ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ: 関東の鉄道



    (出典 i.ytimg.com)


    209系も陳腐化しているのか。

    E131系外観イメージ

    JR東日本は2020(令和2)年5月12日(火)、新型車両「E131系」2両編成12本(計24両)を内房線木更津~安房鴨川)、外房線(上総一ノ宮~安房鴨川)、鹿島線(佐原~鹿島神宮)へ投入すると発表しました。

    投入線区 図の青い線は現在209系等が運行中

    新型車両の主な特徴は下記の通りです。

    ・客室の一部をセミクロスシートとし、車体の幅を広げ座席幅を1人あたり460㎜に(209系は450㎜)。低座面化の実現とクッション性の向上。
    ・半自動機能搭載ドアを使用。荷物が挟まれた場合でも荷物を引きやすいものに。ホームとの段差も低減。
    ・一部のドア上部に17インチの案内表示画面を設置し運行情報を提供。多言語にも対応。
    ・前面・側面にフルカラー行先表示器設置。
    ・各車両に車いすベビーカー利用者のためのフリースペースを設置、トイレ車いす対応の大型洋式トイレに。
    ・各車両の客室に車内防犯カメラを設置。非常通話装置は1両につき4両。
    ・車両側面にカメラを設置することで乗務員が運転台から乗客の乗降を確認する機能など、ワンマン運転に対応した機器を搭載。
    モニタリング技術を活用した車両搭載機器や線路設備の状態監視機能により故障の予兆を把握、事前に対処することで安全性・安定性向上を実現。
    ・主回路機器にSiC(炭化ケイ素半導体素子を採用。車両の消費電力を抑制。
    ・車両の帯は優雅で生命感のある房総の海をイメージした明るい青色と内陸を彩る菜の花の黄色。前面は房総の海の波しぶきをイメージした水玉模様。

    E131系の特徴
    209系との性能比較

    投入時期は2021年春を予定しています。

    鉄道チャンネル編集部
    画像:JR東日本



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【2021年春、房総・鹿島エリアに新型車両「E131系」を投入――JR東日本】の続きを読む



    (出典 www.toa.co.jp)


    延伸する計画があったんですね。

    東京2020オリンピックパラリンピックの競技場が集結する湾岸エリア

    ゆりかもめ の終点 豊洲駅とその周辺は、タワーマンションが次々に立ち並ぶ大人気エリア

    そんな ゆりかもめ豊洲駅は、軌道の末端部分が左曲がりで終わってる。この続きはどこへ行くのか、どんな計画ルートがあるのか。

    そのヒントが↓↓↓の地図。東京都1990年代に公開した資料で、ピックの点線がゆりかもめ。公表当時は、ゆりかもめは有明まで開業していた。

    豊洲はピンク点線の太い点線が細い点線に変わる付近。

    この地図上の左曲がりが、いまリアルに残ってる左曲がりプツン断線。

    ゆりかもめ は、豊洲の先、大江戸線勝どき駅と接続する計画だった。それもまっすぐに行かず、コの字型に右へ左へと曲がりながら。

    おそらく、豊洲交差点で左折し、晴海通り沿いに軌道がのび、月島警察署前交差点で環二通りへ右折、黎明大橋を渡って勝どき陸橋交差点を清澄通りへ右折し、勝どき駅へ到達するというイメージ

    が! この計画は、交通政策審議会が2016年に公表した「東京圏における今後の都市鉄道のあり方」から、候補落ち。

    豊洲をはじめとする臨海部エリアは、「都心部・臨海地域地下鉄構想の新設及び同構想と常磐新線延伸の一体整備(臨海部~銀座~東京)・東京駅付近において常磐新線と相互直通運転を行う」や、「東京8号線(有楽町線)の延伸(豊洲~住吉)」がプロジェクト候補にあがり、ゆりかもめ延伸計画は見事にスルーされてしまった。

    ――― 豊洲交差点でぐいっと曲がる ゆりかもめ軌道。その構想や、まさかの逆転劇を想いながら、歩いてみて。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【豊洲で左曲がりに終わる ゆりかもめ 軌道、その先に続く計画ルートは】の続きを読む



    (出典 mrs.living.jp)


    これからこの車両はどうなるのかな?

    団地に囲まれた公園のなかに、しれっといる新幹線0系 先頭車。車番21-100

    ここは東京都昭島市。行き先方向幕「ひかり 東京」を出し、昼間、客ドアは開放され、車内に親子などが出入りしていた。

    昭島市図書館 つつじが丘分室(新幹線電車図書館)。

    1991年廃車の新幹線0系 21-100 はいま、岐路に立たされている。昭島市はことし1月、こう伝えた。

    「つつじが丘分室(新幹線電車図書館)閉館のお知らせ:3月28日に、つつじが丘南小学校跡地に新しい図書館オープンするのに伴い、つつじが丘分室は閉館することになりました。長い間ご利用いただき、ありがとうございました」(昭島市

    客室内は、図書館として活用。座席にこしかけて本を閲覧できる。一時は運転室も入れた。行き先方向幕が変わったり、前照灯がついたりも……。

    東海道・山陽新幹線を駆け抜けた0系 21-100は、廃車の翌年、1992年にここ昭島にやってきた。

    走るのをやめたこの先頭車は、28年間、図書館として役目を果たしたいま、その行方が注目されている。

    実はこの新幹線電車図書館から、14キロ北西にも、0系がいる。

    青梅鉄道公園内に保存されている0系 22-75。

    同公園が昭島の0系 21-100 を引き取り、2つの先頭車が並ぶ姿を……という淡い期待の声もある。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【団地のなかで眠る新幹線0系の行方、車内は3月末から客の姿が消えて【フォト集】】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)


    陸送でもするのかな?


    東京メトロ 日比谷線に29年ぶりの新型車両として2017年に登場し、すべての編成が近畿車輛で製造され続々と営業運転についている、13000系。

    その製造計画本数44本の最後のうち、44本めの13000系13144Fが、近畿車輛を出場。まもなく東武鉄道へ搬入される見込み。

    これまでは、廃止が決まった秩父鉄道三ヶ尻線を経由して、東武鉄道へ送り込まれていた。今回の搬入ルートが気になるところ。

    日比谷線は、3・5ドアの18メートル級の東京メトロ03系東武20000系 8両編成から、4ドア20メートル級の東京メトロ13000系・東武70000系 7両編成へと更新。

    これまで日比谷線をかけていた18メートル8両の03系・20000系は、3月にしれっと営業運転から退き、すべてが20メートル13000系・70000系に。

    日比谷線のりばでは、7両4ドアのホームドア設置工事がすすむ。

    13000系はこれで計画どおり44本が出そろった。東武はこのあと70090型という、縦横に座席が回転できる型式なども出てくる。

    70090型は、2020年6月6日に誕生する、東武線・日比谷線 相互直通列車初の座席指定制列車「THライナー」を担う。

    いっぽう、日比谷線を離脱した18メートル東京メトロ03系東武20000系は、東武宇都宮線むけに改造され、20400型として活躍の場を移す車両も。

    東京メトロ03系のなかには、2両や3両に組成変更し、熊本電鉄北陸鉄道長野電鉄へと渡る車両もある。

    <関連記事>
    東京メトロ 日比谷線 03系が北陸鉄道へ、スノープラウやパンタグラフを追加
    https://tetsudo-ch.com/9996589.html
    長野電鉄が新型通勤車両「3000系」導入 日比谷線03系を改造 3500系・3600系を順次置き換え
    https://tetsudo-ch.com/10036027.html
    03系が越谷貨物ターミナルへ!どこ行くのよ
    https://tetsudo-ch.com/8797586.html
    日比谷線ジャムセッション、20m車と18m車の二重奏
    https://tetsudo-ch.com/7456465.html
    激動2020日比谷線メトロ13000系や東武70090型が東大阪市 近畿車輛から運ばれる670kmルート
    https://tetsudo-ch.com/9982592.html



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【東京メトロ 日比谷線 13000系13144F 近畿車輛を出場、全44本が出そろう_東武鉄道への搬入ルートが気になる】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    きょう恵比寿から乗った電車が、いつものE233系7000番台のふくれた車体じゃなくて、あれって思った。ストレートな断面のくるま。客室もボディも209系に近い……。

    東京臨海高速鉄道 りんかい線 70-000形。

    JR東日本209系ベース川崎重工でつくられた東臨運輸区70-000形は、埼京線の川越車両センターE233系ワイドボディと比べると、ややせまく感じる。化粧板やシートといった客室もなつかしい。

    いま埼京線は、E233系38本、70-000形8本が走ってるっていうから、70-000形に出会える率は17%(0.1739130434782609‬)

    で、さらにうわって思ったのは、新木場で京葉線乗り換えたとき。

    京葉車両センターE233系5000番台とはちょっと違う足音のくるま。側面の行き先表示LEDが単色。ドアチャイムなつかしい……。

    京葉車両センターに1本だけ所属する209系10両編成ケヨ34編成。

    京葉車両センターE233系5000番台24本、209系1本が走ってるから、209系ケヨ34編成に出会える率は、4%(0.04‬)。

    ってことで、りんかい線70-000形に出会って、新木場で京葉線電車に乗り換えたときに209系ケヨ34編成に出会える確率は。

    0.1739130434782609 × 0.04‬ = 0.0069565217391304‬

    0.69%

    これが奇跡か平凡かは、あなた次第。



    (出典 news.nicovideo.jp)
        
      

    貴重な車両。



    【京葉線209系ケヨ34編成とりんかい線70-000形に乗れる率は何%?】の続きを読む

    このページのトップヘ