ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ:関東の鉄道 >



    (出典 shinkenchiku.online)


    駅も変わります。

    渋谷駅周辺の街の風景は再開発事業の進行とともに、2020年の1年間で大きく変化しました。駅の改良だけでなく、駅周辺も従来より利便性が高まっています。

    再開発が形になってきた渋谷駅

    再開発事業の進行とともに、渋谷駅周辺の街の風景は刻一刻と変化を続けています。その中でも2020年渋谷駅に関して大きな変化がいくつかあり、利用客の動線も以前と様変わりしました。

    ●1月 銀座線渋谷駅リニューアル
    1月3日、新しい銀座線渋谷駅が開業。JR渋谷駅西側の東急百貨店3階にあったホームは、JR駅の東側、明治通り上空へ移転されました。

    ちょっと近未来的なM字型の屋根が特徴のホームは、以前より拡張され、駅のバリアフリー化も図ました。また、移転により駅東側へのアクセスや他の鉄道路線との乗り換えも便利に。東急百貨店を経由することなく、渋谷ヒカリエや東急、東京メトロの地下コンコースへ直接移動することができます。

    ●3月 東急百貨店が閉館
    3月31日東急百貨店 東急東横店が閉店しました。1934(昭和9)年に開業し、1938(昭和13)年には西館が完成、先述のとおり3階に銀座線ホームがある特徴的な構造でした。

    うち東館は先行して2013(平成25)年、東館に閉館しており、解体された跡地には2019年渋谷スクランブルスクエアが完成しました。今回は、残っていた西館と南館が閉館。解体後は、渋谷スクランブルスクエアの第2期ビルが建てられ、2027年に完成予定です。

    ●6月 埼京線ホーム山手線と同じ位置に
    6月1日、JR渋谷駅埼京線湘南新宿ラインの新ホームが使用開始。旧ホームから350m北に移転され、山手線と隣合う位置になりました。

    これまで埼京線ホーム山手線ホームに対し「駅一つ分」ズレた配置になっており、「南渋谷駅」と揶揄されることも。他の鉄道路線との乗り換えには時間を要するなど、不便な構造になっていました。

    このようなホーム配置になっていたのは、かつて貨物線であった線路を埼京線として旅客開業する際、山手線の隣には東急のターミナルビルなどがあり、ホームを設置するスペースがなかったのが理由です。山手線ホーム周辺の再開発によってスペースが生まれたため、埼京線ホーム開業から24年目にしてようやく移転が実現しました。

    空中でつながる渋谷駅周辺

    駅構造だけでなく、周辺のアクセスも向上しました。

    ●7月 西口歩道橋リニューアル
    7月31日渋谷駅西口の国道246号交差点に架かっている西口歩道橋の架け替え工事が完了。歩道橋というよりペデストリアンデッキのように幅が広く、移動しやすい空間になりました。また、エレベーターが設置されバリアフリーとなり、北側で渋谷フクラス(旧・東急プラザ)とも接続しました。

    ●9月 山手線直結の玉川改札、閉鎖
    9月25日、JR渋谷駅の玉川改札が使用終了となり、閉鎖されました。玉川改札は山手線外回り(1番線)のホームに直結し、改札を抜けるとすぐ新宿方面の電車に乗ることができました。

    「玉川改札」の名称は、かつて隣接する東急百貨店西館(当時は「玉電ビル」)2階から発着していた「東急玉川線」に由来します。玉川線1969(昭和44)年に廃止、1977(昭和52)年に同じルートで地下線として「新玉川線」(現在の田園都市線)が開業します。

    ●9月 「しぶにしデッキ」「渋谷フクラス接続デッキ」供用開始
    上述の玉川改札の閉鎖と同時に、新たな通路である「しぶにしデッキ」「渋谷フクラス接続デッキ」が開通しました。

    これまでJR渋谷駅京王井の頭線の駅は、東急百貨店西館と渋谷マークシティとをつなぐ連絡通路で結ばれていました。しかし東急百貨店西館が閉館となったため、西館の南側を回り込むように新たに建設されたのが「しぶにしデッキ」です。既存の連絡通路に展示された岡本太郎の作品「明日の神話」の真下に、新デッキの開口部があります。

    「渋谷フクラス接続デッキ」は、「しぶにしデッキ」と渋谷フクラスを結ぶ通路です。これまでJR渋谷駅から渋谷フクラスへ向かう際は、ハチ公改札もしくは東急百貨店内を経由していったん地上の信号を渡る必要がありましたが、接続デッキの開通で駅と直結しました。このように、JR渋谷駅から周辺へ通じる立体的な移動空間の整備も進みました。

    渋谷駅再開発の今後

    JR渋谷駅周辺に残る再開発は、先述の東急百貨店西館跡地が中心となります。2027年を目途に進行している渋谷スクランブルスクエア第2期工事の完了とともに、JRを跨ぐ形で駅の東西地区を結ぶ新たな動線が誕生。複雑な位置関係にあるJRの改札口は1階と3階でよりシンプルに集約され、利便性が高まる予定です。

    リニューアルされた銀座線渋谷駅。近未来的なフォルムに(2020年1月3日、恵 知仁撮影)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【一気に変わった渋谷駅の2020年…銀座線は近未来に 埼京線は隣に 空中通路で立体に】の続きを読む




    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    新駅。

     当社は、2022年度下期に「東急新横浜線」綱島地区に開業する新駅の名称について、公募の結果、多くの方々に親しまれる駅名として、「新綱島駅」を選定しました。
     駅名募集は、2020年8月10日から9月6日まで港北区内在住・在職・在学の方を対象に行い、1,898件の応募をいただきました。新綱島駅は、横浜市港北区綱島東一丁目に新設され、東急線の新駅開業は約20年ぶりとなります。
     なお、今後、新横浜駅も含め駅名決定に向けて、都市鉄道等利便増進法に基づき関係自治体との協議などの手続きを行います。 

     相鉄・東急直通線は、東急線日吉駅から相鉄・JR直通線羽沢横浜国大駅間に約10.0kmの連絡線を新設する計画で、この連絡線と相鉄・JR直通線の一部を活用して東急線と相鉄線との相互直通運転を行うものです。

     当社の営業区間である日吉駅新横浜駅を「東急新横浜線」、相模鉄道株式会社の営業区間である新横浜駅西谷駅を「相鉄新横浜線」として2022年度下期に開業する予定で、これらの連絡線の整備により、神奈川県央部や横浜市西部と東京都心部が直結され、首都圏の広域的な鉄道ネットワークが形成されるとともに、東急線から新幹線へのアクセスも向上します。


    神奈川東部方面線事業(相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線)は、都市鉄道等利便増進法に基づき、国、神奈川県および横浜市の支援を受けて、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構が整備を行っている事業です。駅名は、整備主体の独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構と営業主体の当社および相模鉄道株式会社が同法に基づき神奈川県および横浜市に協議を行い、同意を得たうえで国の認定を受けて正式に決定します。

    1.名称:新綱島(しんつなしま)
    2.駅名選定理由
     多数の駅名候補からふさわしい駅名の検討を重ねた結果、多くのお客さまから支持され、新しい駅の新規性を分かりやすく表現するこの駅名を選定しました。
     綱島駅の東側にできる新しい駅・路線の新規性や将来性、新幹線アクセス拠点である新横浜駅との親和性や、綱島地区の新たな玄関口として、街全体のさらなる発展への期待を込めました。

    3.駅名募集結果
    ○応募期間  2020年8月10日(月・祝)~9月6日(日)
    ○応募対象  港北区内在住、在職、在学の方
    ○応募総数  1,898票


    4.所在地:神奈川県横浜市港北区綱島東一丁目


    5.駅構造:島式1面2線
    6.駅設備:改札口1カ所、エレベーター2基、エスカレーター13基、上下線ホームドア
    7.コンセプト:綱島の街の移り変わりを感じる駅 改札付近イメージ図

    【提供】 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構


    パースは現時点でのイメージであり、実際とは異なる場合があります。

    配信元企業:東急株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【東急新横浜線 綱島地区に開業する新駅の名称に「新綱島」駅を選定】の続きを読む




    (出典 cdn.railf.jp)


    いろんなものが販売されます。

     富士急行株式会社(本社:山梨県富士吉田市、社長:堀内光一郎)は、富士山富士五湖観光の玄関口・富士急行線河口湖駅」に、副駅名「富士河口湖温泉郷」を2020年12月18日(金)より導入いたします。


     この副駅名は、地元の皆様からご要望いただいたことにお応えして導入するもので、河口湖駅がある富士河口湖町が温泉地であることを広く知っていただき、同駅を中心としたエリア全体のさらなるイメージ向上と観光誘客に寄与するものと考えております。

     「富士河口湖温泉郷」は、1992年に河口湖北岸で開削され開湯しました。泉温や泉質の異なる5つの良質な源泉と、季節や時間により様々な表情を見せる富士山を間近に臨む絶好のロケーションが多くの観光客を魅了しており、現在では40軒以上もの旅館やホテルで温泉をお楽しみいただけます。

     また、河口湖駅では、11月7日(土)より構内に足湯をオープンいたしました。これは、町が進める「富士河口湖温泉郷 足湯プロジェクト」の一環で、今後誰でも無料で利用できる足湯が、町内の公園や富士山の展望地など全9カ所に整備されます。河口湖駅から周遊バスに乗り、気軽に巡ることもできます。

     副駅名の導入を記念して、河口湖駅構内の売店「Gateway Fujiyama 河口湖駅店」では、蒸したての温泉まんじゅうを始め、新商品が多数登場いたします。

     富士河口湖温泉郷で、雪化粧をした美しい富士山を思う存分ご堪能ください。

    【副駅名<富士河口湖温泉郷>導入の概要】

    1.導入日
    2020年12月18日(金)
    ※一部駅名標路線図等において、更新作業の都合上表示開始時期が前後する場合があります。

    2.ご案内表記
    副駅名称 河口湖<富士河口湖温泉郷>(読み:ふじかわぐちこおんせんきょう)

    3.副駅名標記箇所    
    駅名標路線図

    4.問い合わせ先     
    富士急行線  富士山駅 
    0555-22-7133

    河口湖駅副駅名<富士河口湖温泉郷>導入記念商品の販売について】
     河口湖駅に副駅名(富士河口湖温泉郷)を導入するにあたり、以下の商品を発売いたします。

    1.河口湖駅副駅名設定記念入場券セット
     今回導入した副駅名<富士河口湖温泉郷>が記載されている硬券入場券セットを発売いたします。
    ●商品名    河口湖駅副駅名設定記念入場券(4枚セット
    ●発売価格   800円(税込)
    ●発売箇所   公式オンラインショップ富士急のりもの百貨店」、富士山駅河口湖駅
    ●発売開始日  12月18日(金)

    2.オリジナル日本酒このはな」
     富士五湖唯一の造り酒屋「井出醸造店」で生まれた日本酒を河口湖の「湖」と富士山の神様「木の花咲夜姫」から「このはな」と命名しました。なめらかな口当り、芯の通った芳醇な味わい。キレが良く、後味もスッキリとした華やかなお酒です。
    ●商品名   日本酒このはな」
    ●内容量   300ml
    ●価 格    600円(税込)
    ●販売場所  河口湖駅売店 「Gateway Fujiyama 河口湖駅店」

    3.「富士河口湖温泉郷 温泉まんじゅう
     星降る島 波照間島の幻の黒糖を使用しました。希少価値の高い黒糖を練りこんだもっちりとした生地で、なめ
    らかですっきりとした味わいのこしあんを包んだ温泉まんじゅうです。店頭では蒸したてホカホカまんじゅうをお召し上がりいただけます。
    ●商品名   富士河口湖温泉郷 温泉まんじゅう
    ●価 格    1個160(税込)
            6個入り(梱包) 1,100円(税込)
    ●販売場所  河口湖駅売店 「Gateway Fujiyama 河口湖駅店」

    4.かりんとう饅頭
     幻の黒糖を練りこんだ生地で、こしあんを包んだお饅頭を揚げました。カリッとした皮の中には北海道十勝産あずき100%こしあんがたっぷり。外はカリカリ&サクサク、なかはしっとりの揚げたてアツアツ新食感をお楽しみください。
    ●商品名   かりんとう饅頭
    ●価 格    1個180(税込)
    ●販売場所  河口湖駅売店「Gateway Fujiyama 河口湖駅店」

    5.フジヤマクッキー 和風フレーバーセット
     毎日ひとつひとつ丁寧に焼き上げられ、クッキー本来の奥深く優しい味わいをお楽しみいただけるプレミアムクッキーに新味「黒蜜きなこフレーバー」が登場いたしました。一口入れると口いっぱいに広がるきな粉の優しい香りと、ほぐれていく生地からあふれ出るような黒蜜の濃厚な香りをお楽しみください。また、これまでにない和柄のパッケージは、高貴なイメージの紫色と、窓から望む富士を表現した金箔押しが映える贅沢な仕様となっております。

    ●商品名   フジヤマクッキー 和風フレーバーセット
    (黒蜜きなこ3枚・抹茶2枚入り)
    ●価 格    880円(税込)
    ●販売場所  河口湖駅売店「Gateway Fujiyama 河口湖店」、FUJIYAMA COOKIE 本店

    【ご参考】富士急行線富士急グループバスの新型コロナウィルス感染対策について
     富士急行線富士急グループのバス各社では感染拡大予防対策として、アルコール消毒やマスク着用、手洗徹底等の基本的な対策から、オゾン発生器での消臭・消毒作業など、車内エアコン用除菌フィルター、国内大手鉄道会社・バス会社でも採用されている無光触媒によるシート抗菌の導入など様々な対策をとることで感染拡大予防対策を徹底しております。
     また新たに12月からは、グループ高速バスの乗車時にお客さまに検温のご協力を頂くなどの更なる対策強化を図ることで、安全・安心な交通機関を目指しております。

    富士急行線         
    https://www.fujikyu-railway.jp/
    富士急グループのバス    
    https://bus.fujikyu.co.jp/ip/


    配信元企業:富士急行株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【2020年12月18日(金)「河口湖駅」に副駅名<富士河口湖温泉郷>を導入】の続きを読む



    (出典 d2w45mmf8kgysx.cloudfront.net)


    栄枯盛衰を感じる駅です。

    1 ひよこ ★ :2020/12/13(日) 10:58:05.01 ID:lJOQ2GxX9.net

    https://mainichi.jp/articles/20201213/k00/00m/040/027000c
    毎日新聞2020年12月13日 10時29分(最終更新 12月13日 10時29分)



    (出典 cdn.mainichi.jp)

    特別に開放された旧成田空港駅のホームを見学する参加者=千葉県成田市で2020年12月5日午後2時54分、中村宰和撮影


     京成電鉄に乗って船橋競馬場駅(千葉県船橋市)から成田空港駅(同県成田市)まで移動し、鉄道に詳しいタレントによるトークショーや秘境駅と呼ばれる旧成田空港駅の見学を楽しむツアーが5日実施され、90人が参加した。

     京成トラベルサービスが企画した。参加者は、2019年に一般車両として16年ぶりに導入された新型の3100形に乗車し、成田空港駅に向かった。走行中、ママ鉄と呼ばれるタレントの豊岡真澄さんが車掌室からアナウンスし、京成の魅力を紹介した。到着後、駅構内でお笑いコンビ「中川家」の礼二さんが加わってトークショーを開き、礼二さんがおなじみの車掌アナウンスのものまねを披露して笑いを取った。

     特別開放された旧成田空港駅では、閉鎖されている地下のホームやコンコースを見学した。旧駅は1991年に空港のターミナル地下に直接乗り入れる現在の成田空港駅が開業して役割を終えた。二つのホームのうち一つが東成田駅に改名して存続しているが、ほかの施設は閉鎖された。

     同県習志野市の会社員、酒巻一郎さん(45)は三十数年前に成田から海外へ行く友人を見送って以来の訪問になり、「当時のまま残っている」と懐かしそうに駅名表示の看板や時刻表、広告などを見て回った。妻麻衣子さん(40)は「寂しい感じで廃虚に来ているよう」と話した。同県成田市の会社員、大木れいなさん(27)は東成田駅から反対側のホームの旧駅を見たことがあり、「真っ暗でとても怖かった。初めて旧駅の内部を見学し、レトロで哀愁がある」と言って写真撮影していた。

     参加者は旧駅から有料の空港特急スカイライナーの車両に乗って帰路に就いた。京成トラベルは来年も旧駅の見学ツアーを検討している。【中村宰和】


    【廃墟? レトロ? 「秘境」旧成田空港駅を満喫 京成が見学ツアー開催】の続きを読む



    (出典 image.space.rakuten.co.jp)


    秘境駅で携帯が使える。

    山形新幹線の「峠」付近も圏内です!

    総務省東北総合通信局が2020年11月25日(水)、山形新幹線奥羽本線)の全線で携帯電話の利用が可能になると発表しました。

    12月15日(火)から、山形新幹線の峠~大沢間、芦沢~舟形間の6トンネル携帯電話の利用が可能になり、これによって、全国すべての新幹線(現行営業区間)について携帯電話エリア化が完了するといいます。

    鉄道トンネル高速道路トンネルなど、人工的な構造物により電波が遮蔽される場所へ携帯電話の基地局などを整備する場合に、その設置費用の一部を国が補助する「電波遮へい対策事業」に基づき、進められてきたものです。

    今回、“圏内”になる山形新幹線の峠駅付近は、文字通り奥羽山脈を越える途中にある秘境の駅。そうした箇所を“圏内”にしていくにあたって、トンネルでなくとも“圏外”の区間があり、新たに整備する基地局へ電力や通信回線を供給するにも困難な場所が存在するなど、エリア化実現には様々な課題があったといいます。

    サービス提供事業者はNTTドコモKDDIソフトバンク。なお、一部に電波が弱い箇所が存在し、使っている携帯電話や通信事業者によって、通信が途切れることもあるそうです。

    山形新幹線「つばさ」に使用されるE3系電車(画像:JR東日本)。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【新幹線全線 トンネル含め携帯電話「圏内」に 秘境駅「峠」付近で整備完了へ】の続きを読む

    このページのトップヘ