車内販売(しゃないはんばい)とは、列車やバスの車内において物品を販売するサービスのことである。略して車販(しゃはん)ともいう。食堂車とともに、列車内の供食サービスの一つである。 日本では1934年、鉄道省は食堂車が連結されていない列車で弁当類販売の要望があったため、試験的に販売
26キロバイト (3,832 語) - 2019年3月15日 (金) 10:03



(出典 response.jp)


残念です。

1 名無しさん@涙目です。 :2019/05/28(火) 15:53:11.67 ID:1Dd3ijZO0●.net BE:201615239-2BP(2000)


 JR東日本は2019年5月28日(火)、新幹線や在来線特急の車内販売で、ホットコーヒーの取り扱いを終了すると発表しました。

 販売取りやめは7月1日(月)から。JR東日本は、乗車前に弁当や飲み物を購入する人が増えて車内販売の利用が減っていることから、取扱品目のうち、ホットコーヒーの販売を終了するといいます。

 また、今年3月以降、北陸新幹線「かがやき」「はくたか」のみで継続していた弁当、軽食類(サンドウィッチ類)、デザート類、おみやげ類、雑貨類の販売も7月1日(月)から取りやめる予定です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00010003-norimono-bus_all


【【悲報】新幹線・在来線特急のホットコーヒー車内販売終了 JR東日本】の続きを読む