ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ:関東の鉄道 > 廃線




    (出典 contents.trafficnews.jp)


    線路が残っている。

    日本各地に残る廃線跡ですが、都内にもはっきりとしたものが存在。その一つが「北王子貨物線」で、踏切や線路が今も現地に残っています。この廃線跡の現状を見てきました。

    都心からすぐそばにある廃線跡

    鉄道が廃止になったあと、線路や鉄道施設などの遺構が残されたいわゆる「廃線跡」が、各地に存在しています。実は東京都内にも、廃線跡がいくつかあります。その中の一つが、北区に残る「北王子貨物線」の廃線跡です。

    この廃線跡は、京浜東北線の王子駅から、北東の住宅地の中へ分岐していきます。駅から5分ほど歩くと、閉鎖された踏切が見えてきました。フェンスに囲まれた狭い一帯が、王子駅の方角から、高層マンションに向かって伸びていきます。雑草に覆われ、緩やかなカーブを描くこの細長い敷地が、北王子貨物線の廃線跡です。

    北王子貨物線は、王子製紙(現在の日本製紙)が敷設した専用線を由来とします。1927(昭和2)年に国鉄の所有となった後も、生産された紙製品を輸送する貨物列車が走り続けましたが、2014(平成26)年に運行を終了しました。

    かつてヤードがあった北王子貨物駅にはマンションが建ち並んでおり、一見しただけではかつての面影はありません。しかし現地を歩いてみると、当時の線路が路面に埋められた形でそのまま残っています。中には、「8:10」「9:50」……といった文字が刻まれた銘板が、路面に埋設されています。これは貨物列車の通過時刻。この地と貨物線の関わりをしのぶ光景となっています。

    現在、フェンスに囲われたままになっている廃線跡の再活用について、具体的な話はまだありません。神奈川県大和市では2021年3月、米軍厚木基地の専用線跡が完全に撤去される見込みです。時代を越えて鉄路の記憶を伝える廃線跡ですが、残された時間はさほど長くないのかもしれません。

    「北王子貨物線」の廃線跡。雑草に埋もれる前(2018年12月、乗りものニュース編集部撮影。)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【東京の住宅街に潜む廃線「北王子貨物線」を巡る 鳴らない踏切 埋もれた線路】の続きを読む




    (出典 white.ap.teacup.com)


    ここにも貨物線があった。

    神奈川県内の相鉄線から米軍厚木基地に伸びる貨物線の撤去工事が進められています。「廃線」として鉄道ファンに知られた存在だったものの、アメリカから日本への返還が決まり撤去へ。跡地はどうなるのでしょうか。

    ジェット燃料を運んだ貨物線

    2020年11月現在、神奈川県内である「廃線」の撤去工事が進められています。相模鉄道(相鉄)本線の相模大塚駅大和市)西側から、アメリカ海軍厚木基地へ伸びている貨物線です。

    かつては、この路線を使って厚木基地へのジェット燃料輸送などが行われていましたが、1998(平成10)年以降は休止状態に。使われなくなった線路や踏切、架線などが残り、鉄道ファンには知られた存在だったものの、それらが撤去され、一部はすでに更地となっています。

    この撤去工事を行っているのは、地元の大和市でも相鉄でもありません。防衛省南関東防衛局です。というのも、撤去工事は2017年に日本とアメリカのあいだで、専用線の返還が決まったことを受けて進められているものです。

    「専用線は旧海軍の時代から存在し、戦後、米軍施設として提供されていました。大部分は民地の上を通っていますが、軌道(線路)部分は国有財産であり、現在は防衛省が一時的に管理しています。これを“原状回復”、つまり軌道ができる前の更地の状態にして、それぞれの地権者にお返しします」(南関東防衛局)

    撤去工事は2021年3月までの予定です。なお、専用線に沿う側道部分は、在日米軍大和市との共同使用という形だったそうですが、これも返還され、大和市に払い下げられる見込みだといいます。

    ただし、今回は撤去されない部分もあります。

    それは東名高速をまたぐ市道に並行して架かる橋です。橋の上の線路は前述の通り国有財産であり撤去されるものの、「橋そのものは、NEXCOさんの管理です」(南関東防衛局)とのことで、橋桁自体は残されるそうです。

    米軍厚木基地専用線、東名高速をまたぐ部分。2020年3月撮影。2020年11月現在、撤去工事が進められている。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【東名高速をまたぐ「廃線」撤去進む 米軍厚木基地専用線 跡地はどうなる?】の続きを読む

    このページのトップヘ