ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ: 関東の鉄道



    (出典 images.tetsudo.com)


    デザインは少しだけ流線形。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/21(火) 08:42:35 ID:/hCU6ZSl9.net

    小田急電鉄はいま、新型通勤電車5000形の試験運転を実施している。2019年11月11日に報道公開され、旧年中の試運転は主に夜間だった。
    2020年1月からは日中の試運転も始まり、鉄道ファンには注目の的だ。沿線の人々も見慣れない電車に気づいたことだろう。


    (出典 image.news.livedoor.com)

    小田急電鉄が投入する新型通勤電車5000形

     前面形状は流線型で、地下鉄乗り入れをしないため非常用扉はない。左右側面の銀色素地が張りだして、ブラックでまとめられた乗務員室まわりの裾を絞っている。
    小田急の従来の通勤電車としては新しい形だ。側面を見ると従来の青い帯に加えて、水色の帯が追加されている。なるほど、ひと目で新車とわかるデザインだ。

    新型車両の「細い顎」を見ると「またこの顔か」

    しかし、近年に登場した各社の新型車両も似たような「顔」をしている。
    東急電鉄田園都市線の2020系、都営地下鉄浅草線5500形、京成電鉄3100形と共通設計の新京成電鉄80000形、名古屋鉄道9500系、広島電鉄5200形など。
    黒い顔のアゴを明るい色で絞っていく。新型車両の「細い顎」を見ると「またこの顔か」と思う。
    側面の帯が2本になったと言っても、そこはラッピングでどうにでもなるところだ。

    もちろんそこには合理的理由があるだろう。
    たとえば「標準化車両」の採用だ。鉄道会社の特注品だった電車は、車体や機器の共通化で量産メリットを発揮し、コスト削減、保守情報の共有が可能になる。J
    R東日本系列の大手鉄道車両製造会社「総合車両製作所」は、ステンレス車体の構造、インテリア、機器システムの共通化に取り組んでいる。
    この一連の仕様に「サスティナ」というブランド名を与えた。ただし「顔」については他の鉄道車両製造会社も似たようなデザインで作っている。「細い顎」は流行とも言えそうだ。

    小田急らしさはどこにある?

    共通部分が多ければ、必然的に似た車体になる。それでも相模鉄道の12000系や山手線の新型E235系はサスティナを採用しつつ強烈な個性を持ち、鉄道ファンではない人もざわつかせた。
    その一方、小田急の新型電車5000系は、サスティナではないにもかかわらず、どこかで見たような顔だ。ロマンスカーのデザインは斬新なだけに、ちょっぴり残念だ。

    「標準化車両の採用が進む中で、鉄道会社の個性はどこに表れるか」

    その疑問を素直に小田急電鉄に投げかけたところ、実物を見ながら教えていただいた。
    車体色はかつての小田急のように、白(アイボリー)に青帯というアイデアも出たそうだ。採用されなかった理由は聞かなくてもわかる。
    ステンレス車体はもともと「塗装しなくても腐食に強い」という特長がある。塗装やラッピングは余計な処理だ。コストアップと重量増加、環境負荷増につながる。
    それに、昭和生まれの記憶にある白地に青帯の電車は8000形を残すのみで、いまの小田急は銀色に青帯で親しまれている。

    正面の形状は安全性と乗務員の操作性から検討して最適解だ。「細い顎」のまわりには強固な鋼材をつかっており、衝突時に車体を守る。
    その機能を踏まえた上で、小田急はスピード感を演出したかった。最高速度を上げるわけではないけれども、複々線化によって所要時間を短縮できる。
    そのアピールのために流線型と「細い顎」がある。旅客機のほとんどが同じような顔になるように、電車も機能を追求すると似てくるものらしい。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17688376/
    2020年1月20日 6時0分 文春オンライン


    (出典 tetsudo-shimbun.com)


    (出典 tk.ismcdn.jp)


    (出典 raillab.jp)


    (出典 userdisk.webry.biglobe.ne.jp)


    (出典 www.agui.net)


    【【鉄道】複々線化の小田急が投入する新型通勤電車5000形。そこにある「らしさ」とは】の続きを読む



    (出典 d2w45mmf8kgysx.cloudfront.net)


    今年はオリンピックがありますので外国人向けになりますね。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/01/19(日) 08:13:37.22 ID:gNQ/A+eS9.net

    日本を訪れる外国人が増加し、東京五輪も近づいていることから、首都圏の電車では英語アナウンスを耳にすることが多くなりました。それが「まれに気になって仕方がないことがある」という住宅ジャーナリスト、櫻井幸雄さんのリポートです。【毎日新聞経済プレミア】

     通勤時間は短ければ、短いほどありがたい。できれば片道30分以内が望ましいが、首都圏では、抑えた家賃、抑えた価格でマイホームを確保しようとすれば、片道1時間を大きく超えることもやむなしとなっている。

     ◇「ドゥース・トゥー・デーデッド」とは?

     そうした住宅事情もあり、通勤時間が長くなると、電車のなかで過ごす時間も増える。その電車内で、最近、急速に増えているのが、英語案内。日本を訪れる外国人が増加し、東京五輪が近づいている影響だろうか。通勤で毎日聞かされていると、耳に入っても意識しなくなるのだが、まれに気になって仕方がないことがある。

     特に、あまりに発音がよすぎて、英語力の乏しさを実感させられるのが、首都圏のJR在来線で流される車内アナウンス(録音のもの)だ。ネーティブな発音であるため、何度聞いても、「ちょっと何言っているのか、わかんない」部分がある。

     問題は、「席をお譲りください」に該当する箇所。英語力に乏しい私の耳には「ドゥース・トゥー・デーデッド」としか聞こえない。

     TOEICで900点以上の実力をもつ知人(バイリンガルではなく、学習で英語を習得)を連れ出し、気合を込めて聞いてもらったが、その実力をしても、一度だけでは「だいたい分かるが、すべての単語は聞き取れない」とのこと。

     ネットで調べてみたら、私が「ドゥース・トゥー・デーデッド」と聞き取った部分は「those who may need it」だった。

     それが、「ドゥース・トゥー・デーデッド」に聞こえるのだから、嫌になる。ちなみに、TOEIC900点台の人間も「一度では、mayが聞き取れなかった」と言っていたので、日本人の耳には聞き取りにくい文言であるのは事実のようだ。

     「those who may need it」の前に「please offer your seat to」が付き、「優先席を必要とされるお客様がいらっしゃいましたら、席をお譲りください」ということになるようだ。

     ◇東海道新幹線は「わかる!」

     これに対して、耳にやさしいのが、東海道新幹線の肉声アナウンス。2年前から始まっており、決して上手とは言えない「ザ・ドアーズ・オン・ザ・らいとさいど・ウィル・おーぷん」は、欧米人に通じるのかな、と心配になることもあった。が、少なくとも日本人には、何を言いたいのか、は理解できる。「わかる、わかる、そういう英語になっちゃうよね、ご同輩」である。

     私は仕事の足として、東海道新幹線の新横浜―東京駅間を頻繁に利用するので、この肉声アナウンスを何度も聞かされてきた。1年以上聞かされているうちに、総じてうまくなってきたような気がする。

     もちろん、ネーティブな発音とはいえないが、英語に慣れたのか、なんとなく自信が出てきたような、「外国の方に話しかけています」という意識のようなものを感じる。この調子なら、東京五輪の頃には、立派に通用するようになりそうだ(と、偉そうに言えるほどの語学力ではないが)。

     「ヘタでもなんでも、とにかく話し続けることが大事」という外国語習得のキモを改めて感じた。

     ちなみに、新幹線の生アナウンスには、個人差が大きく、妙に流ちょうな英語を耳にしたことがある。若い男性の車掌さんとおぼしき声で、ネーティブに近い日本人の英語、という感じ。学習によって、英語が上手になったと思えるしゃべり方だ。そこまで上手にしゃべられると、まったく英語に自信のない私も、もう少しなんとかしなければ、と思う。

     通勤電車など、度々利用する電車の「英語アナウンス」は、語学習得の向上心を刺激する効用もあるようだ。

    1/18(土) 9:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00000005-mai-bus_all


    【【鉄道】首都圏の電車「近ごろ気になる」英語アナウンスの謎】の続きを読む


    E231電車(E231けいでんしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)の直流一般形電車。 本系列は、老朽化および陳腐化が進んだ首都圏の通勤車両(103、201、205ならびに301)および近郊形車両(113ならびに115)の置き換え用として開発、投入された。0番台は2000年(平成12年
    171キロバイト (23,681 語) - 2020年1月17日 (金) 05:00



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    車両はどうなるのかな?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/17(金) 06:59:29 ID:p5YGwDne9.net

    山手線の主役が交代
     
    002(平成14)年から山手線で走り始め、2010年前後から山手線の「顔」として親しまれてきた車両「E231系500番台」が2020年1月をもって山手線から引退します。

    鉄道に詳しくない人にとってE231系500番台と言われてもピンときませんが、その姿を見れば、「あぁ、あの車両のことか」と理解できる人も多いのではないでしょうか。

    首都圏の大動脈でもある山手線は、常に時代の変化に敏感です。時代の流れは山手線の車両にも大きく反映されます。

    E231系500番台と一口にいっても、時代ごとにバリアフリー化が図られたり、混雑緩和のためにラッシュ時に座席を収納できるようにされたり、
    ホームドア設置にあたり車両のドア数をそろえる必要性から1両あたりの扉を片側6ドアから4ドアへと改造されたり、さまざまな移り変わりを経ています。

    時代の波を乗り切ったE231系500番台ですが、その間も鉄道車両の技術向上は進みました。そのため、山手線の主役交代を余儀なくされることになったのです

    他線区へと活躍の場を移したベテラン車両も

    JR東日本は2015年から、後継となる新型車両E235系を登場させました。そして、約5年の歳月をかけて新型車両へと置き換えを進めてきました。

    山手線から引退するとはいえ、E231系500番台はまだ20年ほどしか運用されていません。古くなったとはいえ、まだ現役車両として活躍できる車両です。

    鉄道車両は1両あたり数億円もします。山手線は一編成11両で運行されているので、一編成を新しく置き換えると10億円以上もの出費になる計算です。

    地方では山手線のような一編成11両という長大編成では走りませんが、それでも1両数億円もする高価な鉄道車両を新造することは容易ではありません。

    そのため、首都圏で活躍したベテラン車両が地方私鉄や地方路線に移籍して活躍するケースもあります。
    山手線のE231系500番台も、すでに山手線からの運用を離脱した車両が転用改造された上で他線区へと活躍の場を移しています。

    E235系、登場当初「スマホの画面のようだ」

    山手線の主役を務めたE231系500番台が完全に引退してしまうことになったため、このほどJR東日本はE231系500番代に「ありがとう」のヘッドマークを掲出。さよなら運転を始めています。

    最後の勇姿を記録に収めるべく、沿線では「ありがとう」のヘッドマークを掲出したE231系500番台を撮るファン・沿線住民の姿が見られます。

    世代交代を果たし、新たに山手線の主役となるE235系は顔のデザインが斬新だったことから、登場当初は「スマホの画面のようだ」などと評されました。
    そして、会員制交流サイト(SNS)などでコラージュが作成されるほどの人気を博します。
    当初は電車っぽくないと評されたE235系の顔は、5年の歳月を経てすっかり山手線ユーザーのおなじみになっています。

    現在、E235系は山手線にしか走っていませんが、JR東日本は2020年度から横須賀線・総武快速線でもE235系を運行すると発表しています。
    総武線快速の電車は内房線・外房線・成田線・鹿島線などにも乗り入れているため、今後は千葉県や茨城県にもE235系が走ることになります。

    山手線の主役はE231系500番台からE235系へと交代するわけですが、500番台という形式番号からもわかるように、E231系にはいくつか種類があります。
    それらは細かな違いのため、鉄道に詳しくない人が判別することは難しいのですが、首都近郊では231系0番が中央・総武緩行線で、1000番台が東海道本線や東北本線・高崎線などで、3000番台が川越線や八高線で運行されています。

    第二の人生を歩むE231系を見つけよう

    鉄道ファンを除けば、大半の人にとって鉄道は移動の手段でしかありません。E231系500番台がE235系になったところで日常生活に大きな変化はありません。乗り合わせたときに「あぁ、新しい車両だな」と感じるぐらいでしょう。

    しかし、東京近郊に住んでいれば、無意識のうちに通勤や通学、買い物や外出の際に1度はE231系に乗車しているはずです。

    次に山手線に乗車する際は、過去の記憶をたどりながら、山手線から引退して第二の人生を歩むE231系500番台に思いをはせてみるのもいいかもしれません。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00010000-metro-life
    1/17(金) 6:30配信


    (出典 tetsudo-shimbun.com)


    (出典 rail.hobidas.com)


    (出典 image.space.rakuten.co.jp)


    【【鉄道】1月に引退 非鉄道ファンにささげる惜別の山手線「E231系」】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)


    帰宅時間帯の外房線

    (出典 Youtube)


    都心からも距離があるので混雑するのでしょう。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/16(Thu) 07:43:01 ID:s9AlXhrs9.net

    JR東日本外房線鎌取駅、5時32分千葉行きの電車(写真はすべてJタウンネット記者撮影)
    「時差出勤」という言葉をよく聞くようになってきた。働き方改革の一環として、朝8時から9時前後の通勤ラッシュを避けて、オフピーク通勤をしようという呼びかけだ。

    今夏の東京オリンピック・パラリンピックに向けた交通混雑対策の一環だとも......。官公庁や大手企業、鉄道会社が積極的に取り組んでいるようだ。

    そんな中、千葉県の房総半島を走るJR東日本外房線が、始発からやたら混んでいる、という噂を聞いた。本当だろうか?

    2020年1月14日早朝、Jタウンネット記者は、外房線の鎌取駅に向かった。そこで見た光景は......?

    5時32分千葉行きの始発(6両編成)は、写真上のような状況だった。

    鎌取駅は千葉駅、蘇我駅に次ぐ、外房線では3番目に乗降客の多い駅だ。千葉・市原ニュータウンの「おゆみ野」「ちはら台」地区の玄関口であり、ベッドタウンとして人口が急増してきた地域だ。

    とはいえ、まだ5時半である。通学の学生の姿はなく、ほとんどが通勤客のようだ。次の蘇我駅で京葉線に乗り換えるか、その先の千葉駅で総武線に乗り換えるのだろうか。
    つまりそこで座れるかもしれない、運が良ければだが......。7時前には東京に着けるだろう。

    朝6時だけど、これラッシュだろ?


    (出典 j-town.net)

    JR東日本外房線鎌取駅、5時32分千葉行きの電車(写真はすべてJタウンネット記者撮影)

    「時差出勤」という言葉をよく聞くようになってきた。働き方改革の一環として、朝8時から9時前後の通勤ラッシュを避けて、オフピーク通勤をしようという呼びかけだ。

    今夏の東京オリンピック・パラリンピックに向けた交通混雑対策の一環だとも......。官公庁や大手企業、鉄道会社が積極的に取り組んでいるようだ。

    そんな中、千葉県の房総半島を走るJR東日本外房線が、始発からやたら混んでいる、という噂を聞いた。本当だろうか?

    2020年1月14日早朝、Jタウンネット記者は、外房線の鎌取駅に向かった。そこで見た光景は......?

    5時32分千葉行きの始発(6両編成)は、写真上のような状況だった。

    鎌取駅は千葉駅、蘇我駅に次ぐ、外房線では3番目に乗降客の多い駅だ。千葉・市原ニュータウンの「おゆみ野」「ちはら台」地区の玄関口であり、ベッドタウンとして人口が急増してきた地域だ。

    とはいえ、まだ5時半である。通学の学生の姿はなく、ほとんどが通勤客のようだ。次の蘇我駅で京葉線に乗り換えるか、
    その先の千葉駅で総武線に乗り換えるのだろうか。つまりそこで座れるかもしれない、運が良ければだが......。7時前には東京に着けるだろう。

    朝6時だけど、これラッシュだろ?


    (出典 j-town.net)


    朝6時過ぎ、外房線鎌取駅ホームの行列

    5時32分の始発の次は、6時5分の千葉行きだ。6時近くになると、ホームには列ができた。年配の人もたまに見かけるが、どちらかというと若い人が多いようだ。


    (出典 j-town.net)


    鎌取駅、6時5分の千葉行きはもはやラッシュ?

    6時5分の電車(8両編成)がやってきた。始発より、乗客の数は明らかに増えている。
    誉田、土気、大網など各駅からの乗客も増えたのだろう。乗降口によっては、乗り込むのに苦労するところもありそうだ。
    東京都心の通勤電車ほどではないとしても、充分ラッシュと呼んでもいいかもしれない。

    朝6時頃の鎌取駅構内風景
    6時5分の次は、6時25分だった。運行する列車の本数が少ないのは、この時間帯だから仕方ないのだろうか。
    「時差出勤」に備えて、早朝の運行本数を増やす計画はあるのだろうか。少なくとも東京オリンピック・パラリンピック期間には、臨時列車などを企画した方が良いかもしれない。


    (出典 j-town.net)


    https://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/300293.html?p=all
    2020年1月16日 06:00


    (出典 art39.photozou.jp)


    (出典 userdisk.webry.biglobe.ne.jp)


    (出典 mobaryhills.g2.xrea.com)


    【【鉄道】外房線は「始発からラッシュ」って本当? 早朝とは思えない混雑具合を現地レポ】の続きを読む


    秩父鉄道株式会社(ちちぶてつどう)は、埼玉県北部に路線を有する鉄道事業、不動産業、観光事業を行う日本の会社である。本社は埼玉県熊谷市に所在する。 埼玉県北部を東西に横断する秩父本線(秩父線)と、貨物線である三ヶ尻線の2路線を保有・運営している。長瀞渓谷や宝登山を中心とする長瀞の観光開発を行ってきた
    24キロバイト (2,484 語) - 2020年1月12日 (日) 17:22



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    貴重な存在。

    鶴見線 扇町と秩父鉄道線 三ケ尻を結ぶ定期貨物、石炭輸送列車が、残り2か月で姿を消す。

    秩父鉄道は、JR貨物との連絡運輸、石炭貨物輸送列車の運行を2019年度で終了。国内で最後まで残った石炭列車だった。

    三ケ尻線 武川~熊谷貨物ターミナル 7.6kmは、1979(昭和54)年開業。

    秩父鉄道保有の電気機関車で三ケ尻線を行く石炭は、太平洋セメント熊谷工場でつくられセメントの製造工程で、石灰石などを燃やすときに使う。

    秩父鉄道では、その石灰石を運ぶ貨物列車を影森~三ケ尻でを運転中。この石灰石輸送は「当面は継続する」という。

    写真 文:鉄道チャンネル



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【秩父鉄道 三ケ尻線を行く石炭輸送列車はあと2か月! 国内最後の石炭列車が消滅】の続きを読む

    このページのトップヘ