり」にだけ特化した楽しみ方を「机上旅行」といいます。つまり机上旅行とは、時刻表などで旅の行程を組み立て「行ったつもり」になる旅のこと。時刻表を読み物として活用している例といえるでしょう。

    松本清張の有名な推理小説『点と線』では、病床の女性が時刻表たまたま入手し、見知らぬ地名を、その字面からどんな場所であるか想像したり、現在時刻に駅を発着する列車に想いを馳せたりしています。これも机上旅行の範疇に含まれると筆者(蜂谷あす美:旅の文筆家)は思います。

    机上旅行へ出かけるために、必要なのは時刻表。また、地図やガイドブックなどがあれば、「何を食べるか」「どこで観光するか」といったより具体的な旅が仕上がります。

    あくまで机上の旅であるため、実現可能性を追及する必要はありません。実際の旅であれば、「ここで食事を取る」とか「休憩を挟む」「宿を予約する」それに「費用がいくらかかるか」など、事前にある程度、考えるべきことがありますが、机上の旅行者はそういった懸念事項から解放されています。体力面を無視して「朝一番に出発して、ひたすら鈍行(普通)列車で移動する」ハードな行程も、先立つものを気にせず「新幹線と特急列車のみを利用する」豪華な旅も可能です。

    1987年のJR時刻表で、稚内~函館間 廃線も通る旅

    つまり、ダイヤ上で問題なく乗り換えさえできればよく、加えて実際の旅のように「予想していたのと違った」といったしょっぱい思い出がこさえられることもありません。ある意味で、机上旅行は本当の旅よりもずっと自由です。

    また、机上旅行は必ずしも「いま」でなくても構いません。古い時刻表を持っているのなら、それを使って時代を超えてみるのもおもしろいでしょう。

    ちょうど私の手元には、国鉄からJRに移管されたばかりの1987(昭和62)年4月の時刻表(復刻版)があるので、これを使って旅に出てみようと思います。

    前述のとおり、机上旅行はダイヤ上問題なければ、あとは自由なわけですが、あえてルールを作ったほうが盛り上がります。そこで今回は、(1)鈍行列車で、(2)いまは存在しない路線を中心に利用して、(3)ひと筆書きで、(4)北海道稚内駅から函館駅まで机上の旅してみることにしました。

    「ここまでルールを課しておけば、あとは1本道だろう」と思い、まずは索引地図を開きます。稚内から音威子府(おといねっぷ)までは天北線(1989〈平成元〉年廃止)を選んだものの、南下した先の名寄で悩みます。深名線(1995〈平成7〉年廃止)で道央方面に向かうコースと、名寄本線1989年廃止)で道東方面に向かうコースがあるためです。ここは後者を選びます。

    続いて悩ましいのが、北見から池北線第三セクターに移管後2006〈平成18〉年廃止)に乗り南下するか、網走から釧路方面に向かう釧網本線で途中の標茶(しべちゃ)まで行き、そこから標津(しべつ)線(1989年廃止)に乗るかです。

    いまはなき中標津駅などを経由 行程は3日間

    机上の旅であるため、色々な行程を作ればいいのですが、路線図を眺めているうちにまるで実際の旅の予定を立てている気になってしまい、「せっかく行くのなら、最善のルートにしたい」と思ったり、少し長めの停車時間を見つけて「この時間で改札を出て駅舎の撮影ができる!」と嬉しくなったりしました。こんなふうにああでもない、こうでもないと悩んだ末に、私が敢行した机上旅行は次のとおりです。

    1987年4月の時刻表を基にした机上旅行 行程(※は廃止路線)
    ・1日目:「稚内」0527発(天北線 音威子府行き※)0905着「音威子府1017発(宗谷本線 名寄行き)1136着「名寄」1202発(名寄本線 遠軽行き※)1528着「遠軽」1611発(石北本線 網走行き)1846着「網走」
    ・2日目:「網走」0644発(釧網本線 釧路行き)0946着「標茶」1006発(標津線 根室標津行き※)1109着「中標津1303発(標津線 厚床行き※)1408着「厚床」1511発(根室本線 釧路行き)1709着「釧路」1807発(根室本線 新得行き)2213着「新得」
    ・3日目:「新得」0803発(石勝線 特急「おおぞら2号」 札幌行き)0908着「新夕張」0913発(石勝線 手稲行き)0946着「追分」1000発(室蘭本線 苫小牧行き)1039着「苫小牧1202発(函館本線 長万部行き)1509着「長万部1623発(函館本線 函館行き)1943着「函館」

    現在の地図と比べると… 廃線区間は路線バスで代替可能

    あまり美しい行程とは思えず、少しだけ落ち込む思考回路も含めて、ふだんの旅とさして違いはありません。

    ここであらためて、最新の時刻表で索引地図を開いてみます。

    あれ?ずいぶんさっぱりしている……!」

    思わず声に出ました。1987(昭和62)年の時刻表を読んでいるうちに、私の脳内北海道路線図も当時のものに書き換えられていたのです。ちなみに私が古い時刻表を基にして作った行程のうち廃止区間については、路線バスで代替できます。時代を超えた旅をしたあとに、こんなふうに現代に当てはめてみるのも、おもしろさがあると気づきました。

    そして、時刻表を眺めて行程を作ってひとりで盛り上がっているうちに、結構な時間が経過していました。どんなときであっても、旅を想う心は自由であり、そして楽しさが溢れていると身をもって感じました。

    名寄本線は1989(平成元)年に廃止された。写真の上興部駅跡では、駅舎や車両が保存されている(2017年10月、草町義和撮影)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【廃線区間を経由し稚内~函館間の机上旅行 1987年のJR時刻表で 名寄本線や標津線を回る】の続きを読む

    このページのトップヘ