(出典 news.mynavi.jp)


コロナの影響は大きいです。

平日の特急が急行に置き換わります。

全体的に減便へ

西日本鉄道2021年1月29日(金)、全線で3月13日(土)にダイヤ改正を行うと発表しました。

まず、終電の繰り上げが、天神大牟田線大宰府線で行われます。繰り上げ時間は15分~30分で、西鉄福岡(天神)駅の平日の終電は下記のとおり変更されます。

・大牟田行き(急行):現行23時00分発→改正後22時45分発
・柳川行き(急行):23時30分発→23時15分発
・筑紫行き(普通):23時48分発→23時35分発
・花畑行き(急行):24時00分発→23時30分発

平日11時15時の日中時間帯では、西鉄福岡(天神)発の優等列車が特急2本・急行4本から、急行4本になり、特急大牟田行きが急行に置き換わります。小郡行きは急行から普通になり、二日市行きの列車がなくなります。なお、特急は通過し急行が停車する駅は、春日原・下大利・朝倉街道・筑紫・三国が丘・小郡・宮の陣です。特急が急行に変わることにより、西鉄福岡(天神)から久留米以降への所要時間は、8分~9分ほど伸びます。

平日ダイヤ全体では、現在の732本から713本に、19本減便となります。

今回のダイヤ改正では、土休日ダイヤを分離し、土曜ダイヤと日祝日ダイヤが新たに設定されます。運行本数は、現行の土休日654本に対し、土曜は642本(12本減便)、日祝日は626本(28本削減)となります。

西鉄9000形電車(2019年2月、草町義和撮影)。


(出典 news.nicovideo.jp)

【西鉄電車 平日の特急22本減便 終電繰り上げ 土曜ダイヤ誕生 3月改正】の続きを読む