ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ: アメリカ



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    珍しい光景です。

     高速道路を走っていると……真横にズォォォンとSLが! 高速道路のど真ん中を「普通」にSLが快走しています。しかも、速ぇ!

    【その他の画像と動画】動画を見る

     ここは米国カリフォルニア州ロサンゼルスと郊外のサンバーナーディーノを結ぶ通勤路線。鉄道路線はメトロリンクのサンバーナーディーノ線です。世界の珍しい映像を紹介するYouTubeチャンネル、Wonder Worldが公開しました。

     動画は高速道路を走る乗用車プリウス)の車窓からはじまります。壁の向こうから横に並んできたのは……巨大な蒸気機関車サンタフェ3751号」! クルマとほぼ同じ速度で走行しています。こんなデカいのが突然横に並んできたら絶対びっくりする!

     サンタフェ3751号は1927年に登場した古い蒸気機関車です。現役当時には時速166キロで走った記録も残っています。1957年に引退しましたが1991年に復活し、イベント時に運行しているようです。

     登場する列車もイベント運行のもの。サンタフェ3751号に連結している客車もバラエティ豊かで、屋根上にドームが付いた車両や後方展望車などで編成されていました。

     動画には「こんな間近に……迫力すごい」「このシーン体験してみたい!」「SLがプリウスに勝ちそうだぞ!」など、米国ならではの豪快な様子に驚きの声が多数上がっていました。

     ちなみに日本にも、Osaka Metro御堂筋線北大阪急行自動車専用道路の間に線路が敷かれている区間があります。一般道路のすぐとなりに線路があり、SLと並走できる区間のある大井川鐵道もよく知られています。

     しかし、それほど厳重に遮られておらず、クルマ社会の国ならではの広い道路とそこそこ都会っぽさも垣間見える風景の中にある、真横に間近に「普通」にある巨大な物体の違和感が……何とも言えません。さすがアメリカ~と感心してしまう迫力ですね。

    アメリカの高速道路を走っていると……真横にズォォォンとSLが登場!?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【プリウスに勝ちそう!? アメリカのSLが高速道路のど真ん中を快走「ひぇぇ何これ」「しかも、速ぇ!」】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    日本の新幹線がアメリカを走る。

    1 きつねうどん ★ :2020/03/23(月) 07:01:23 ID:CAP_USER.net


    (出典 tk.ismcdn.jp)

    東海道新幹線の最新車両N700S。テキサス高速鉄道には同形式をアメリカ仕様にした車両が走る計画だ(撮影:尾形文繁)

    アメリカ合衆国運輸省の連邦鉄道局(FRA)が、テキサス州で進んでいる高速鉄道計画に関する安全基準案を3月10日に公表した。新幹線方式を前提に計画が進んでいるテキサス高速鉄道にとっては、大きな前進となる。

    同計画はダラス―ヒューストン間(約380km)に専用線を建設し90分で結ぶというもので、事業を担うのはテキサスセントラル(TC)という民間会社。JR東海が技術面でのアドバイスを行う。当初はN700系の国際仕様「N700-i」を走らせる予定だったが、現在は7月から営業運転を行うN700Sをアメリカ仕様に改良して、最高時速330kmで走る計画になっている。

    計画は遅れており、当初は2021年の開業を目指していた。現在は2020年中の着工、2026年の営業運転開始が目標だ。

    車両はN700S
    遅れているとは言いながらも、計画は少しずつ進んでいる。運行パートナーとしてスペインの政府系鉄道会社「レンフェ(renfe)」が参加し、土木工事や関連施設の建設を担う建設会社とも契約が結ばれるなど、プレーヤーもそろってきた。

    N700Sをベースとした車両のイメージも発表された。客室のシートは通路をはさんで横に2席ずつ。2席と3席の組み合わせが主流の日本の新幹線よりもゆったりとしている。TCは「航空機よりも座席は広く、前後の座席との間隔も長く、窓も大きく、シートベルトを締める必要もない」として、航空機に対する優位性を強調する。日本人にとっては当たり前の情報だが、高速鉄道での移動になじみがないアメリカ人に対しては伝えるべき情報なのだろう。

    テキサス高速鉄道はアメリカでこれまで走っていた鉄道とはまったく違うシステムである。長大な貨物列車が悠然と走るアメリカの鉄道にそのまま高速列車を走らせると、前を走る列車に衝突してしまうリスクがある。また踏切で立ち往生した大型トラックなどの自動車に衝突するリスクもある。そこで、テキサス高速鉄道は新幹線のような専用線方式でATC(自動列車制御装置)を採用、踏切もゼロにすることで、衝突リスクを徹底的に排除した。

    アメリカになかった鉄道の仕組みだけに、従来の鉄道の安全基準はテキサス高速鉄道には当てはまらない。例えば、従来の安全基準では、鉄道車両は衝突リスクを前提に頑丈な構造にする必要があるが、衝突リスクがない新幹線方式の場合は、車両の設計要件も違ってくる。

    そこでTCは2016年、テキサス高速鉄道に特化した新たな安全基準の作成をFRAに申請した。FRAは約3年かけて新幹線の安全性や日本の状況を調査。問題ないと判断され、2019年8月に特定のプロジェクトにのみ適用される安全基準である連邦規則案(Rule of Particular Applicability)の制定に向けた手続きを開始した。それから半年後、連邦規則案がようやく完成し、3月10日に公表されたというわけだ。

    内容は車両、信号、運行管理システム、運行手順、保守など多岐にわたり、踏切がないことも明記されている。また、「鉄道業界全般ではなくテキサス高速鉄道だけに適用される」というただし書きがある。こうした特定の路線に限った安全基準が作成されるのは「極めて異例」とアメリカの鉄道事情に詳しいJR関係者が話す。

    「日本の新幹線」をアメリカ当局が評価
    JR東海の担当者は、「連邦規則の制定はプロジェクトの実現に向けて欠*ことのできない要素であることから、連邦規則案が公示されたことは、プロジェクトにとって非常に大きな前進である」という。


    (出典 tvjapan.net)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 www.asahicom.jp)



    (出典 magazine.border.co.jp)


    【知らぬ間に進んでいたJR東海「テキサス新幹線」】の続きを読む

    このページのトップヘ