ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ: バス・車



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    バスでも赤字ですから鉄道が廃止になってしまえば、交通の手段がなくなってしまいます。

    1 水星虫 ★ :2019/11/23(土) 17:23:49.78 ID:g6xxChQZ9.net

    「高速ひだか号」来月で廃止へ

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/20191123/7000015612.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    室蘭市に本社がある道南バスは、札幌と日高を結ぶ「高速ひだか号」について
    運転手不足や採算がとれないことから来月20日を最後に廃止することを決めました。

    「高速ひだか号」は道南バスが昭和63年に運行を始め、日高町と札幌市の間を1日1往復しています。
    道南バスによりますと、バスの運転手が足りないことや、「高速ひだか号」の昨年度の乗客数が
    平均で14.5人と採算がとれる目安の25人を大幅に下回ったことから、
    路線の維持が難しいとして来月20日の運行を最後に廃止を決めたということです。

    道南バスはことし9月、沿線の4つの町に廃止の方針を伝えましたが、
    4町からは廃止の撤回を求められたということです。
    このため会社では、同じく廃止を検討していた日高町と苫小牧市を結ぶ「特急ひだか号」を
    存続させるとともに、札幌に乗り入れるほかの高速バスに乗り換えられるよう
    ダイヤを調整するということです。

    道南バスは「ほかのバス路線を残すための苦渋の判断だった。ご理解いただきたい」としています。

    11/23 12:43


    【【北海道】鉄道が赤字ならバスでしょ → 札幌と日高を結ぶ高速バスひだか号、赤字で廃止へ】の続きを読む


    自動車税の抜本改革検討へ 走行課税の導入も - 産経ニュース
    政府・与党は今月中旬にまとめる平成31年度税制改正大綱で、自動車に関連する税体系を将来、抜本的に見直す方針を示す。今後、ガソリンを使わない電気自動車(EV) ...
    (出典:産経ニュース)



    (出典 hayakawayuki.com)


    メリット、デメリットあります。鉄道に取ってみれば、追い風になります。鉄道会社にとってみれば、チャンスかもしれません。

    1 ガーディス ★ :2019/09/04(水) 22:15:47.47

    今話題となっているのが、その「自動車税」を今後「走行距離課税」に変更するという法案。政府与党によって立案された「走行距離課税」は、その名の通り自動車の走行距離に応じて課税を行うというものです。
    近年話題となっている「若者の自動車離れ」で自動車の保有者が減少していることや、電気自動車の普及で排気量に応じた税収が難しくなること、ハイブリット車の増加により低燃費の車が増え長期的に見るとガソリン税の税収にも影響してくることなど、多くの要因が重なり、将来的には自動車関連の税収も大幅に減少することが予想されます。

    その対策として打ち出されたのが、今回の「走行距離課税」です。「従来の課税方法では将来的に税収が減少する」という課題を抜本的に見直すべき、という声から立案されました。

    全文
    https://iromame-beans.jp/user/yu2otktk/afcd7a262d16d188d3f5


    【【車で走っても税金】日本政府、自動車走行税を検討か 1000キロで5000円?1km5円の方向で検討か】の続きを読む


    鉄道デザインの「水戸岡・奥山」 バス対決


      (出典 contents.trafficnews.jp) 

    鉄道デザインの「水戸岡・奥山」、今度はバス対決 鉄道デザインの「水戸岡・奥山」、今度はバス対決
    JR九州の「ななつ星 in 九州」をデザインした水戸岡鋭治氏とJR東日本の「トランスイート四季島」のデザイナー・奥山清行氏。鉄道界を代表する2つの豪華観光列車のデザイナーが、今度は観光バスのデザイン…
    (出典:経済総合(東洋経済オンライン))


      (出典 image.news.livedoor.com) 

    水戸 鋭治(みとおか えいじ、1947年7月5日 - )は、日本のインダストリアルデザイナー(工業デザイナー)、イラストレーター。 岡山市吉備津(現:北区)出身[要出典]。ドーンデザイン研究所代表取締役。九州旅客鉄道(JR九州)デザイン顧問、両備グループデザイン顧問、おかやま夢づくり顧問。公益財団
    27キロバイト (2,710 語) - 2019年2月17日 (日) 17:02


     (出典 tk.ismcdn.jp) 

    奥山 (おくやま きよゆき、1959年 - )は、日本の工業デザイナー、カーデザイナー。日本以外では Ken Okuyama(ケン・オクヤマ)の名前で活動している。 山形県山形市出身。イタリアピニンファリーナ社デザインディレクター(Creative Director)を経て2006年(平成18年)9月に独立。現在、KEN
    21キロバイト (2,118 語) - 2019年1月17日 (木) 04:47


      (出典 pbs.twimg.com) 

     JR九州の「ななつ星 in 九州」をデザインした水戸岡鋭治氏とJR東日本の「トランスイート四季島」のデザイナー・奥山清行氏。鉄道界を代表する2つの豪華観光列車のデザイナーが、今度は観光バスのデザインで腕を競う。

     (出典 qbiz.jp) 
    【鉄道デザインの「水戸岡・奥山」 バス対決】の続きを読む

    このページのトップヘ