ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ:関東の鉄道 > 私鉄



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    合理化している。

    JR中央線 国分寺駅と接続する、西武鉄道の2路線、国分寺線多摩湖線国分寺と西武遊園地東京都東村山市)を結ぶ9.2kmの単線、多摩湖線に1月、新たに9000系4両編成ワンマン対応車が入ってきた。

    10kmに満たない多摩湖線の歴史は古く、大正・昭和期、堤康次郎が設立した箱根土地の小平分譲地への輸送手段として国分寺~小平に敷いた路線がルーツ。現在は、一橋学園・青梅街道・萩山・八坂・武蔵大和の途中駅にすべて停車するワンマン運転列車が走っている。

    多摩湖線を走る車両は現在、1979年に登場した新101系4両編成と、1993年登場の9000系

    多摩湖線への投入が続く西武9000系は、もともと池袋線4ドア車の10両化にむけ、西武所沢車両工場で10両編成8本80両がつくられたくるま。

    最後の9108編成は、西武所沢車両工場で新造した“最後の車両”ともいわれている。

    そしてもうひとつ。この9000系は、西武鉄道の車両イメージとして定着した黄色ボディの最後のくるまともいわれている。

    車体は新2000系と似て、設備は6000系と同等の車内案内表示器、車いすスペースなどを置いている。

    そんなストーリーがある9000系。この1月に短編成化されて多摩湖線に入ってきた9000系は、9102編成。多摩湖線で3本め。

    2020年8月に18日に10両編成での運用を離脱。武蔵丘車両検修場で4両化・ワンマン対応化が施され、再び走り出した。

    101系といっしょに走り出した西武9000系2000年代に制御装置をVVVFインバータ化した9000系の足音が、多摩湖線にじわじわと増えてきた。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【西武鉄道 多摩湖線に4両ワンマン化の9000系 3本めが登場、西武所沢車両工場“最後の新造車”の足音】の続きを読む



    (出典 www.shimotsuke.co.jp)


    コロナの中での明るい話題。

    1 チミル ★ :2020/12/27(日) 12:03:07.45 ID:GsUwMuP+9.net

    真岡鉄道から東武鉄道に譲渡された蒸気機関車(SL)の出発式が26日、栃木県日光市の東武鬼怒川線・下今市駅で行われた。同線で初のお披露目とあり、ホームには多くの鉄道ファンが集まった。

    東武鉄道が譲り受けたSLは「C11形325号機」。同鉄道のSLは2台体制となり、東武鬼怒川線・下今市駅―鬼怒川温泉駅間を走るSL「大樹」、東武日光線・下今市駅―東武日光駅間も走行するSL大樹「ふたら」として運行される。


    ※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20201227-OYT1T50102/

    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    【【鉄道】「煙と音に迫力」東武鉄道の2台目蒸気機関車(SL)お披露目!多くの鉄道ファン集まる 】の続きを読む



    (出典 auctions.c.yimg.jp)


    私鉄でも廃止されています。

    1 七波羅探題 ★ :2020/12/20(日) 09:42:08.21 ID:JKz9FMiG9.net

    TRAICY 2020.12.18
    https://www.traicy.com/posts/20201218192526/

    小田急電鉄は、2021年3月13日のダイヤ改正の概要を発表した。特急ロマンスカーで実施している車内販売を終了する。

    現在、特急ロマンスカーでは、一部の「はこね」「スーパーはこね」で車内販売を実施している。この車内販売を、ダイヤ改正前日の2021年3月12日をもって廃止する。

    車内販売は小田急レストランシステムが運営。新型コロナウイルスによる影響をうけており、メニューを縮小していた。

    なお、同社の来春のダイヤ改正は、すでに発表されている最終列車繰り上げ・始発列車繰り下げを含む夜間早朝時間帯の時刻変更のみとなった。


    【【鉄道】小田急ロマンスカー、車内販売廃止 2021年春のダイヤ改正にあわせ】の続きを読む




    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    再利用される。

    なな、なにこれ!? メットライフドーム西武鉄道101系クハ1262伊豆箱根鉄道色が1両……!?

    2017年12月から改修工事が続いてたメットライフドーム西武球場)。その1塁側、ことし2020年に新設したトレイン広場のなかに、西武鉄道101系クハ1262が突如現れた。

    このクハ1262は、西武所沢車両工場で1980年につくられたくるま。登場から40年間走り続け、2018年2月からは伊豆箱根鉄道色でおもに多摩湖線で活躍。ことし11月に現役を引退した。

    クハ1262は12月18日22時45分ごろ、トレーラーに載せられて西武鉄道横瀬車両基地(埼玉県横瀬町)を出発。

    100kmの道のりを経て翌19日3時30分ごろにメットライフドーム埼玉県所沢市)に到着。

    11時10分ごろから車体をクレーンで吊り上げ、トレイン広場に敷いたレール上に、降臨と――――。

    メットライフドームの新しいシンボル、クハ1262は、2021年1月には新ラッピングスタイルに。

    ドーム側の車体は、白をベースにレオの横顔を。反対側はライナイラストをあしらいカラフルデザインに。また、運転席のレオ、入口横のライナといっしょに写真撮影も楽しめるという。

    また、車両の上部にスピーカー、広場内に演出用の照明を複数台設置し、3月のオープン後、ライオンズホームランを打ったときや勝利時には、ドーム内のLビジョンや音響・照明と連動した演出があるとか。

    ――――長さ20m、幅2.881m、高さ4.065m、重量30.0tのクハ1262。ライオンズの勝利といっしょに動く姿が、楽しみ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【メットライフドーム脇に西武鉄道101系クハ1262伊豆箱根鉄道色、降臨! ライオンズの勝利に連動した電車の動きが楽しみ】の続きを読む




    (出典 raillab.jp)


    車両基地の見学。

    京成グループの京成トラベルサービス(本社:千葉県船橋市、社長:三輪 武士)では、京成電鉄(本社:千葉県市川市、社長:小林 敏也)の後援で、2020年12月26日(土)に「ヘッドマーク付き車両大集合!宗吾車両基地見学ツアー」を開催します。





    ツアーは、京成電鉄で現在ヘッドマークを掲出して運行している、
    AE形成田スカイアクセス線開業10周年ヘッドマーク
    3050形(同上)
    3100形(都営浅草線 相互直通運転60周年記念ヘッドマーク
    3000形ありがとうシャンシャン ヘッドマーク
    の4編成を宗吾車両基地に一同に集め、見学や写真撮影をお楽しみいただけるツアーで、この4編成が一度にご覧いただける機会は、今回が初めてとなります。

    行程は京成上野駅、または京成船橋駅からスカイライナー車両「AE形」で出発し、ご乗車いただいたまま宗吾車両基地へ入線、洗車機通過体験などをお楽しみいただきます。その後、車両基地内にて降車後、ヘッドマークを掲出している4編成のほか、歴代のスカイライナーなど、保存車両のご見学・撮影をお楽しみいただけます。お帰りの際は、出発地までの乗車券をご提供します。

    また、3歳以上小学生以下のお子様にオリジナルスカイライナーBOX入りのお菓子詰め合わせをプレゼントするほか、車両基地内にて京成電鉄関連グッズの販売を行います(※鉄道部品の販売はありません)。

    京成トラベルサービスでは、今後もオリジナリティあふれるツアーにより、多くのお客様にお楽しみいただける企画をご提供してまいります。

    なお、本ツアーは、応募多数の場合に抽選を実施します。車両・座席位置は、抽選にて決定させていただきます(車両・座席位置はランダムに決めさせていただきます。受付順ではございません)。抽選結果は、12月16日(水)夕方以降、予約代表者様にメールでお知らせします。(複数のお申し込みは無効となります)。予めご了承ください。

    また、本ツアーの実施に当たっては、新型コロナウイルスの感染防止対策を行い、お客様が安全かつ安心してご参加いただけるよう、準備・運営を行ってまいります。


    ヘッドマーク付き車両大集合!宗吾車両基地見学ツアー」概要

    1.開催日
     2020年12月26日(土)
    2.行程(雨天決行
     9:00頃 京成上野駅 出発 (京成船橋駅は9:30頃出発)
      →AE形臨時列車で宗吾車両基地へ
      →宗吾車両基地内で洗車機通過体験
      →ヘッドマーク付き車両(4編成)や保存車両の見学・写真撮影
      →11:30頃 宗吾車両基地にて解散
    3.主な企画
     〇ヘッドマーク付き車両4編成を一度にご覧いただけます!
     〇3歳以上小学生以下のお子様にオリジナルスカイライナーBOX入りお菓子詰め合わせプレゼント
     〇特製ノベルティ(成田スカイアクセス線開業10周年記念スカイライナー特別クリアファイルプレゼント
     〇京成電鉄オリジナルグッズ販売(※鉄道部品の販売はありません)
    4.旅行代金(お一人様)
     京成上野発 大人 2,000円  小人 1,500円
     京成船橋発 大人 1,500円  小人 1,000円
     ※「小人」は、3歳以上小学生以下のお客様になります。中学生以上のお客様は大人料金となります。

    5.お申込み
    ◇期 間   2020年12月10日(木)~12月16日(水) 12:00
    ◇人 数   176名
    ※応募多数の場合は抽選を実施させていただきます。車両・座席位置は、抽選にて決定させていただきます(車両・座席位置はランダムに決めさせていただきます。受付順ではございません)。抽選結果は、12月16日(水)夕方以降、予約代表者様にメールでお知らせします(複数のお申し込みは無効とします)。予めご了承ください。
    ご当選された方への通知方法等、詳しいお申し込み方法は京成トラベルホームページをご覧ください。
    【京成トラベルHP】 https://keiseitravel.co.jp/

    6.本ツアーにおける新型コロナウイルス感染防止対策
    (1)列車内の消毒(手を触れる場所を中心に出発前に実施)
    (2)受付時の検温実施(37.5度以上の方は参加をご遠慮いただきます)
    (3)密接防止のため列車内座席定員を制限
    (4)添乗員等によるイベント中の密接防止の注意喚起とご案内
    (5)参加者に適宜手指の消毒およびマスク着用のお願い
    (6)添乗員等のマスク着用、検温、手洗いうがいの励行

    新型コロナウイルス感染症の拡大の状況により、感染防止対策のため本ツアー
    内容を一部変更または中止する場合があります。

    7.お客様のお問い合わせ先
    京成トラベルサービス株式会社 本社営業所
    TEL:047-460-8260(平日10:00~17:00

    配信元企業:京成トラベルサービス株式会社

    プレスリリース詳細へ

    ドリームニューストップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【スカイライナー車両で行く! 「ヘッドマーク付き車両大集合! 宗吾車両基地見学ツアー」を開催します! 開催日:2020年12月26日(土)】の続きを読む

    このページのトップヘ