ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ: 東海地方の鉄道



    (出典 img.aucfree.com)


    中央線を走るのかな?



    愛知機関区所属のEF64電気機関車1021号機が、国鉄色に塗り替えられて大宮車両所(大宮工場)を出場。きれいな姿がTwitterアップされている。

    EF64 1021 は、1981年東洋電機製造 川崎重工業でつくられた機材。ことし3月初旬に大宮工場に入場し、全般検査を経て、青地にグレー帯の更新色から前面クリーム色帯の国鉄色(原色)に塗り替えられて出場した。

    EF64国鉄色復帰作業は、未更新車の廃車にあわせて実施。既存の機材が更新車だけになったことから、更新色を順次やめ、もとの色に戻している。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【愛知機関区 EF64 1021が国鉄色に、更新車ですすむ原色化】の続きを読む



    (出典 www.jalan.net)


    ローカル線ならではの魅力があります。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/16(Thu) 00:34:23 ID:FmXf3Y8w9.net

    夜景電車は現在、夜景電車「ナイトビュープレミアムトレイン(~岳南夜景のフルコースをご堪能~)」の予約受付を行っている。(富士山経済新聞)

    2019年に夜行電車運行5周年記念企画として実施した「ナイトビュープレミアムトレイン」。5月3日・4日は新型コロナウィルス感染拡大を受け中止となり、6月20日の予約を受け付けている(中止になる場合あり)。

    夜景電車は岳南電車沿線の静寂な夜景を見てもらおうと始めたもので、鉄道として日本初の「日本夜景遺産」に認定された。
    車両を消灯し吉原-岳南江尾間を往復し、車内から見える街・港・工場・暮らしのほのかな明かりなどを、夜景鑑定士の資格を持った駅員の案内と共に楽しめるという。

    5周年記念企画では、富士市かぐや姫・かぐや姫クイーンが観光PR&おもてなしを行う企画、「光る切符」、地元の「田子の浦しらす」をふんだんに使った駅弁、ドリップコーヒーバッグ「夜景電車ブレンド」などを発売した。

    「夜景電車」に事前予約の座席指定制を導入した「ナイトビュープレミアムトレイン」。ビュースポット区間では徐行運転し、いったん停車など普段ではできない特別な運転を実施。
    行程内の岳南富士岡駅、岳南江尾駅、本吉原駅では電車からいったん降車し、鉄道夜景スポットなどを夜景観光士が案内する。

    今季は駅の目の前にそびえたつ製紙工場と駅と夜景電車の3点を一つの写真に収めることができる本吉原駅を新スポットとして案内。
    途中駅の演出リニューアルも行うほか、夜景電車のアイテムである「新しい光る切符」や、土産のコーヒードリップバック「夜景電車ブレンド」も用意する。

    行程は、吉原駅19時19分発、岳南富士岡駅(停車)、岳南江尾駅(停車)、本吉原駅(停車)、吉原駅20時41分着。

    価格は、駅弁「いわしらす重」が付く「名物駅弁コース」が大人=2,500円、子ども=1,900円。お手軽コースが同=1,700円、同=1,100円。料金は当日受付で現金払い。

    受付時には新型コロナウイルス対策として検温などの健康チェックや、手の消毒などを実施。対策として募集定員は通常より25%減とし50人としている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200415-00000048-minkei-l22
    4/15(水) 19:31配信


    (出典 pbs.twimg.com)

    h
    (出典 rr.img.naver.jp)


    (出典 public-newswitch.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com)


    (出典 dg1217.up.seesaa.net)


    (出典 img01.i-ra.jp)


    (出典 www.jalan.net)


    (出典 chinobouken.com)


    (出典 images.tetsudo.com)


    (出典 ele-aichi.com)


    (出典 image.excite.co.jp)


    (出典 i.ytimg.com)


    (出典 pds.exblog.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 Youtube)

    富士工場夜景in岳南電車


    (出典 Youtube)

    白夜行 影(柴咲コウ)


    【【鉄道】岳南電車で貸切「夜景電車」 夜景鑑定士の駅員が「日本夜景遺産」案内 工業地帯夜景】の続きを読む



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    使われていない高架がある。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/02(Thu) 12:43:58 ID:N8u0A5Hd9.net

    1時間に1本、1両編成の城北線

    日本の三大都市圏である名古屋圏。日本最大のクルマ社会としての印象も強い。
    その中心駅である名古屋駅から、東海道線を北に一駅いった枇杷島駅に行くと、“都会屈指のローカル線”とも言える路線がある。名古屋市に本社を置く東海交通事業が運営する城北線だ。

    城北線は、愛知県清洲市の枇杷島駅と、春日井市の勝川駅間11.2キロメートルを約17分で繋ぐ。
    東海道線と中央本線のバイパスになるような形で名古屋市の北部を半環状に結んでおり、首都圏にお住まいの方なら、武蔵野線をイメージすると近いかもしれない。
    作りかけだったJR東海の貨物線を旅客線に転用する形で、1993年に全線開業した。

    だが車両が1両編成しかなく、電化もされていない。東海交通事業はJR東海の完全子会社であり、車両はJR東海と同じものが使用されている。
    のホームに停車する東海道線が8両編成で停まっている隣に、ディーゼルエンジン音を響かせる1両編成の車両が並んでいるのを見ると、異様な光景にも映る。

    列車の本数も日中は1時間に1本しかなく、平日全体で27本、休日全体でも19本しかない。
    さながらローカル線といった感じだ。だが、いざ乗車してみると、地上を列車が走るのは枇杷島駅周辺ぐらいで、以降は終点の勝川駅まで新幹線のような高架の上をひたすら走る。

    車窓は見渡す限り地平線まで建物が広がっており、さながら名古屋大都市圏の中心部にいることが実感できる。途中から名古屋第二環状自動車道と並走し、
    ジャンクションの間をジェットコースターのように縫って走る場面もある。線路もほぼ全線にわたって複線で、レールも継ぎ目が少ないロングレールで実に都会的だ。

    こうして見ると、まさしく大都市の中心を走る路線と言って間違いないのだが、だからこそ違和感を覚えるところも多い。まず非電化なので線路の上に当然架線はなく、複線であるにもかかわらず、
    走っていてすれ違う列車はない。途中で名古屋市営地下鉄鶴舞線と名鉄犬山線、小牧線と交差するが、直通する乗換駅はない。実にもったいなくも感じる。

    繋がっていない20メートルの高架橋

    終点の勝川駅へと到着すると、この感情は頂点に達するだろう。勝川駅にはJR中央本線と接続しているものの、わずか20メートルを残して高架橋が繋がっていないのだ。
    そのため、JRに乗り換える際は、その手前に設置されているホーム端から地上に降り、住宅地の中を5分ほど歩く必要がある。距離にして約500メートルだ。

    一方で、その100メートル先の勝川駅に行くと、ホームの中心部に線路が敷けるスペースが確保されており、将来的に城北線が乗り入れられる構造にはなっている。

    一体なぜ、ここまで“もったいない”構造になっているのか。春日井市都市政策課で交通を担当する、松浦武幸さんはこう説明する。

    「勝川駅が今のような構造になったのは、2009年に駅の立体化(高架化)が完了してからです。県と市が中心となって立体化事業を進めたのですが、最後の部分だけ繋がっていないのは、コストの問題がネックになっている感じですね」

    市は東海交通事業の親会社であるJR東海に毎年要望書を提出しているものの、JR東海からの回答は「必要な経費を賄えないため接続は考えていない」というものだ。
    城北線は国鉄時代に貨物線として整備された経緯から、JR東海は城北線の「賃借料」を毎年約40~50億円を鉄道建設・運輸施設整備支援機構(旧・鉄道公団)に支払っている。こうした経常費用もあり、JR東海も動き出せていない現状だ。

    だが、この「賃借料」も2032年度には終了し、以降は城北線のインフラ全てがJR東海に移管される見通しだ。
    また、自治体サイドでも「城北線整備促進協議会」を愛知県と沿線自治体である清須市、名古屋市、春日井市の3市で動いており、住民への利用促進や、城北線の改善要望をJRに働きかけ続けている。


    https://news.yahoo.co.jp/byline/kawashimataro/20200402-00170023/
    4/2(木) 11:34


    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    (出典 contents.trafficnews.jp)


    (出典 contents.trafficnews.jp)


    (出典 jiyuugatanookite.com)


    (出典 www.asahi.com)


    【【鉄道】名古屋のローカル鉄道がまさかの利用者増 “脱クルマ社会化”する中京圏のゆくえ】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)


    N700系新幹線 台車の製作

    (出典 Youtube)


    ひとつ間違ったら、事故のもとですね。

    東海道新幹線の台車の異常を早期発見するための設備導入が間もなく完了します。

    JR東海2020年3月25日時点で、通過する列車の台車の温度をモニタリングする「台車温度検知装置」の増設を完了。新たに東京~新大阪駅間の3箇所(瀬戸川橋梁、木曽川橋梁、神崎川橋梁)に設置し、従来の酒匂川橋梁・豊川橋梁とあわせ計5箇所としました。

    台車温度検知装置によって測定した各地点の温度データをもとに、複数の地点間の台車の温度推移(温度上昇量)を監視する「温度推移監視システム」も導入。現行では温度基準値を越えてから異常を検知していましたが、これからは基準値を越える前に台車の異常を検知します。

    また2020年4月10には台車の空気ばね圧力監視機能の導入が完了する予定です。通常、台車には車両を支えるための空気ばねが取り付けられていますが、このばねの圧力を自動的に分析し、異常を検知した際に運転台にアラームを表示させるというものです。

    同社は2017年12月に発生した新幹線車両の台車枠き裂事象を踏まえ、車両の異常早期発見に向けた取り組みを実施してきました。今回の設備導入もその一環と見られます。

    鉄道チャンネル編集部
    資料画像:JR東海



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【東海道新幹線 台車の異常早期発見に向けた設備などを導入】の続きを読む



    (出典 tsushima-keibendo.a.la9.jp)


    このときにもローカル線の応援を。

    前面にはプラレールキャラクターてっちゃん」がデザインされたヘッドマークを掲出 (c)TOMY

    2020年3月28日(土)、樽見鉄道岐阜県第三セクター)のハイモ295-315が「プラレールラッピング列車として運行を開始しました。

    樽見鉄道株式会社株式会社タカラトミーは「お子様やファミリーでお楽しみいただける列車を作りたい」という考えからコラボレーションを実施。ラッピング車両はその第1弾にあたります。運行は2022年3月末までのおよそ2年間。

    ラッピングイメージ (c)TOMY

    樽見鉄道コラボ企画第2弾として、夏頃にお子様向けのプラレールイベントの開催を予定しています。こちらは新型コロナウイルスの影響に鑑み実施していくとのことです。

    鉄道チャンネル編集部
    画像:株式会社タカラトミー
    プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【樽見鉄道にプラレールラッピング列車が走り始めた】の続きを読む

    このページのトップヘ