ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ:海外の鉄道 > 東アジア


    慢性赤字の韓国鉄道公社、4千億ウォンの粉飾会計で黒字偽装 - 朝鮮日報
    韓国鉄道公社が昨年の純利益を実際よりも3943億ウォン(約347億円)水増しし、実際には1050億ウォンの赤字だったにもかかわらず、2893億ウォンの黒字と公表していた ...
    (出典:朝鮮日報)


    韓国鉄道公社(かんこくてつどうこうしゃ、英: Korea Railroad Corporation)は、大韓民国の鉄道を運営している鉄道運営公社である。本社は大田広域市にある。KORAIL、코레일(コレイル)の愛称がある。 韓国鉄道は、1963年から2004年まで鉄道
    28キロバイト (3,612 語) - 2019年8月1日 (木) 09:04



    (出典 www.sankei.com)


    偽装はよくないです。車社会だから赤字になるのは無理のない話です。

    1 右大臣・大ちゃん之弼 ★ :2019/08/20(火) 17:05:15.57 ID:CAP_USER.net

    韓国鉄道公社が昨年の純利益を実際よりも3943億ウォン(約347億円)水増しし、実際には1050億ウォンの赤字だったにもかかわらず、2893億ウォンの黒字と公表していたことが分かった。同公社は黒字公共機関に分類されるために、事実上の粉飾会計に及んだのではないかと指摘されている。

     総理室、企画財政部によると、粉飾会計の疑いは、監査院が最近鉄道公社など23の公共機関を対象に実施した「公共機関決算監査」で明らかになった。

     監査院は鉄道公社が法人税法上の収益を誤って算定し、収益を過大計上したと結論づけた。鉄道公社の外部監査法人である大手会計事務所のサムジョンKPMGによる会計監査に問題があったのではないかとする責任論も浮上している。鉄道公社側は「法人税法の改正内容を公社と会計法人が認識できず、収益を過大計上した。監査院の監査で帳簿上の収益を削除した」と説明した。

     鉄道公社は今年6月に発表した企画財政部の2018年の公共機関経営評価で17年(C等級・普通)よりも1段階高いB等級(良好)に分類された。元国税庁幹部は「今回の事例は企業の経営実績を良く見せかけようと利益を水増しする事実上の『粉飾会計』だ」とし、「誤った業績に基づき、職員に成果給を支給したり、さまざまな金融上の優遇を受けたりすれば、結局国民が被害を受けることになる」と話した。

     鉄道公社による収益水増しは公共機関の放漫な経営と会計の実態を端的に示している。鉄道公社は慢性的な赤字にもかかわらず、昨年には職員1人当たり平均で1081万ウォンの成果給、賞与を支給した。2万8000人以上の職員に総額3000億ウォン以上を支給したことになる。役員は3500万~5500万ウォンを受け取った。

    鉄道公社の負債は15年時点の13兆4502億ウォンから昨年には15兆5532億ウォンへと2兆ウォン以上増えた。16年の2265億ウォンの赤字に続き、17年には赤字が8555億ウォンへと急増した。一方、職員の定員は15年の2万7981人から今年6月末には3万2267人へと4286人(約15%)増えた。今年も昨年より1段階高い18年の経営評価等級(B等級)に基づき、成果給を支給する見通しだ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の選対出身で、昨年2月に鉄道公社社長に就任から10カ月後、江陵線KTX脱線事故で引責辞任した呉泳食(オ・ヨンシク)元社長も数千万ウォンの成果給を受け取るとみられる。

     他の公共機関も事情に大差はない。放漫な経営や会計を監視するシステムが作動しないままだ。339ある公共機関のうち、監査院の監査対象は23にすぎない。韓国電力公社など一部の政府系企業は上場しているが、金融監督院の監理を受けない。公共機関の大半が会計処理の「死角地帯」に置かれていることになる。大手会計事務所幹部は「公共機関の会計監査は監視の目が少なく、会計法人が安易に考えているのは事実だ」と話した。

     公共機関の業績を水増しして、成果給を大盤振る舞いしたり、故意に業績を過小計上して脱税したり、政府の予算配分を多く受け取ったりするケースもある。これも全て国民が被害を受ける。

     これに先立ち、韓国農漁村公社は経営実績評価で高評価を得るため、14-15年に総額9637億ウォン規模の国策事業の工事が終了していないにもかかわらず、完成したかのように処理し、総理室に摘発された。

     韓国産業銀行は11年の営業利益を最大2443億ウォン水増しし、行員に成果給を上積み支給したことが監査院の監査で指摘された。

    アン・ジュンヨン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/20/2019082080008.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/08/20 09:00


    【【朝鮮日報】慢性赤字の韓国鉄道公社、4千億ウォンの粉飾会計で黒字偽装[8/20]】の続きを読む


    破損した窓ガラスにテープ貼って300キロを走行したKTX…恐怖の2時間=韓国(中央日報日本語版) - Yahoo! - Yahoo!ニュース
    KTX列車の窓が破損したが、接着シーツで臨時措置をしたまま翌日正常運行した事実が確認された。時速300キロで走る列車の客室で強い風の音に苦しめられた乗客は ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    韓国高速鉄道 (KTXからのリダイレクト)
    韓国高速鉄道(かんこくこうそくてつどう、英: Korea Train eXpress, KTX)は、大韓民国(韓国)の高速鉄道システムである。フランスのTGVの技術を全面的に導入しており、営業運転での最高速度は305km/hである。 1990年に事業計画・路線が確定し、1992年6月に着工、12年
    131キロバイト (9,634 語) - 2019年5月14日 (火) 21:55



    (出典 i.ytimg.com)


    日本ではありえないです。

    1 ガラケー記者 ★ :2019/05/16(木) 15:23:38.11 ID:CAP_USER.net

    15日、JTBC報道によると、この日午前9時30分ごろソウル龍山(ヨンサン)駅を出発した木浦(モクポ)行きのKTX列車客室の窓ガラスは割れていた。14日馬山(マサン)からソウル駅に向かっていたところ、線路の砂利が飛んで窓にぶつかりこのようなことが起きたというのだ。

    客室の割れた窓ガラスには半透明の接着シーツがぼろぼろに貼られていた。列車が走り始めるとシーツは風によりはためいた。速度が高まるほど客室内部から聞こえてくる風の音も大きくなった。

    この列車搭乗客のイさんはJTBCに「私が座った席の外部の窓が割れていた」とし「一日前に前売りしたが、通知をすべきだったのではないかと思う」と話した。イさんは結局席を移したが、列車が走る2時間の間不安感を感じた。

    これについてKORAIL側は「直ちに代替する列車がなく、マニュアル通りに臨時措置を取ったこと」としながら「外部の窓は破損したが内部に強化ガラスが残っており、安全には問題がなかった」と説明したとJTBCは伝えた。
    中央日報/中央日報日本語版
    2019年05月16日 06時57分
    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=253402


    【【鉄道】破損した窓ガラスにテープ貼って300キロを走行したKTX…恐怖の2時間[05/16]】の続きを読む


    中国で消えた時刻表


    中国で消えた時刻表が日本で生き続けるわけは? 中国で消えた時刻表が日本で生き続けるわけは?
    …中国の鉄道時刻表を日本語で発行する日本の愛好家がいる。デジタル化が進むなか、中国は2016年夏を最後に紙の時刻表は取りやめた。本家で役割を終えたはずの…
    (出典:国際総合(GLOBE+))


    中華人民共和国鉄道部(ちゅうかじんみんきょうわこくてつどうぶ )は、中華人民共和国国務院に属していた行政部門。鉄道行政を管轄していた。鉄道部と交通運輸部が、日本の旧運輸省(現国土交通省の一部)にあたる。日本の報道では「中国鉄道省」の表記も多く見られる。 戦争に備えて軍隊や武器なども輸送する鉄道部は共産中国
    4キロバイト (475 語) - 2019年4月29日 (月) 04:18



    (出典 www.shikebiao.info)


     中国の鉄道時刻表を日本語で発行する日本の愛好家がいる。デジタル化が進むなか、中国は2016年夏を最後に紙の時刻表は取りやめた。本家で役割を終えたはずの「紙」へのこだわりは、広大な大地をひた走る鉄路に寄せられた日本の「テツ」愛の奥深さを物語る。

     日本語で書かれた「中国鉄道時刻表」を発行するのは、中国鉄道時刻研究会。中心となるのは、団体職員の何ロク(か・ろく)さん(27)と会社員のtwinrailさん=ハンドルネーム=(26)。ふたりは東京大学工学部時代に知り合う。それぞれ大学院でも、交通にかかわる社会基盤の整備を専攻した。どちらかといえば「乗り鉄」の何さんと「撮り鉄」のtwinrailさん。「雄大で魅力あふれる中国の鉄道を多くの人に楽しんでほしい」。2013年に研究会を結成し、仲間を募って時刻表の刊行を始めた。14年夏号を皮切りに、これまで4刊を編んで販売している。

      最新刊の2018ー19冬号は全486ページで、2500円。発行部数は約2500部である。日本のJRやJTBが毎月発行している時刻表と同じB5サイズだ。目的地別に並べられていた中国の時刻表が、路線別に組み替えられている。地図も網羅している。中国の鉄道の乗り方や鉄道にまつわる中国語の指南から、シルクロードを走る観光列車「敦煌号」の乗車ルポやコラムまで、実用的かつ読んで楽しい仕立てになっている。私は最初に開いたときに、その仕事の丁寧さに感激した。

    【中国で消えた時刻表】の続きを読む


    中国鉄道の負債残高が過去最高の87兆円に=2018年純利益の2580年分 (2019年5月4日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    中国全国の鉄道事業を運営する中国鉄路総公司の3月末時点の負債残高が、過去最高の5兆2683億元(約87兆2400億円)に達したことが分かった。中国メディアの新京報 ...
    (出典:エキサイトニュース)


    中華人民共和国鉄道部(ちゅうかじんみんきょうわこくてつどうぶ )は、中華人民共和国国務院に属していた行政部門。鉄道行政を管轄していた。鉄道部と交通運輸部が、日本の旧運輸省(現国土交通省の一部)にあたる。日本の報道では「中国鉄道省」の表記も多く見られる。 戦争に備えて軍隊や武器なども輸送する鉄道部は共産中国
    4キロバイト (475 語) - 2019年4月29日 (月) 04:18



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 AHRA ★ :2019/05/07(火) 07:41:46.09

    中国全国の鉄道事業を運営する中国鉄路総公司の3月末時点の負債残高が、過去最高の5兆2683億元(約87兆2400億円)に達したことが分かった。中国メディアの新京報が2019年5月1日付で報じた。同公司の2018年通年の純利益は20億4500万元(約339億円)で過去最高だったが、単純計算では同社は純利益約2580年分の負債を抱えていることになる。

    2018年の売上高は1兆955億元(約18兆1600億円)で、前年の1兆154億元(約16兆8100億円)を上回った。純利益は20億4500万元で、前年の18億1900万元(約302億円)を上回り、過去最高になった。

    18年の運輸収入は7569億元(約12兆5500億円)で、客運収入は3570億元(約5兆9200億円)、貨物輸送収入は3522億元(約5兆8400億円)だった。

    2018年末の負債残高は5兆2134億元(約86兆4300億円)で、19年3月末にはさらに増えて5兆2683億元に達し、過去最高になった。純利益も増加しているが、負債残高も増加しており、19年3月末の負債残高を18年通年の純利益で割る単純計算をすると、約2580年分ということになる。

    なお、中国の鉄道事業は1954年に発足した政府・鉄道部が担当していたが、2013年3月には、政府・交通運輸部国家鉄路局が行政部門を、中国鉄路総公司が事業部門を担当する組織改革が実施された。長期に渡り政府部門が鉄道事業を担当していたのは、戦時には軍や武器なども輸送する「準軍事部門」の扱いを受けていたからだ。しかし、2011年には劉志軍鉄道部長(鉄道相、当時)が職権乱用などで解任され(13年に有罪判決が確定)、11年7月には高速鉄道で多数の死者を出す追突脱線事故が発生したことが、組織改革のきっかけになった。

    中国鉄路総公司の巨額の負債は、政策により高速鉄道網など急速かつ大規模な建設事業を続けているからとされる。

    現在の中国鉄路総公司は、中央政府がすべての資産を保有する国有中央企業だ。これまで「株式上場を目指すのでは」との見方がしばしば発生したが、新京報は「業界関係者の多くは、中国鉄路総公司は巨大すぎて、近い将来に全体上場を行う可能性は低い。ただし、傘下の優良資産部分を上場させる可能性は存在する」と紹介した。

    2019年5月4日(土) 6時30分
    https://www.recordchina.co.jp/b707088-s0-c20-d0142.html


    (出典 images.china.cn)


    【【中国経済ヤバイ】中国鉄道の負債残高が過去最高の87兆円に=2018年純利益の2580年分】の続きを読む


     中国人が誇りにしている高速鉄道世界一となった営業距離をさらに伸ばしているが、他国が真似をすることはできるのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国の高速鉄道の成功には9つの理由があり、他国が真似することはできないとする記事を掲載した。

     記事はまず、中国の高速鉄道の「前代未聞の急速な発展」を自画自賛。多くの世界一を達成し、営業速度でも建設規模でも建設速度でも世界一で、営業距離、コストパフォーマンスも最高で、そのうえ高速鉄道知的財産権も保有していると手放しで絶賛した。では、他国は中国の高速鉄道から何を学べるのだろうか。記事は、「他の国が学べることはない」と主張。技術面は学べるとしても、ここまで発展したのは、中国にしかクリアできない条件がたくさんあったからだという。

     記事によると、この条件とは、広大な「国土面積」、「人口」、「経済力」、「工業システム」、「進取の気質」、「建設作業員の素質」、「システム管理」、「キーマン」、「国民の支持」の9つである。

     中国では、高速鉄道を語るのに日本は欠かせない存在となっている。記事は、日本を高速鉄道の「元祖」と高く評価しながらも、国土面積が小さすぎて中国の高速鉄道のようにはなれないとした。新幹線の営業距離も「すでになかなかのもの」だが、国土面積に限りがありこれ以上建設を進めると「国外に出てしまい」、速度にも限界があり、これ以上の発展は見込めないと主張している。

     ただ、日本にはもう1つ注目すべきところがあるという。新幹線の導入に尽力した「新幹線の父」十河信二氏を、高速鉄道史に名を残す重要人物として紹介。「こうした人物は求めても得られるものではない」と、蒸気機関車を設計した「鉄道の父」ジョージ・スチーブンソンとともに、恭しく敬意を表している。

     中国は高速鉄道を国民の誇りにするとともに、高速鉄道について語る際には日本の新幹線が元祖であることを付け足すことを忘れないようだ。これは、営業距離や営業速度などで世界一を記録した気持ちの余裕から来るのかもしれないが、同時に中国国内ではほとんどの路線が赤字であることがしばしば指摘されている。営業距離が延びるほど赤字が増える現状では、他国も真似したいとは思わないかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    高速鉄道の「元祖」である日本ですら、中国高速鉄道の成功は模倣できない=中国メディア


    (出典 news.nicovideo.jp)

    高速鉄道の「元祖」である日本ですら、中国高速鉄道の成功は模倣できない=中国メディア - ニコニコニュース
    中国人が誇りにしている高速鉄道。世界一となった営業距離をさらに伸ばしているが、他国が真似をすることはできるのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国の ...
    (出典:ニコニコニュース)


    中華人民共和国の高速鉄道(ちゅうかじんみんきょうわこくのこうそくてつどう)では、中華人民共和国における高速鉄道について記す。中国では高速列車のサービスが2007年に導入され、現在では多くの幹線で高速運転が行われているほか、建設中の高速鉄道用の路線や計画が多く存在している。 中国高速鉄道網は、高速
    74キロバイト (8,539 語) - 2019年2月25日 (月) 04:13



    (出典 www.2427junction.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【高速鉄道の「元祖」である日本ですら、中国高速鉄道の成功は模倣できない=中国メディア】の続きを読む

    このページのトップヘ