有明(ありあけ)は、九州旅客鉄道(JR九州)が大牟田駅 - 博多駅間を、鹿児島本線経由で運行する特別急行列車である。 本項では、鹿児島本線で運転されていた優等列車の沿革についても記述する。 特急有明」は、1967年10月に九州内で運転する特急として運転を開始し、以後鹿児島本線の沿線各都市、特に福岡
47キロバイト (6,961 語) - 2021年1月18日 (月) 00:20



(出典 i.ytimg.com)


本数が少ないので利用できなかったのではないかと思います。

期間限定!さよなら特急「有明」号記念きっぷの発売について

 特急「有明」号は1950年昭和25年)に準急列車としてデビュー後、1967年昭和42年)に急行列車から特急に格上げされ門司港から西鹿児島(現:鹿児島中央)を走り、1975年昭和50年)の 山陽新幹線博多開業時からは、博多から熊本、西鹿児島を結ぶ連絡特急として活躍してきました。
 九州新幹線が全線開業してからは、博多~熊本間の主役を新幹線に譲って徐々に本数を減らし、現在は大牟田から博多間平日の上り1本のみで走り続けましたが、2021年3月のダイヤの見直しにて、デビューから約70年、特急列車としては54年の歴史に幕を下ろすことになりました。
 デビュー当時から熊本とゆかりがあり、多大なる功績を残してきた特急「有明」に、熊本から感謝を込めて惜別の記念きっぷを発売します。



1. 商品内容
 【入場券】特急「有明」号の定期列車が始発、終着となった駅の入場券
      門司港、小倉、吉塚、博多、大牟田、長洲、熊本、八代、西鹿児島(現:鹿児島中央)、
      水前寺、武蔵塚、光の森、肥後大津の入場券 各170円 ※博多・小倉150
   (注)水俣駅始終着の列車が存在しましたが、現在肥薩おれんじ(株)の駅のため含まれておりません
 乗車券熊本⇒博多の片道乗車券 2,170
 【特急券】熊本⇒水前寺の自由席特急券 310
 オリジナルバッジヘッドマークデザインした限定缶バッジ3種類を付属します。

POINT
 ・乗車券はD型硬券(準常備片道乗車券
  ※今回作成する記念乗車券在来線のみで使用可能
 ・特急券はA型硬券、入場券はB型硬券
 ・缶バッチは「82系ヘッドマーク・絵入ヘッドマーク・準急時代ヘッドマーク」のデザインで作成予定
 ・台紙には「有明のヘッドマーク」及び選抜した「歴代有明の列車の写真」、「有明の歴史等」を掲載予定
 ・発行日付は「2021年3月12日」、有効期間は「2021年5月31日までに1回限り有効」

〔記念きっぷのイメージ
 ※画像は全てイメージです。変更する可能性はございます。きっぷは台紙に挟んだ状態で郵送します。

 ◆乗車券・特急券・入場券イメージ


 ◆記念きっぷ台紙イメージ(表面)

 ◆記念きっぷ台紙イメージ(中面)

  ※水俣駅は現在肥薩おれんじ鉄道(株)のため、入場券ではなく行先字幕を硬券に印字する予定です。 

 ◆缶バッチ3種イメージ



2. 発売価格
  1セット5,500円(台紙・送料込み)


3. お申込み期間
  2021年2月12日(金)~2021年3月12日(金)


4. 購入方法
  ・購入は郵送(現金書留)のみとし、受注生産とします
  ・現金書留にて、返信先(住所・氏名・電話番号)記入と代金を封入のうえ、事務局まで送付を
   お願いします。

  ・お申込みの締切は、2021年3月12日(金)の消印有効までとさせていただきます。



5. その他
  ・購入はお一人5セットまでとします。
  ・記念きっぷの番号はお選びできません。
  ・代金封入の際は、金額に過不足がないようご確認をお願いします。金額が不足の場合、
   購入できないことがあります。お釣りはありませんので、ご了承ください。
  ・商品の発送は、4月中を予定しています。


今しか購入できない、特急「有明」号の歴史を感じられる記念きっぷです。ぜひお買い求めください♪
お問合せは、JR九州熊本支社さよなら特急「有明」号事務局まで!

配信元企業:九州旅客鉄道株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ



(出典 news.nicovideo.jp)

【さよなら特急「有明」号記念企画!“記念きっぷ”の発売について】の続きを読む