ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ: 関西の鉄道



    (出典 cdn3.railf.jp)


    距離が変わると運賃も変わる。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/09(木) 06:14:14.65 ID:aGoMTSnl9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 image.news.livedoor.com)


    阪堺電気軌道 阪堺線 恵美須町停留場は、現在地から100m南に新設中の1面1線のホームに移す。2月1日から供用を開始する。

    これまでは、降車ホームと乗車ホームの2面あるくし形2面1線。閉鎖中の線路を含めると2面2線だった。新たなホームは、シンプルな1面1線に。

    この移設は、一昨年の台風21号で被災した駅施設の復旧にあわせた取り組みで、バリアフリー化を整え利便性を向上させる。

    この新駅舎移設にともない、恵美須町から各駅の営業キロ程が変更に。一部区間で定期旅客運賃などが変わる。

    定期旅客運賃が変更する区間は、恵美須町~神明町が9kmから8kmへ(通勤・通学とも)、恵美須町~浜寺駅前が15kmから14kmへ(通勤のみ)。

    登録型割引サービスの上限運賃が変更される区間は、恵美須町~細井川が6kmから5kmへ(一般のみ)、恵美須町~神明町が9kmから8kmへ(一般・学生)、恵美須町~浜寺駅前が15kmから14kmへ(一般のみ)。

    2月1日以降は、旧ホームをすべて閉鎖する。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    https://news.livedoor.com/article/detail/17636843/
    2020年1月8日 20時24分 鉄道チャンネルニュース


    (出典 xn--78ja8136e.up.seesaa.net)


    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    【【鉄道】阪堺線 恵美須町停留場が100m南へ、2/1供用開始! 営業キロ程変更で運賃も変わる】の続きを読む


    紀州鉄道株式会社(きしゅうてつどう、英語:Kishu Railway)は、不動産業・ホテル業・鉄道事業を営む日本の企業である。鶴屋産業の系列企業で、本社は東京都中央区にある。 鉄道路線として和歌山県御坊市で紀州鉄道線を運営している。紀州鉄道線を建設したのは御坊臨港鉄道
    9キロバイト (1,093 語) - 2019年5月7日 (火) 00:23



    (出典 www.mintetsu.or.jp)


    会社の看板

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/06(月) 07:19:10.25 ID:43RG64rG9.net

    「紀州鉄道」を知っていますか?

    紀州鉄道は、紀伊半島の西側の海沿いにある御坊駅(和歌山県御坊市)と西御坊駅(同)を結ぶ、営業距離2.7kmの短いローカル線です。
    運営会社名も紀州鉄道。社名からは、和歌山県、あるいは紀伊半島を網羅する鉄道というイメージが湧きます。しかし実態は、運営する鉄道路線が西日本で最短です。
    ちなみに2002(平成14)年に千葉県の芝山鉄道が2.2kmで開業する前は、ケーブルカーを除いて日本一鉄道路線の営業距離が短い鉄道会社でした。

    紀州鉄道の、鉄道の営業規模は日本一小さいといえます。国土交通省の鉄道統計年報によると、2016(平成28)年度の輸送人員は10万7000人。
    1日1km平均の利用者数(輸送密度)は8人/日で、最も少ない数値です。経営は厳しく、距離が短いとはいえ赤字は見過ごせません。
    ところが今まで、廃止やバス転換などの動きは一切なく、沿線自治体への支援要請もしていません。

    紀州鉄道が廃止にならない理由、それは「会社の看板」だからです。紀州鉄道の前身、御坊臨港鉄道は経営不振のため、東京の別荘分譲会社(磐梯電鉄不動産)に買収され、紀州鉄道に社名変更しました。
    その理由は「鉄道会社は信用されるから」だといいます。阪急電鉄や東急電鉄など、大手私鉄が不動産事業で成功しました。それを見て、不動産会社が紀州鉄道の事業と看板を買いました。

    実は、紀州鉄道は観光・リゾートホテル業界で有名な会社です。ホテル事業として、紀鉄ホテルグループの紀州鉄道軽井沢ホテル、紀州鉄道片瀬江ノ島ホテル、
    ホテルナチュレ大阪梅田のほか、会員制リゾートクラブを全国に展開しています。最も規模の小さな鉄道は、日本有数のリゾートビジネス事業を営む会社の一部門というわけです。

    前身は御坊臨港鉄道 紀州鉄道は115期目を迎えた

    とはいえ、不景気、合理化、経営改革という流れのなかで、紀州鉄道は鉄道部門を切り離す選択肢もあったはずです。
    現に十勝鉄道や有田鉄道のように、鉄道事業を廃止しても鉄道会社を名乗る会社はいくつかあります。ではなぜ、紀州鉄道は鉄道を残しているのでしょうか。
    紀州鉄道の代表取締役 中川源行(なかがわもとゆき)さんと、鉄道部長 齋藤 智(さいとうとも)さんに話を聞きました。

    杉山淳一(鉄道ライター。この記事の筆者)「2004(平成16)年に紀州鉄道に乗りました。
    西御坊駅から先の廃線跡を散歩したら、民家の庭先でミカンの無人販売がありまして、そのみかんの香りと甘さ、そしてディーゼルの油煙の臭いを覚えています。
    今は車両が更新されましたが、路線にはのんびりした雰囲気が残っているようですね。よく残っているなあと、鉄道ファンとしては嬉しいです」

    中川社長「大手私鉄さんでも盲腸線(行き止まり路線)を維持していらっしゃいますけれども、盲腸線だけを100%民間で維持する会社は少ないと思います。
    会社の成り立ちについては皆さんおっしゃるとおりで、社史としては御坊臨港鉄道から始まっています。今年度で115期目ですね」

    紀州鉄道が存続する理由 それは社名と鉄道に対する愛着と信用
    杉山「ズバリ聞きたいことがふたつあります。ひとつはなぜ、現在も赤字の鉄道事業を維持しているのか。もうひとつは、なぜ紀州鉄道という会社名を維持しているのか、です。
    紀州鉄道のビジネスはずっとリゾートビジネスが主体で、当時はリゾート業界が急成長していました。
    ここではたとえばCI(コーポレートアイデンティティ)を導入して『○○リゾート』というような社名にする選択肢もあったと思います」

    中川社長「不動産会社がリゾートビジネスを成功させるために、紀州鉄道を買収して社名を残したという話は事実です。
    当社のリゾートビジネスは会員制事業から始まっていまして、紀州といえば徳川御三家、政界の中心、永田町の隣に紀尾井町、ここにも紀の字がある。
    だから、鉄道だけではなく、紀州の『紀』の字にも意味があるんですね



    (出典 img.f.hatena.ne.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 Youtube)

    【4K前面展望】紀州鉄道(御坊~西御坊)


    【【鉄道】赤字鉄道部門 紀州鉄道なぜ存続させるか?ホテルリゾートで知られる企業 社長に聞いた】の続きを読む


    国鉄103電車(こくてつ103けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した直流通勤形電車。 国鉄通勤形電車として、当時の国鉄の財政・設備・保守などの各事情を考慮の上で経済性を最重視して設計され、1963年(昭和38年)3月から1984年(昭和59年)1月までの21年間に3,447両が製造された。
    328キロバイト (49,988 語) - 2019年12月21日 (土) 14:50



    (出典 farm1.staticflickr.com)


    103系も貴重になってます。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/31(火) 06:49:40.92 ID:/7A5DLww9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    1963(昭和38)年から1984(昭和59)年まで、21年間にわたって3400両を超えるまでつくられた国鉄通勤形電車、103系。

    JR東日本エリアからはすでに姿を消して久しい形が、JR西日本の京阪神エリアではまだ現役で走っている路線がある。

    その成り立ちやルートがユニークな山陽線の支線、和田岬線は、兵庫と和田岬を結ぶひと駅盲腸線。

    ここに、網干総合車両所明石支所所属するブルーの103系6両R1編成が入るときがある。

    平日は7~9時台、17~22時台に運転。土休日は朝1往復、夕方1往復しか走らない。2.7kmという短い区間の途中に、川崎重工業車両カンパニー兵庫工場との連絡線や、和田旋回橋といったポイントがある。

    京都と城陽・奈良を結ぶ奈良線には、吹田総合車両所奈良支所所属のうぐいす色4両NS編成が入る。和田岬線と奈良線のどちらにも低運転台・低窓の初期タイプがいる。

    また、中間電動車モハ102に運転台を設置し先頭車化したクモハ102と既存クモハ103を組み合わせた、網干総合車両所所属のあずき色2両BH編成3500番台が、播但線を行く。
    すべて40N体質改善工事を受けたタイプで、側窓サッシやボディが原型を留めないほど刷新されたつるんとしたタイプに。

    この播但線BH編成と同様の103系が加古川線を走る。網干総合車両所明石支所加古川所属の103系3550番台M編成は、貫通扉つきのフェイス。
    カラーは常磐線と同じエメラルドグリーンだけど、40N体質改善工事後のボディと2両編成、貫通扉顔からか、常磐線と同じ面影はない。

    ―――6両、4両、2両と、各路線の個性を持ち合わせながらいまも走る関西の103系。国鉄形通勤電車のレジェンドな走りを、五感をフルにきかせて感じてみて。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    https://news.livedoor.com/article/detail/17600452/
    2019年12月30日 14時3分 鉄道チャンネルニュース


    (出典 funini.com)


    (出典 express22.cocolog-nifty.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 imgc.eximg.jp)
    ,quality=70,type=jpg


    【【鉄道】残りわずか、いまも国鉄103系が走る路線】の続きを読む


    加悦SL広場(かやSLひろば)は京都府与謝野町加悦にある鉄道保存展示施設。主に加悦鉄道で活躍した車両を展示している。1977年(昭和52年)9月に開設された。当初は加悦駅構内(1985年に営業廃止)にあったが、1993年(平成5年)に当時の加悦町へ加悦駅用地を譲渡することになったため、1996年(平
    11キロバイト (1,167 語) - 2019年12月25日 (水) 08:33



    (出典 yosano-kankou.net)


    貴重な車両があります。

    1 靄々 ★ :2019/12/24(火) 00:28:36 ID:U8s2WRmA9.net

    加悦SL広場、20年3月閉園へ 貴重な鉄道車両27両展示「引き取り手探したい」

     明治時代に製造され国の重要文化財に指定されている「123号蒸気機関車」を展示する京都府与謝野町滝の「加悦SL広場」について、運営する宮津海陸運輸(宮津市)が来年3月末での閉園を検討していることが23日、分かった。町の観光拠点の一つで、関係者からは落胆の声が漏れている。
     広場は1996年、同町加悦から移転してオープン。手動式の転車台があり、蒸気機関車や気動車など27両が展示されている。同社によると、現在車両の整備を担当する社員は1人。技術継承が困難な上、腐食が進んでおり、車両の維持が難しいと判断した。
     町はこのほど、町議会全員協議会で経緯を説明した。町は「会社の方針でやむを得ないが、府と対策を協議したい」としている。宮津海陸運輸の佐野博社長は京都新聞社の取材に、「施設全体を譲渡するのは難しい。車両の引き取り手を探したい」と述べた。
     広場の運営に協力する加悦鐵道保存会の吉田博一理事長(58)は「本当に残念。存続が困難なら、町も私たちと車両の保存に向けた方法を考えてほしい」と話した。


    来年3月末での閉園が検討されている加悦SL広場(京都府与謝野町滝)

    (出典 www.kyoto-np.co.jp)


    https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/104905
    2019年12月23日 21:00 京都新聞


    【【京都】「123号蒸気機関車」を展示する加悦SL広場、20年3月閉園へ 貴重な鉄道車両27両展示「引き取り手探したい」】の続きを読む



    (出典 response.jp)


    喫煙車が残っていたんですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/25(水) 06:59:53.46 ID:UU4Q0mfp9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    2020年2月1日(土)より、近鉄は特急列車の座席を全席禁煙にします。

    近鉄はこれまで特急車両に順次喫煙室を設置し、全席禁煙化工事を進めてきました。
    このたび、大半の列車で喫煙室の設置された車両で運行可能になるまで工事が進展したこと、
    また2020年4月1日に施行される改正健康増進法を踏まえ、全席禁煙に踏み切りました。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    各特急車両喫煙室 画像:近畿日本鉄道株式会社
    なお、観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」および一部の特急車両(12200系)は喫煙室のない編成となります。近鉄の発表によれば12200系車両は2020年度末までに順次特急列車の運用から外れるとのこと。

    また、地下区間や駅全体が屋根に覆われたターミナル駅の構内など、改正健康増進法では屋内扱いとなる区間・箇所では特急列車の喫煙室であってもタバコを吸うことはできません。

    【当該区間】
    (1)大阪難波駅~大阪上本町駅間(地下線区間)
    (2)近鉄奈良駅、近鉄名古屋駅(地下駅)
    (3)大阪上本町駅、京都駅、大阪阿部野橋駅
    (駅全体が屋根に覆われたターミナル駅)



    (出典 tmsys.cocolog-nifty.com)


    (出典 tmsys.cocolog-nifty.com)


    (出典 cdn3.railf.jp)


    https://news.livedoor.com/article/detail/17573630/
    2019年12月24日 14時35分 鉄道チャンネルニュース


    【【鉄道】近鉄、来年2月から全特急車両の座席を禁煙化 12200系は順次特急の運用から離脱】の続きを読む

    このページのトップヘ