自動車税の抜本改革検討へ 走行課税の導入も - 産経ニュース
政府・与党は今月中旬にまとめる平成31年度税制改正大綱で、自動車に関連する税体系を将来、抜本的に見直す方針を示す。今後、ガソリンを使わない電気自動車(EV) ...
(出典:産経ニュース)



(出典 hayakawayuki.com)


メリット、デメリットあります。鉄道に取ってみれば、追い風になります。鉄道会社にとってみれば、チャンスかもしれません。

1 ガーディス ★ :2019/09/04(水) 22:15:47.47

今話題となっているのが、その「自動車税」を今後「走行距離課税」に変更するという法案。政府与党によって立案された「走行距離課税」は、その名の通り自動車の走行距離に応じて課税を行うというものです。
近年話題となっている「若者の自動車離れ」で自動車の保有者が減少していることや、電気自動車の普及で排気量に応じた税収が難しくなること、ハイブリット車の増加により低燃費の車が増え長期的に見るとガソリン税の税収にも影響してくることなど、多くの要因が重なり、将来的には自動車関連の税収も大幅に減少することが予想されます。

その対策として打ち出されたのが、今回の「走行距離課税」です。「従来の課税方法では将来的に税収が減少する」という課題を抜本的に見直すべき、という声から立案されました。

全文
https://iromame-beans.jp/user/yu2otktk/afcd7a262d16d188d3f5


【【車で走っても税金】日本政府、自動車走行税を検討か 1000キロで5000円?1km5円の方向で検討か】の続きを読む