ハヤブサ24

九州出身の鉄道ファンです。
現在は関東に在住しています。このブログは主に鉄道系のニュースなどを投稿したり、時々、鉄道で旅したときの日記なども投稿します。 鉄道以外の乗り物も投稿することもたまにはあります。

    カテゴリ:四国の鉄道 > 鉄道車両


    最後になる。

    「廃車が決まっている車両(2000形2200形)に乗車できる最後の機会です」(JR四国

    JR四国2021年4月12日10時より、ワープ高知支店・JR四国ツアーにて募集型企画旅行「Forever2000&2200 さよなら2000系(2000形2200形ツアー)」(「First」「Second」「Final」)を発売する。

    今回のツアーでは、2021年3月に土讃線特急「南風」「しまんと」の定期運用を終了した2000系(2000形2200形・2100形の3両)の特別貸切運行を実施。出発日ごとに異なる記念乗車証・乗車記念品・特製掛け紙のお弁当を用意する。(※一部、共通の乗車記念品あり)

    FirstFinalまでの出発日および行程は次の通り。いずれも2000系車両を存分に味わえるよう組まれている。

    First2021年5月8日出発
    高知駅10:00頃発 → 多度津駅14:00頃 →高知駅18:30頃着

    Second2021年5月9日出発
    高知駅10:00頃発 → 窪川駅12:00頃 → 土佐山田駅16:00頃 → 高知駅17:00頃着

    Final2021年5月15日出発
    高知駅10:00頃発 → 多度津駅14:00頃 → 高知駅18:30頃着

    旅行代金は普通車指定席プランが17,000円、グリーン車指定席プランが22,000円で、四国各地から乗車できる追加プランもある。募集人員は各日78名。

    鉄道チャンネル編集部
    (画像:JR四国



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【JR四国、2000系貸切運転ツアー発売へ 「廃車が決まっている車両に乗車できる最後の機会」】の続きを読む



    (出典 cdn3.railf.jp)


    キハ185系に置き換わる。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/03/29(月) 21:08:09.46


    (出典 image.news.livedoor.com)


    JR四国は3月29日、「伊予灘ものがたり」が2021年12月に引退すると発表、公式YouTubeチャンネルで「ラストプロモーションビデオ」を公開した。

    キロ47形を使用した「伊予灘ものがたり」は2014年7月26日に運行を開始した同社の観光列車。土日祝日中心に松山~伊予大洲駅・八幡浜駅間を1日2往復し、各便「大洲編」「双海編」「八幡浜編」「道後編」と名付けられている。

    お手頃な値段で沿線の景色と美味しい食事を楽しめる列車として、平均乗車率88.7%と高い人気を誇る。これまでの利用者数はのべ13万人以上。

    同社は運転終了までの期間を「伊予灘ものがたりラストランイヤー」とし、オリジナルロゴの制定やオリジナル乗車記念証のプレゼント、エピソード募集、ラストランツアーの開催(8月以降)など様々な企画を実施。詳細は公式ホームページやInstagram、Facebookなどで発信していくという。

    新たな「伊予灘ものがたり」は2022年春ごろに登場。車両を一新し、キハ185系の既存車両を改造した3両編成で運行する。内装・外装などのデザインはこれまでと同様にJR四国社員が担当する。2代目「伊予灘ものがたり」のコンセプトは次の通り。

    「アテンダントの親しみやすいおもてなしや沿線地域からの心あたたまる歓迎の手振りなどで、お客様に非日常を楽しんでいただくこれまでのコンセプトに、『大切な人と過ごす時間と空間』という新たなコンセプトを加え、上質なワンランク上のサービスを提供いたします」

    列車名称と運転区間は従来と変わらず、運転日も土日祝日中心に1日2往復を予定。これまでの親しみやすい観光列車というコンセプトを引き継ぎながら新たな新要素も加え、来春2代目「伊予灘ものがたり」が走り始める。

    https://news.livedoor.com/article/detail/19934471/
    2021年3月29日 16時16分
    鉄道チャンネルニュース


    (出典 iyonadamonogatari.com)



    (出典 upload.wikimedia.org)



    (出典 www.toretabi.jp)



    (出典 media-cdn.tripadvisor.com)



    (出典 intojapanwaraku.com)


    【【鉄道】「伊予灘ものがたり」12月で引退、来春登場の2代目にはキハ185系使用 JR四国】の続きを読む


    車両情報<2000系特急気動車> - 四国旅客鉄道 アンパンマン列車 - 四国旅客鉄道 四国旅行 JR四国ツアー(駅コミ) 特急列車 - 土佐くろしお鉄道 南風 2000・2700:JRおでかけネット - 西日本旅客鉄道 土佐くろしお鉄道2000気動車に関するカテゴリ: 土佐くろしお鉄道の気動車 1990年製の鉄道車両
    92キロバイト (9,485 語) - 2020年12月27日 (日) 04:50



    (出典 response.jp)


    四国内では撮り鉄が、できそうです。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/03/08(月) 20:54:49.16

    13日のダイヤ改正で岡山から姿を消す特急「南風」の2000系気動車(JR四国提供)

     JR瀬戸大橋線を経由して岡山―高知間を結ぶJR四国の特急「南風」の気動車が、13日のダイヤ改正に伴って「2000系」から新型の「2700系」に統一される。2000系は世界初の「制御付き振り子式気動車」として知られ、鉄道高速化を狙いに1989年に導入。30年以上にわたって親しまれてきたが、瀬戸大橋線からは12日を最後に姿を消すことになる。

    【写真】JR西「銀河」運行最終日に催し

     2000系は、四国山地を走る土讃線をはじめカーブの多い路線での速度向上を図る目的で同社などが開発。制御付き振り子式と呼ばれる機能を備え、カーブ通過時に意図的に車体を傾斜させ、乗り心地への影響を抑えながら高速を維持できるのが特徴で、岡山―高知間は従来より36分短縮された。

     とはいえ、「デビューから30年以上が過ぎ、トイレの洋式化や車いすスペースの確保、ネット環境の整備といった点で車内設備の古さが目立ってきた」と広報室。2000系より車内環境を強化した2700系を2019年に導入して段階的な入れ替えを進めており、「南風」は上下計28本のうち既に18本が置き換わっている。今回のダイヤ改正で残る10本も換える。

     同様に2000系が走る高松発着の高知方面行き特急「しまんと」も全便が2700系となる。

     2000系は13日以降、岡山では見掛けなくなるが、土讃線「あしずり」(高知―中村・宿毛)と予讃線の「宇和海」(松山―宇和島)の一部で使用を継続。「今後10年程度は現役で走る見込み」(広報室)という。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c1071c1495232a10e7d5ae5fc679be8b3fd16150
    3/8(月) 20:17配信


    (出典 static.sanyonews.jp)



    (出典 i2.wp.com)



    (出典 image.space.rakuten.co.jp)


    【【鉄道】南風「2000系」、岡山ラストランへ JR四国、ダイヤ改正で12日最後】の続きを読む


    振り子方式」採用された。振り子式気動車としては世界初、制御付振り子式車両としては日本初の車両である。 この方式はあらかじめ走行線区の線形データをコンピュータに記憶させ、これに応じて車体傾斜させるため、線形データ入っていない線区では振り子使用できない。また、当形式では四国島外においては振り子
    92キロバイト (9,485 語) - 2020年12月27日 (日) 04:50



    (出典 news.mynavi.jp)


    かなり走った。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/11(木) 22:47:13.52 ID:oGgYHm0T9.net

     世界初の振り子式気動車で、JR四国の発足直後から活躍している2000系特急型気動車が、3月13日のダイヤ改定で、岡山・高松と高知を結ぶ特急「南風」「しまんと」から引退する。

     2000系は山岳区間でカーブの多い土讃線の速度向上を目指し、JR四国が鉄道総合技術研究所と共同開発した。振り子式の車両は、カーブで車体を内側に傾けることにより、通常の車両より高速でカーブを通過できる。

     1989年に量産に向けた試作車のTSE(3両)が完成。89~92年に2000系58両、95~98年には改良型のN2000系16両が製造され、土讃、瀬戸大橋、高徳、予讃の各線と土佐くろしお鉄道の特急「南風」「しまんと」「あしずり」「うずしお」「宇和海」で活躍を続けてきた。

     「南風」に2000系が投入された90年11月、岡山―高知間は最速2時間18分となり、36分短縮された。瀬戸大橋開通前の86年に比べれば、1時間38分の大幅短縮が実現した。

     しかし、後継車両となる2600系、2700系の登場により、2000系(N2000系)は「うずしお」での運行を2020年に終了。一部列車で残っていた「南風」「しまんと」も3月のダイヤ改定で全便が2700系に置き換わる。

     現役で残る2000系は、土佐くろしお鉄道に直通する土讃線の「あしずり」(高知―中村・宿毛)と予讃線の「宇和海」(松山―宇和島)。JRによると、両列車の2000系車両は台車の更新を実施しており、今後も10年以上、走り続ける見込みという。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2f183cb133a80198b60030de98eef7ea6058d802
    2/4(木) 15:11配信


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 stat.ameba.jp)


    (出典 tetsudo-ch.com)


    【【鉄道】JR四国 世界初の振り子式気動車が引退 2000系特急型】の続きを読む

    このページのトップヘ