ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ:鉄道 > 貨物線


    鶴見線(つるみせん)は、神奈川県横浜市鶴見区の鶴見駅と神奈川県川崎市川崎区の扇町駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。この他に以下の支線を持つ。 神奈川県横浜市鶴見区の浅野駅から分岐して海芝浦駅までの支線(通称海芝浦支線) 神奈川県川崎市川崎区の武蔵白石駅から分岐して大川駅までの支線(通称大川支線)
    58キロバイト (7,494 語) - 2020年10月2日 (金) 16:46



    (出典 upload.wikimedia.org)


    貴重なもの。

    株式会社日本旅行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:堀坂明弘)は、一般社団法人川崎市観光協会の協力のもと「貸切列車で行く夜の鶴見線探訪 港湾・工場夜景の旅」を企画しました。鶴見・川崎臨海工業地区を走る都会のローカル線として知られるJR鶴見線で日没後に貸切列車を運行して鶴見線全線を走破し、同乗する川崎工場夜景ナビゲーター(ガイド)の案内により、沿線の運河沿いの佇まいや港湾・工場夜景をお楽しみいただく日帰りツアーです。
    JR鶴見線神奈川県の鶴見を起点として、京浜工業地帯の中心部である鶴見・川崎の臨海工業地区を走る臨港線です。線路は大企業をはじめ多くの工場・倉庫などが林立するなかを縫うように走り、工場への引き込み線や、扇町・大川・海芝浦の三つの終点をもつ複雑な形態となっています。通勤時間帯は沿線の工場などに勤務する多くの通勤客で混み合います。しかし通勤時間帯以外や休日は乗客も少なく、人気のない工場地帯をのんびりと走るローカル線に様変わりします。特に日没後は、遠望する高速道路には車のヘッドライトが流星のように走り、沿線の工場には保守用の照明が城郭を照らすように灯る神秘的な夜景が展開されます。

    今回の企画では、通常は鶴見線ではほとんど例がない貸切列車を運行することにより、普段は運転本数が少なく全線乗車の障害となる大川支線を含め鶴見線全線を走破します。各車両には工場夜景ナビゲーターが乗車して沿線の夜景をご案内、また折返しの駅では付近の工場夜景スポットへもご案内します。行程中には昭和の雰囲気に触れることができる国道駅にも下車します。夜の鶴見線探訪は、鉄道ファンや港湾・工場夜景ファンの方だけではなく、ローカル線の旅を楽しみたいと思う方にもお気軽にご参加いただける企画となっています。


    1.ツアー
    貸切列車で行く夜の鶴見線探訪 港湾・工場夜景の旅

    2.旅行期間
    2020年12月19日(土) 日帰り

    3.募集人員
    最大96名様(最少催行人員70名)※全員様ご着席頂けます。

    4.旅行代金(お一人当たり) この旅行はGoToトラベル事業支援対象です。詳細は下記ご参照下さい。
    <この旅行はGo To トラベル事業支援対象です>
    1.給付金の受領について:国からの給付金はお客様に対して支給されます。当社およびGoToトラベル事務局は、給付金をお客様に代わって受領(代理受領)致しますので、お客様は、旅行代金に対する給付金を差し引いた「お支払い実額」をお支払いいただくこととなります。なお、お取消しの際は、旅行代金を基準として所定の取消料を申し受けます。お客様は、当社およびGoToトラベル事務局による代理受領についてご了承のうえお申込みください。
    2.地域共通クーポン:旅行代金に応じた地域共通クーポンが付与されます。

    5.協力
    一般社団法人川崎市観光協会

    6.ツアーポイント
    1. 鶴見線205系電車3両編成を貸切運行(鶴見線内一部通過運転)
    2. 定期列車本数が少ない大川支線も含めて、鶴見線全線走破
    3. 昭和感にふれる国道駅も下車(改札外は撮影できません)
    4. 工場夜景ナビゲーターが同乗し港湾・工場夜景ポイントをご案内
    5. 扇町地区では工場夜景ナビゲーターによる工場夜景徒歩観光

    7.旅行行程

    12/19(土)(時刻は予定のものです)
    鶴 見(17:00発)━━━大 川(◆大川支線乗車)━━━国 道(◆昭和にふれる駅)━━━━
    ━━新芝浦(◆対岸の夜景)━━━海芝浦(◆港湾夜景のパノラマ)━━━鶴 見(◆休憩)━━
    ━扇 橋(◆工場夜景スポット)━━━扇 町・・・◆工場夜景徒歩観光・・・扇 町━━━鶴 見(22:40着)

    <行程上のご案内>
    1. 工場夜景徒歩観光:川崎天然ガス発電所、昭和電工、JR東日本川崎発電所
    2. 国道駅の改札外と新芝浦駅・海芝浦駅の内陸側は撮影禁止です。
    3. 号車により下車駅・観光箇所の順序が入れ替わる場合があります。
    4. 鶴見・大川・海芝浦・扇町に駅・公衆トイレがありますが、鶴見以外のトイレは設備が十分整っていない
    箇所もありますので、あらかじめご了承下さい。
    5. 暗い道を歩く箇所がありますので懐中電灯をご持参下さい。また安全のために行程中の飲酒・喫煙はご遠
    慮下さい。駅構内・車内も禁煙です。

    8.新型コロナウイルス感染防止対策について
    当社では新型コロナウイルスの感染防止を図るために次の対策を講じております。
    1. 受付時に健康申告書をご提出頂きます。症状によってはご参加をご遠慮いただく場合があります。
    2. 受付時に体温を検温致します。37.5度以上の方はご参加をご遠慮頂きます。
    3. 受付・車内・観光などソーシャルディスタンスの確保が不可能な場合は必ずマスク類をご着用下さい。
    4. 車内に消毒薬をご用意しています。随時手指の消毒をお願いします。
    5. ツアー定員は車両定員の50%以下として密を避けています。
    6. 列車内では換気のため換気口や一部の窓を開放していますので暖房が十分に効かない場合があります。

    9.発売開始
    2020年10月27日(火)15:00開始

    10.お申込み先
    日本旅行 大阪法人営業支店」の本ツアーの専用サイトからのみお申込みいただけます。
    https://va.apollon.nta.co.jp/0000532/
    ※全国の日本旅行日本旅行グループ日本旅行商品取扱い店舗での販売はございません。

    株式会社日本旅行 大阪法人営業支店
    営業時間:平日9:30~17:30(土日祝休業)
    TEL:06-6204-1812 FAX:06-6204-1763
    担当:山中・坂本・田代・石田
    • 写真提供
    205系電車:飛田厚氏、港湾夜景:山中章雄氏、工場夜景:一般社団法人川崎市観光協会

    配信元企業:株式会社 日本旅行

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「貸切列車で行く夜の鶴見線探訪 港湾・工場夜景の旅」を発売!】の続きを読む


    秋田臨海鉄道株式会社(あきたりんかいてつどう)は、秋田秋田市の秋田港駅から臨海地区に伸びる貨物鉄道を運営する日本貨物鉄道(JR貨物)や秋田県、三菱マテリアルなどが出資する臨海鉄道会社である。 土崎港にある奥羽本線貨物支線の終点秋田港駅から分かれる、秋田市勝平地区の北部、向浜地区にある向浜駅を結ぶ
    6キロバイト (572 語) - 2020年6月23日 (火) 09:09



    (出典 pds.exblog.jp)


    乗ることができない貨物線です。

    10月17日・18日の2日間開催!

    秋田臨海鉄道とJR東日本秋田支社は2020年9月11日(金)、鉄道イベント「秋田臨海鉄道特別公開2020」を10月17日(土)と18日(日)に共同開催すると発表しました。

    秋田臨海鉄道の公開は1970(昭和45)年の創業以来初めて。また、2021年3月に秋田臨海鉄道は事業終了を予定していることから、創業50年の記念と地域への感謝を込めて実施するといいます。

    イベントでは、秋田臨海鉄道所属機関車の撮影会、コキ50000形貨車の見学、検修庫や秋田港駅コンテナホームの見学、貨物コンテナの展示や即売会、鉄道グッズ販売を予定。参加特典として、秋田~秋田港間(土崎経由)の奥羽本線貨物支線(通称・秋田港線)の往復乗車や、特製オリジナルグッズネックトラップ、エコバッグ、大館駅弁「鶏めし弁当」(秋田臨海鉄道オリジナル掛け紙付き)、グッズが当たる空くじなし抽選会などが用意されます。

    「秋田臨海鉄道特別公開2020」の参加者は2日間合計600人限定で募集されます。予約なしの当日参加はできません。旅行商品の申し込みが必要です。びゅうトラベルサービスでは、秋田駅発着(「サンキュー50年」価格の3950円)のほか、仙台駅盛岡駅新潟駅発着も設定されます。発売は9月16日(水)午前10時からウェブサイト限定です。また今後、旅行商品が追加で発売される場合があります。

    両社は「貴重な車両や様々な企画をご用意しておりますのでぜひこの機会にご参加ください」としています。

    秋田臨海鉄道所属機関車のイメージ(画像:JR東日本秋田支社)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【最初で最後の「秋田臨海鉄道特別公開」開催 コンテナ即売会に秋田港線乗車 600人限定】の続きを読む



    (出典 blog-imgs-131.fc2.com)


    なかなか乗れない路線。

     毎回キャンセル待ちの人気があるという「貨物線を乗りつくす特別ツアー」を楽しめる動画が公開されています。

    【画像と動画】ツアーの様子

     この動画は、旅行代理店のクラブツーリズムが共同制作するテレビ東京系の番組「ハーフタイムツアーズ」が公式YouTubeチャンネルで無償公開したものです。

     今回紹介する「貨物線を行く」ツアーは、普段は旅客列車が走らない貨物線を特別体験できる人気の旅行商品。2017年にはよい鉄道旅行商品を表彰する「鉄旅オブザイヤー(鉄道旅行誌「旅と鉄道」主催)」でグランプリを受賞したほどで、2017年から2019年12月までに22回も開催。関東のほかに名古屋地区で開催したこともあるそうです。

     では動画でツアーを体験していきましょう。

     旅は上野駅からスタート。用いられた車両はJR東日本のお座敷列車「宴(うたげ)」。宴は2019年に廃車となりましたが、その後のツアーではお座敷列車「華(はな)」が登板しています。

     発車した宴は、常磐線三河島駅から東北本線へと抜ける「常磐貨物線」、大宮駅の地上ホームから鉄道博物館の横を通って川越線に合流する「川越貨物線」、武蔵野線常磐線を結ぶ「馬橋支線」、常磐線総武線を結ぶ「新金貨物線」を通過します。

     参加者には特製弁当と、記念グッズとしてツアー列車の行先を描いた「サボ」ももらえます。見どころはやっぱり「貨物線へと転線するときの瞬間とその景色」でしょう。普段は進むことのない方向へ進んでいく様子が珍しくてわくわく。目が離せません。

     でも、うーん、動画じゃ物足りないかも! やっぱり実体験してみたくなります……。

     なお、クラブツーリズムの貨物線ツアー2020年5月に「参加者3000人突破記念ツアー」を開催予定でしたが、感染症拡大の影響で残念ながら中止に。2020年10月4日に「185系で行くクラブツーリズム 第24回貨物線ツアー」の開催が決まりました。

    普段乗ることはない「貨物線」に乗りつくすツアーを動画で体感


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【動画】路線図にない区間、乗ってみない? 人気の「貨物線ツアー」を体験 見入っちゃう動画】の続きを読む



    (出典 scdn.line-apps.com)


    見られるのもわずかになるのか。

    8月22日、気温35度を超える東京都内。

    総武線の支線、越中島貨物線の終端地にある東京レールセンターにこの日、レール輸送気動車 キヤE195系 ロングレール版の姿があった。

    越中島貨物線のレール輸送列車は、DE10ディーゼル機関車とチキが新小岩と東京レールセンターを平日を中心に複数回で結んでいる。

    そんな姿ももうすぐ消える、と予感させる光景だった。

    キヤE195系は、JR東海と日本車輌が開発したキヤ97系ベースに、JR東日本むけ耐寒耐雪対応などでカスタマイズしたくるま。

    このキヤE195系が本格運用に入ると、機関車けん引のチキチキ列車は姿を消す。時刻表路線図に載ってない、都会の非電化路線を行き来するDE10をみるならば、いまのうちかも。

    前回レポート(形式詳細)は↓↓↓
    機関車けん引レール輸送列車が消える日もそう遠くない! JR東日本 キヤE195系 がしれっと増備、ちかく本格稼働か
    https://tetsudo-ch.com/10358880.html

    同じエリアでもうひとつの総武線支線 新金貨物線 の話題は↓↓↓
      
      
      
      
      

    鉄道チャンネルyoutubeは動画コンテンツを、平日毎日更新中!

    水曜日18時は、LINE LIVE「しゃべ鉄気分!」を同時生配信

    ぜひチャンネル登録を!

    ◆鉄道チャンネル公式YouTube
    https://www.youtube.com/channel/UCEU1PILeEG2tUBHMURn7BBg

    LINE LIVE「しゃべ鉄気分!」
    https://live.line.me/channels/576

    ◆鉄道チャンネル公式YouTube「しゃべ鉄気分!」
    https://www.youtube.com/watch?v=SqnggNAKNcQ&feature=youtu.be

    ◆鉄道チャンネルtokyochips サブアカTwitterは 記事配信のほか グルメや街ネタ ガジェット 試してみた系いろいろ投稿中!
    https://twitter.com/tetsudo546



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【越中島支線のレール輸送からDE10ディーゼル機関車が消える日もちかい】の続きを読む



    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    静かに終わった。

    100年以上の長きにわたり、大牟田のまちの中を走り、一時は市民の生活の足として地域の方々に親しまれてきました三井化学専用線(旧三池炭鉱専用鉄道)の運行を2020年5月7日をもって終了しましたことをお知らせいたします。

    ありがとう炭鉱電車プロジェクト特設WEBサイト: https://jp.mitsuichemicals.com/jp/coalmine_train/

    最終運行を終え、関係者で記念撮影

    最終運行を終え、関係者で記念撮影

    1997年の三井三池炭鉱の閉山とともに、その多くの路線は廃止されましたが、一部の区間(1.8km)は三井化学専用線として引継ぎ、当時の車両を大切に整備しながら、当社大牟田工場の原料の物流に大きく活躍し続けてくれました。

    運行最終日は、これまで大切に整備を続け、安全運行にご尽力いただいてきた三池港物流の方々と、長きにわたり活躍を続けてくれた炭鉱電車への感謝の意を込め、花束の贈呈を行いました。

    現在、「ありがとう炭鉱電車プロジェクト」と題して、未来に向けたレガシーとしての活用を検討しており、炭鉱電車の「映像」と「音」を皆さんに懐かしみ、楽しんでいただけるようなコンテンツを製作中です。

    また、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で当初予定していた6月のラストランイベントは延期となりましたが、現在秋頃の開催を目指して、鋭意準備を進めております。

    新しい日程が決まり次第、改めてホームページ上でご案内申し上げる所存です。

    これまで、炭鉱電車に関して皆様から、たくさんの応援の声を頂きましたこと、厚く御礼申し上げます。

    最終運行を終え、関係者で記念撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ありがとう炭鉱電車プロジェクト  炭鉱電車、運行終了のお知らせ】の続きを読む

    このページのトップヘ